舞-HiME 第19話

第19話 「こころの迷宮」 

バラバラになるHIMEたちの心・・・。
月に輝く凶星の光でけが強くなっていく・・・。そんな感じの展開です。

真白のチャイルドだったメイドの二三に一撃で倒される碧。
「運命は、人の思いで変えられると思いますか?
でしたら、今あなたにできることを精一杯なさってください。あのコたちのために・・・」
倒れた碧に言う真白。

だが、運命はまわり始めていた。HIME達の心は迷宮へと・・・



舞衣は盾と詩帆の過去を聞く。

怪我で剣道ができなくなり、荒れていた盾をずっと励ましたのが詩帆だった。
自分のせいで一生残る怪我をさせた詩帆のために剣道部を止める決意をする盾。
「がんばれってのさ、言うのも言われるのも、無責任なんだよな」
前に盾の言った言葉にはそんな過去があったから。

さらに舞衣は、巧海と晶の会話を聞いてしまう。
自分のために頑張る姉に、自分の存在が負担になっていると思ってきた巧海。
「いつも笑顔で、それがすごく嬉しくて・・・でも、重いんだ」

盾のこと、巧海のことでショックの舞衣は、命にきつく当たってしまう。

落ちこむ命を黎人が励ます。
本当に舞衣さんのことが大切で、彼女のためになると思うのなら、できることを精一杯やるしかないんじゃないかな」
その言葉に元気になり命は、黎人は兄上みたいだと言う。やっぱり兄なのかな?

メールで脅迫され舞衣を攻撃する雪之。
間一髪、駆けつけた命が助ける。
だが、雪之に反撃しようとする命を舞衣が止める。
雪之は、石上に脅されて舞衣を攻撃したのだった。
自分を守るためといえ、雪之を攻撃した命を舞衣は叱り付ける。

「誰かをホントに大切に思うことが、どんなに大変で、辛いかなんて、アンタにはわかんないのよ!」
その言葉になきじゃくる命。

発作で巧海が倒れ、病院に駆けつける舞衣。
巧海が一人で渡米して、手術を受けるという決意を聞く。
「もう僕、一人で歩ける。自分の力で歩きたいんだ。・・・姉ちゃんも自分のために生きて・・・。
僕のためじゃなくてお姉ちゃん自身のために・・・お姉ちゃんの本当の欲しいものは何?」

傷心の舞衣にさらに追い討ちがかかる。
楯と詩帆がキスするのを目撃してしまう・・・

舞衣の帰った後、巧海にせまる奈緒の爪(?)

部屋に帰った舞衣。だが、命は帰ってこない・・・・
「なにもなくなっちゃった・・・」


舞衣に辛い展開です・・・ これでもか、これでもかってくらい不幸が;;
ちょっとあんまりなシナリオですよね・・・
・・・でも、盾の決意や、巧海×晶とかはよかったかな(ぉ
[PR]

by seraid | 2005-02-18 00:19 | 舞-HiME

<< 今日からマ王!大全集I 魔法先生ネギま! 第7話 >>