舞-HiME 第18話

第18話 「――はじまり。」 

舞衣を襲う謎のチャイルド。命たちの乱入で謎のHIMEは逃走する。

行方不明の兄との会話を夢で見る命。
攻撃する者は、敵。敵を倒すときは迷ってはいけないと命に教える。
(シルエット見る限り、命の兄は黎人なのかな?)

碧がHIMEを集め、HIME同士で戦うことがないように言う。
だが、奈緒は自分を守るためなら戦うと主張。舞衣がすでにアリッサのチャイルドを倒していると指摘する。
バラバラに去っていくHIMEたち。



意気消沈する舞衣は、また、なつきと会う。
自分の過去を話すなつき。
一番地に協力する研究員だった母が、自分を逃がすために死んだ。
だから、もう大切なもはない。恐れる必要はない。
一番地の野望は阻むのは、あくまでも復讐のためだと。

そこにシスターの悲鳴。奈緒に襲われたと言う。
奈緒を見つけ責めるなつきたち。HIME同士の戦いになる。
かけつけた碧の攻撃に顔に傷を負った奈緒は、激怒して去る。
もはや、HIMEの戦いは避けられないのか。

だが、奈緒に襲われたとは、シスターの自作自演だった。それを指示したのは一番地の石上。

一方、碧は過去の記事から、発掘途中の事故で「風花真白」が死んだと言うものを見つける。
そのことを問いめる碧に、真白は。
「わたしは、祭りを進める側の人間・・・」

慕ってくれる生徒のHIMEを守ると決めた碧は、真白と対決する。
真白もHIMEなのか? メイドの姫野二三が、真白のチャイルド!?(ぇ


あいかわらず急展開^^;
すべての鍵を握ってそうな、黒曜の君は誰なのか?
HIMEたちの宿命の戦いがはじまる・・・
[PR]

by seraid | 2005-02-10 00:20 | 舞-HiME

<< スターシップ・オペレーターズ ... まほらば 第5話 >>