奏光のストレイン 第3話「亜光速の悪夢」

STEP.3 「亜光速の悪夢」 
 
あなたが、私を呼んでくれたんだよね―― 

セーラの行くところ不運がつきまとう? 
今回も容赦ない展開です… 
 
血まみれでいきなり死亡のセーラ…演習だけど…
亜光速演習の航海に入っても孤立したセーラの状況は変わらず。
またイザベラとかに服を破かれて血のりベタッリで部屋に帰るはめに。
セーラを『根性の女』と認めたロッティはセーラを気にかけてくれます。
自分に似てるから気になるようですが、セーラはスルー…。
そんなセーラの気が休まるのは、ミミックの『エミリィ』と会うことだけ。
チビっこメカニックのメルチセデックとカアマイクルが、壊れたストレインを直してますが…動きそうに無い。

いざ亜光速演習が始まるがセーラのギャンビーは故障で見学…またイザベラが細工したのか。
が、突然敵襲! 敵にはグロワール型ストレイン。ラルフの機体…。
護衛の2隻がたちまち沈められてしまう。
もう訓練生が出撃するしかない。ラルフが来ているのに見ているしかないセーラ。
ロッティはストレインで出撃。次々と仲間が撃破される中、奮戦。
艦から離れて戦闘できないギャンビー隊は、艦上から援護。
武勲を立てるチャンスと張り切ったイザベラだが、あっさり戦死…。
ろくに反撃できなうちに、ストレイン隊は3割喪失。ギャンビー隊も2割喪失。
敵にラルフがいると聞いたロッティは、ラルフ撃破につっぱしる。

何もできずにいたセーラは何かに呼ばれるよう、エミリィのところに向かう。
そこでは修理中だったストレインが完成していた。



他人のミミックでは動かせないストレイン。奇跡でも起きないと起動するはずもない。
セーラは呼んだのがエミリィと感じ話しかける。

「あなたが、私を呼んでくれたんだよね。
 だったらお願いよ。兄さんに、兄さんに会わせて。会わせて!」

その声に答えるようストレインが起動! 奇跡は起きた!?

・・・あっさりイザベラ退場。キャラどんどん消えるね^^;
やっとストレインを取り戻したセーラの反撃が始まるのかな?
ロッティがラルフを憎む理由とは次回わかりそう。

第4話「リーズナー・セーラ」 
[PR]

by seraid | 2006-11-09 20:05 | 奏光のストレイン

<< コードギアス 反逆のルルーシュ... らぶドル Lovely Ido... >>