ツバサ・クロニクル 第23話

第23話 「消えゆくイノチ」 

猫の目に表れた星史郎。
鬼児狩りがを消しに来たと告げられ、ファイは星史郎と戦闘に入る。

星史郎もまた次元の魔女により、回数限定で次元を渡る力を得たものだった。
そして、その対価に右目を失った。(『バビロン』や『X』に出ていた時と同じく右目を無くしてるんですね)
脚を怪我していても魔法を使うことは封じているファイ。
星史郎は死ぬ気かと聞く。

「最初の頃は、それも悪くないと思ってたんだけどね。
でも、今はね、生きるのもまんざら悪くないなぁ、なぁんて思ってたりして」
それが、ファイの答え。

星史郎は、懐からサクラの羽根を取り出す。
羽根が降られ解放される力。その力に敗れるファイ・・・
さらに解放された力は桜都国全体に影響を出し始める。

消滅していく建物。消えていく人々。まるでゲームのデータのように・・・
消える人のなかで、鬼児狩りと織葉だけは消滅しない。
起こっている異変に、このままでは国外退去もあり得ると蘇摩。
「だって、この国は・・・」
竜王たちは、この世界の秘密を知っているらしい。

塔から急ぎ『猫の目』に帰った小狼たちは、変わり果てた店を見る。
残されていたモコナから、星史郎が羽根を持つことを聞いた小狼は決意して星史郎のところに向かう。例え勝てなくても向かうと。

星史郎と見つけた小狼は、ファイが倒されたことを聞く。
「貴方をこのまま行かせることはできません」
静かに決意して星史郎と対決する小狼。

星史郎と小狼が出会ったのはクロウ国。
小狼と同じく別の国から来た星史郎は文字が読めず、戦いことを教える替わりに小狼にある本を読んでもらうことに。
その本にはる吸血鬼のことが示されていた。それは彼の探す二人の吸血鬼のことかも知れなかった。
そして、この桜都国のイの一番の人の形の鬼児が、探す吸血鬼かも知れないと。
「強くなったね、小狼・・・」
かつて戦い方を教えた弟子の小狼の成長を誉める星史郎。
だが、目的のために星史郎は、鬼児達から造った黒い大剣で小狼を貫く!

羽根に導かれたサクラは消滅をはじめた小狼のもとに駆けつける。
逃げるように懇願する小狼の言葉を聞かず、小狼を抱きしめるサクラ・・・
いっしょに消えていく二人・・・

・・・ファイが死んだ!? そして、サクラと小狼まで・・・
次回で桜都国の秘密が明かされるのかな。予測つきますけどね(笑)

星史郎の探す二人って、やっぱりあの双子なのかな?(^^)
次回は星史郎メガネバージョンみたいでした。やっぱり星史郎さんはメガネが似合う(笑)
[PR]

by seraid | 2005-09-25 23:20 | ツバサ・クロニクル(第1期)

<< 交響詩篇エウレカセブン 第23話 機動戦士ガンダムSEED DE... >>