舞-HiME 第21話

第21話「黒き君、目覚めるとき」 

遂に明かされる黒曜の君の正体・・・(っていうかバレバレ(笑)

なつきは、シアーズ財団広報第四課のジョン・スミスより母の死の真相を知る。
なつきを逃がすためでなく、実はシアーズ財団になつきを研究材料として売ろうとしたことが露見して殺されたのだ。

ショックのなつきを復讐の鬼となった奈緒の罠が。抵抗する力もない なつき。
危機一髪のなつきを生徒会長・藤乃静留が救う。彼女もHIMEの一人だったのだ。

「うちはただ、なつきを守りたいだけどす」
奈緒をあっさり倒してしまう。断崖に落ちる奈緒。
静留はなつきに想いを告白する。



巧海を失った舞衣は、黎人に全てを話す。HIMEの運命の理不尽さを。

黎人は、勝ち残ったHIMEが得る力がある、まだあきらめるなと話す。
「自分の中のいちばん大切な人への思い、そのためなら人は鬼になれるかもしれない。鬼になっても許されるのかもしれない」

そう話す黎人だったが、彼こそが戦媛の神事を司ってきた「黒曜の君」だった。
そして、理事長の真白が300年前の「水晶の媛」であった。

「黒曜の君」からの招待状を受け取った真白は、碧に「戦媛の神事」の真実を話す。
そして、封印の鍵を託す。
罠と知りつつも「黒曜の君」の待つ「黒曜宮」に向かう。

対決する真白と黎人―「水晶の媛」と「黒曜の君」。
真白のチャイルド・二三が黎人を攻撃するが、それを命が阻む。
命は、行方不明だった兄・黎人を守るのだと言う。

立ちあがり真の姿で戦いを挑む真白だが、「黒曜の君」黎人の前に敗れ去る・・・


やっぱり黎人が、「黒曜の君」でしたね^^; で、命の兄でした。
凪は、「黒曜の君」の正体を撹乱してきたのか。
・・・でも、真白あっさりやられすぎです^^;

さて、舞衣は黎人につくのか?それとも?
そして、他のHIMEたちはどうでるのか? ますます目が離せないですね。
(予告の緊張感のなさはどうにかして^^;)
[PR]

by seraid | 2005-03-07 00:02 | 舞-HiME

<< ストラトス・フォー アドヴァン... 遙かなる時空の中で~八葉抄 第... >>