<   2005年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

灼眼のシャナ 第4話

第4話 「惑いのフレイムヘイズ」 

悠二の消えかかった灯がふたたび勢いを取り戻す。
悠二の中にある宝具『零時迷子』なのではと考えるシャナたち。

突然の雨にシャナを部屋に招く悠二。
いきなり着替えるシャナだが、たかがトーチである悠二を意識してしまう。
シャナにフレイムヘイズの力を与えている“天壌の劫火” アラストール。
アストラールもまた“紅世”の存在で、存在の乱獲でこの世と“紅世”のバランスをとるためにいることを悠二に語る。
そして、フレイムヘイズはシャナ以外にも存在しするが、お互いに別の行動をしているとも語る。時には敵対することすらあると。

街に新にやってきたフレイムヘイズのマージョリーは、大金でホテルの最高の部屋を取るがチープすぎて不機嫌(^^; 街にはすでにフレイムヘイズもいるしトーチも多いと愚痴る。

翌日、学校では教師に楯突くシャナに体育教師が絡む。
が、無駄に校庭を走らせる教師にシャナは、無意味と反論。
殴ろうするシャナに悠二はキックを指示。校庭のトラック内にいてはぶつかったとかって言い訳。生徒全員の共謀で反論できな体育教師。シャナはさらに脅して教師を退治(笑)

「戦いなら、なにも考えなくていい!」(以下詳細)
[PR]

by seraid | 2005-10-31 23:50 | 灼眼のシャナ

交響詩篇エウレカセブン 第28話

第28話 「メメントモリ」 

チャールズとレイ。レントンと家族になれたかもしれない二人。
少年が別離を選択しなければ、違う結末があったのか・・・
最初のセブンスウエルを見たときにその運命は決していたのか・・・

だめだ・・・OPの画変更されてない(TT)
永久にスキップの刑ですね(==;) 曲は慣れるかもですが。見たくないOPの曲なんか売れないでしょうね・・・

自分がチャールズの元を去ったことでチャールズを死に追いやったと悔やむレントン。
ホランドにチャールズを殺す以外になかったのか問うレントン。
元SOFの自分たちに戦う以外なかったと答えるホランド。

一方、ニルバーシュの自立行動はエウレカとレントンの同調にあわせた成長なのかと分析される。それに会わせてOSとハードのスペックアップも必要だが、月光号にその設備はない。

チャールズを失ったレイが再び月光号に襲いくる。
狙いはエウレカの存在。レイから未来を奪った忌まわしきもの。
最初のセブンスウエル現象。その光が、レントンの父を消滅させ、レイを子供を産めない体にした。
チャールズはそれを知ってもレイにプロポーズした。
そのチャールズも失ったレイの妄執が月光号を追い詰めていく。

「何も本当の事なんて話してくれない・・・」(以下詳細)
[PR]

by seraid | 2005-10-30 23:18 | 交響詩篇エウレカセブン

BLOOD+ Episode4

Episode4 「アブない少年」 

翼手の魔手に倒れたジョージ。
父の仇を討ちにカイが走り出す・・・
大事なものを守るために、小夜は自ら刀を取る。
 
翼手と化した米兵フォレストによって深手を負ったジョージ。
救急車で病院に搬送される。
翼手の血の汚染の危険を知りながらも一般の病院に送ったデヴィット。
赤い楯メディカルセンターの女医ジュリアはそれを注意する。
・・・やっぱり噛まれると翼手になるのかな・・・
学校での翼手との戦いでは覚醒したのに、今回はしなかった小夜。その違いを考えるデヴィット。30年ぶりに出現した『従うもの』・ハジが関係するのか?

父の仇を討とうと拳銃を持って走り出すカイ。
小夜とリクは、カイを探しに街にでる。
カイがフォレストの恋人だったレイミのところに行ったと店に向かう。
その途中、突然多くの声が聞こえるようになる小夜。血の覚醒の影響?

一方、フォレストをマウスと呼び追跡するヴァン・アルジャーノ(通称アメ男(笑)
ヴァンは翼手の襲われ生き延びたジョージの存在を知り、米軍を動かして拉致する。

「ハジと、お呼びください。そして・・・命じて下さい」(以下詳細)
[PR]

by seraid | 2005-10-29 21:08 | BLOOD+

ARIA  第4話

第4話 「その 届かない手紙は・・・」 

時間と場所を越えて届いた手紙。

前回の火炎の番人(サラマンダー)につづき、風追配達人(シルフ)が登場。
空を飛ぶ宅配屋さんですね。

灯里はアリア社長を追った水路の先で、不思議な少女から手紙を届けてくれるように頼まれる。
手紙は今は使われないカードリーダーで読む古いもので、届け先の住所も今は使われていないことが分かる。

少女からの必死な頼み。どうやって手紙を届けるか夏の青い空を見上げ途方にくれる灯里。
アリシアのさし入れの冷たいアイスで頭がキンキンに(笑)
・・・夏に見たら食べたくなるけど、さすがに今は食べたくないですね^^;

届け先の住所は、かつてアクアを海の星にしようとしていた開拓基地のあった場所。
そこに行くにはゴンドラでは遠すぎる。
その時、風追配達人のウッデイが宅配にやってくる。
ウッディーのエアバイクを見て灯里は叫ぶ。

「私を配達してください!」

ウッディーのエアバイクで手紙の住所に行くと、墓地があって開拓基地は海に沈んでいた。
灯里たちは手がかりを探すが夕方になる。そこにエアバイクのアリシアが到着。
ウッディーが、手紙を受け取るはずだった男の墓を発見。
借りてきたカードリーダーで手紙を再生することに。

それは届かなかったメッセージ。時と場所を越えて届いた心の手紙・・・
灯里に手紙を託したのは、メッセージに映っていた飼い猫だった。

今回もいいお話でした~。やっぱりアリア社長はタダの猫ではないですね(笑)
恒例(?)のおやつはアイスでした。美味しそうですが、頭にキンキンするくらい冷たいのは冬にはちょと(^^;
[PR]

by seraid | 2005-10-27 23:46 | ARIA

魔法少女リリカルなのはA’s #4

#4 「新たなる力、起動なの!」 

4話目にして新デヴァイスでパワーアップです!

前の戦いで敗北した なのはとフェイトはそれぞれ早朝の特訓。
二人は魔法の才能だけでなく努力家のとこまで同じですね(笑)

なのはの学校に転入してきたフェイトは、たちまち人気者。
クラスメイトの質問責めにあったりだが、なのはといっしょで楽しそう。

一方、クロノたちは捜索を開始。グレアム提督から増援も取りつける。
着々と闇の書を埋めるヴォルケンリッターたち。なりふり構わない魔力狩りを行っていた。まるで時間がないように・・・

闇の書の完成を目指すヴォルケンリッターたちだが、はやての体はよくない。入院も考えねばならいほど。

ヴォルケンリッターとの戦いでフェイトは、彼らの行動にかつての自分を重ねていた。
母の言いつけのまま戦っていたフェイト。その心を解きほぐしてくれたのが、なのは。

「・・・言葉を伝えるのに、戦って勝つことが必要なら、それなら迷わずに戦うことが出来るような気がするんだ・・・。 なのはが、教えてくれたんだよ。そんな強い心を」

再び出現したヴォルケンリッターにクロノが単独で出撃。
クロノの力でもヴォルケンリッターには苦戦する。
そこに、なのはとフェイトが助けに来る。

新システムでパワーアップしたレイジングハートとバルディッシュを手に変身する二人。
新たななる力を得たその名は・・・
「レイジングハート・エクセリオン!」
「バルディッシュ・アサルト!」

ヴォルケンリッターと同じカートリッジを装備した なのはとフェイトは再びヴォルケンリッターに挑む・・・

新シリーズでパワーアップするのはお約束ですね(笑)
レイジングハート・エクセリオンの名前に某険王ビィトを思い出して吹きました(笑)
次回は、なのはとフェイトのリベンジ!
[PR]

by seraid | 2005-10-26 23:37 | 魔法少女リリカルなのはA’s

舞-乙HiME 第3話

第3話 「はじめてのケ・イ・ケ・ン」 

ナギの提案によって舞闘を行うことになったアリカとニナ。

最初マシロは舞闘に反対するが、ナギの将来のオトメがニナになる発言で賛成する。
マシロほんとに子供です(^^;

舞闘を前にニナは、子供のころ見た父セルゲイとレナ姫の写真を思い出していた。
応援にきたセルゲイに、本当に勝っていいの?と訊ねるニナ。
セルゲイの勝ってもらわなければの答えに全力で戦うと誓う。

森でレナと同じ歌を歌うアリカに出会ったセルゲイ。
ニナを退けてまで学園に入る理由があるのかとアリカに問う。

「何でもいいから夢を持て。持ったら逃がすな、くじけるな」
祖母の言葉を出すアリカ。
決意の固さを知ったセルゲイは、アリカの歌についてい聞く。
その歌が母の歌ってくれた子守歌と聞き、セルゲイは人前で歌うなと忠告する。

マシロの即位式に続々と集まる各国の要人。
ナギは、マシロが本物後継者かわからないのに即位式など茶番と言う。

開始されるアリカとニナの舞闘。
初めての実戦のアリカはニナに押され不利・・・

一方、城に潜入した不審者の気配を感じたシズル。
不審者を向かえ撃つシズル。

タフさで攻撃を耐えるアリカだったが、ニナの大技が炸裂。
勝負ありと思われたとき、煙の中からアリカが登場。
「・・・私の夢は此処にあるの!だから、私は負けられない!」

その時、シズルと不審者の戦いで城がまたも崩れる。
アリカは観客を救うため怪我を押して動き出す・・・


ニナとアリカの対決はすごかったですね。頭突き合戦が(違^^;
それと同時進行のシズルの戦いもかっこよかったです!
シズルは予告にも出てました。前作の4話ってナツキがタイヘンな目にあう回でしたね(笑)
胸騒ぎの4話へつづく(笑)
[PR]

by seraid | 2005-10-25 23:42 | 舞-乙HiME

灼眼のシャナ 第3話

第3話 「トーチとフレイムヘイズ」 

トーチとして消えた平井。
存在の消えた彼女の居場所に割り込んできたシャナ。
悠二はそのことに怒るが、シャナにはその意味がわからない。
すでに消えた存在の場所を利用しているだけと。

突然、人の代わったような平井=シャナに戸惑う生徒たち。
シャナにやり込められ教師たち^^; 泣きながら逃げる情けなさ(笑)

放課後、ふたたびマリアンヌが襲撃してくる。
クラスメイトをなんとか逃がそうとする悠二だが、戦闘は容赦なくはじまる。
シャナの力の前にマリアンヌはあっけなく撃退される。
が、その主でフレイムヘイズハンターとも呼ばれるフリアグネが登場。
シャナが、本当の炎の力を使っていないと言って、その場を去る・・・

戦いで破壊された教室と倒れた生徒たち。これを元に戻すため倒れた池の『存在』の力を使おうとするシャナ。
それを止める悠二に、シャナは代わりに悠二の存在の力を使おうかと言う。
悠二は、それを了承する。いつか自分の存在が消えても、池たちが行き続けることで何かが残る。自分の存在した証になると。

その夜、悠二は屋根の上のシャナにコーヒーをさしいれし、謝罪とお礼を言う。
今までと違う反応をする悠二を不思議がるシャナ。
修復で『存在』を消費したため、悠二の灯は風前のものに見えた・・・
だが、その灯がまた勢いを増すのをシャナは見る。

悠二の中の宝具とはいったい・・・?

そして、集いはじめたこの世ならざるものたち・・・。

マージョリーをはじめキャラが集まってきましたね^^
いよいよ面白くなってきそうです。次回はフレイズへイズ同士の激突になるみたいです!
メロンパンを食べて次回を待ちましょう(笑)
[PR]

by seraid | 2005-10-24 23:12 | 灼眼のシャナ

交響詩篇エウレカセブン 第27話

第27話 「ヘルタースケルター」 

ニルヴァーシュの起こした虹色の奇跡。
その意味を知るホランドは、エウレカたちを守る覚悟を決め・・・
チャールズとレイもまた最後の賭けに出る。
その結末を見ることになるレントン・・・

第3クォター(第3クール)。嵐の幕開けです。
OPとEDも一新。曲はともかく画はやり直しを激しく希望!本編よりひどいOPはないと思います^^;

本篇では、いままで隠されてきた作品世界の真の姿が展開されます・・・
『エウレカセブン』は、ただの爽快な話ではなかったってことですね(^^;
お遊びは終り、ここからが本番みたいな。

州軍を退散させたレントンとエウレカは、ホランドの指示で営倉入り。
なぜか、3人の子供たちも入れられる。
これは、ホランドが、ニルバーシュの起こした虹の奇跡を見たチャールズたちの襲撃を予測しての措置だった。
それまでとうって変って緊張感の増した月光号。

「・・・今度は二人を守る番よ。血まみれの世界から命賭けで」(以下詳細)
[PR]

by seraid | 2005-10-23 23:22 | 交響詩篇エウレカセブン

BLOOD+ Episode3

Episode3 「はじまりの場所」 

明かされた小夜の秘密。
再び現れた翼手との戦いを拒んだ少女。
父は、娘を守るため代わって剣を取る・・・

3話までかけての助走が終り、物語が本格的に走り出す発火点となる感じの第3話でした・・・
日常から、非日常に舞台が変わっていく臨界点・・・

病院で聞いた父・ジョージとデヴィッドとの会話のことで悩む小夜。
ジョージはデヴィットに小夜の変換を迫られ、小夜を、すべての『はじまった場所』に連れていく。そこは、亡き妻と娘の眠る墓地。

「オレもお前も、ここから始まったんだ」
宮城ジョージの娘として『はじまりの地』
そして『生きるべき明日が始まる地』

語られる過去。
小夜を友人から託されたジョージは、ベトナム戦争後も沖縄に残った。
眠りつづける小夜の目覚めを待つために・・・
やがて、妻を得、娘も生まれたジョージは沖縄に家を持つ。
しかし、突然の事故が妻子を奪う。
ジョージは妻子の眠る墓で命を絶とうとする。それを止めたのが眠りつづける小夜だった。
やがて、身寄りのないリクとカイを引きとって育てはじめる。
そして、1年前。小夜が目覚めた・・・ 年もとらず眠りつづけた姿そのままで・・・
ジョージは、小夜を本当の娘として育てることを決意する。

語られた真実にどうすればいいか分からない小夜。
ジョージは自分で答えを出すことだと言う。

「小夜はオレの娘だ・・・」(以下詳細)
[PR]

by seraid | 2005-10-22 23:34 | BLOOD+

ARIA  第3話

第3話 「その、透明な少女と・・・」 

ゴンドラの訓練に励む藍華と灯里。
それを軽々と追いぬくペア(見習)のアリス。
14歳で業界1のオレンジプラネット社期待の新人。雑誌にまで特集されるほど。
しかし、アリスは笑顔が苦手だった。
そんなアリスが灯里の自然な笑顔にひかれる。

灯里は、知り合いのサラマンダー(気候を制御する番人)の暁を乗せることになった。
灯里をモミ子と呼んでからかう暁を見たアリスは、暁を性質の悪い客と思い抗議します。
間違ってないような(ぇ

灯里に誘われアリスもいっしょに暁を案内することに。
何気ない景色にも喜ぶ灯里に、アリスも釣られて笑顔になってしまう。

待ち合わせ場所まで送ってお礼に、暁は二人に浮島(空に浮かぶ島)へのチケットをくれる。
空からみる街の景色。すべてが夕日の色に染まる素晴らしい景色。
それを見たアリスは鳥になったみたいと言い、心からの笑顔になる。

灯里のおかげでアリスは、自然に笑顔になれることを知ったのでした^^

今週の食べ物は、肉まん!でした。すっごい美味そうでした(笑) 毎回、何か食べたくなるアニメですね^^;
[PR]

by seraid | 2005-10-21 23:53 | ARIA