Kanon 第10話 「丘の上の鎮魂歌~requiem~」

第10話  「丘の上の鎮魂歌~requiem~」

もし、奇跡を起こせたら…相沢さんなら何をお願いしますか?

束の間の奇跡の終わる時――。
真琴と見た夢のおわり。
願いは成就したのか? 少女は幸せだったのか…
真琴編、終章です…

もう言葉も話せず人としての感情もなくなった真琴。
裕一は、美汐に頼み会ってもらう。
美汐によって自分の名前と裕一の名前を思い出す真琴。だが、それは一時的なもの。
次に熱を出せば最後…
美汐は裕一に願いでる。
「この子が望んでいたことがあるのなら、どうか叶えてあげてください」

真琴のために――
秋子と名雪と4人で外食に出かける。
帰りには真琴が撮りたがっていたプリクラを4人で写す。
庭で季節外れの花火をする。
家族に囲まれ幸せそうな真琴…。しかし、再びの発熱。
一晩中つきっきりで看病する裕一。

翌朝、真琴はまだ持ちこたえていた。
真琴が好きだったマンガを読み聞かせていた裕一は、真琴が望んでいたことに思い至る。
「結婚しようか、真琴――」
そう決めた裕一は真琴を連れて出かける。

秋子さんは、晩ご飯作って待ってるから、いってらっしやいと送り出す。
もう真琴が戻らないとわかっていても別れは言わないで。 

≫ 続きを読む
[PR]

# by seraid | 2006-12-09 21:16 | Kanon

コードギアス 反逆のルルーシュ 第9話「リフレイン」

STAGE.9 「リフレイン」

嘘の涙は人を傷つける、嘘の笑顔は自分を――

カレン――ブリタニアとイレヴン(日本)のハーフ。
彼女が戦いに身を投じる理由…

総集編を挟み本編再開は、カレンがメインの展開です。
OPも一部差し替えです。カレンの愛機?もでるしヒロインですか?(ぇ
オレンジ卿たちもOPでクローズアップ!? 挽回のチャンース??

電撃的にレビューした黒の騎士団。
連日、弱者を助ける『正義』の活動で世間の話題を席巻した。
協力者も増えるが、騎士団の活動は素顔も見せない『ゼロ』に頼ったものとカレンは危惧する。

昼は学生、夜は騎士団の生活から疲労困憊のカレン。
服を脱ぎ散らかしてベッドに倒れこむほど……いきなりサービスカット?(^^;
そんなカレンの睡眠を邪魔したのは、照明を落としたドジなメイドだった。
カレン…と呼びかけカレンお嬢様と言いなおしたそのメイドは、カレンの実の母だった。
メイドとなってまで家に残った母を嫌うカレン…。

学園に行っても居眠りのカレンは寝ぼけて『黒の騎士団!』て言ってるし(笑)
『居眠りの達人』ルルは、気付かれないように授業の半分は寝ている。その技教えてほしい(ぇ

コーネリアは、はやくエリア11を安定させねばと考える。
エルアラメイン(アフリカ)戦線ではEUが攻勢に出ていることもある。
ブリタニアの覇権も磐石ではないようです。
さらにイレヴンの間に蔓延する『リフレイン』という薬物。過去の幻覚が見れるイレヴンを狙ったもの。
それの入手ルート(?)・中華連邦の九州ルートを叩きに出るコーネリア。
黒の騎士団は後回し。最愛の妹を助けた義理とか?

ユフィに租界からもう出るなと言い含めてでていくコーネリアお姉さん、シスコンですね(笑)
残されたユフィは、ホテルジャックの時のゼロの発言を気にしていた。
ブリタニア皇帝の子だからと銃を向けたが、今は…と撃たなかったゼロ。

≫ 続きを読む
[PR]

# by seraid | 2006-12-08 22:44 | コードギアス 反逆のルルーシュ

護くんに女神の祝福を! 第10話「めざせ! ジョシコウセイ!?」

第10話 「めざせ! ジョシコウセイ!?」

ドイツからやってきた天然暴走娘・エメレンツィア。
絢子は、日本の文化を教えてくださいと請われれるが…
彼女の言う日本の文化とは、『女子高生』!?

公園でエメレンツィアを見かけた絢子さん。
エメレンツィアはスキーの時の凸凹コンビと別れを告げていた。
ドイツに帰国するのかと思う絢子。
日本の文化である『女子高生』を教えてと頼まれる。

なぜ、女子高生が日本文化なのか? やぱりあのヘンな兄貴の影響なのか^^;
日本での思い出にと絢子はその頼みを引きうけます。
生徒会の女子を召集して、ジョシコウセイについて教えることに…

エメレンツィア曰く、日本文化を作るのは女子高生ということですが――。
絢子をはじめとする生徒会女子が、平均的女子高生と言うのは問題がありすぎです(ぇ

そのころ、護たちは生徒会男子のファミレス研究会に呼ばれていた。
ファミレスのメニューを全て制覇するのが目的って…

立派な女子高生になる覚悟を決めたエメレンツィア。
生徒会女子がまず案内いたのは、執事喫茶。
羊もいなければ馬もいませんから(笑)
知らないことではエメレンツィアと絢子は大差ない^^;

次はやっぱり定番のカラオケです。
初めてなのに88点をはじき出すエメレンツィア。日本語の歌うまいな(笑)
対抗する絢子は演歌! しぶいです。 こぶしきかしてます(爆)
点数は同点となり、さらに歌の戦いはつづく…どこへ行ってもはりあうのね。

≫ 続きを読む
[PR]

# by seraid | 2006-12-08 22:01 | 護くんに女神の祝福を!

DEATH NOTE 第10話「疑惑」

第10話 「疑惑」

流河旱樹、竜崎――僕が戦ってきたLはあいつだ。

月と同じ大学に入学したL。
ふたりは互いの正体を暴こうと戦いを始める――。

まず挨拶変りに? テニスで対決することになった二人。
互いに相手の正体を探りながらも熱く戦う。
結局どっちも負けず嫌いですから(笑)

『親睦を深める為の儀式』は、月の勝利に終わる。
Lがテニス上手いことが意外でした^^;
場所を喫茶店に移し、本格的に探り合いに入る二人。

夜神君をキラじゃないかと疑っているんです――と先制攻撃にでるL。
疑っていると言っても1%。
キラでなく推理力を確信できたら捜査に協力して欲しいと言葉をつぐ。
それは疑いがある限りは捜査本部の者にあわせないと言うこと?

月の能力を確かめるためLは、キラが死の直前に犯罪者に残させたLへのメッセージの写真を見せる。
疑われないよう月は、推理して文章を組みたてていくが。
Lはフェィクの4枚目を出す。4枚目がある可能性を推理できなかったと評するLだが…

Lが見たかったのは月の反応。
さらにキラを見ぬく方法を聞き、即座に答える月に疑いを1%→3%に修正。

「たとえ夜神君がキラであっても、夜神君に捜査協力してもらえればいいだけの立場にあるんです」
と余裕のL。協力してもらえれば捜査は進む…それは取り調べにもなるから。

≫ 続きを読む
[PR]

# by seraid | 2006-12-08 20:01 | DEATH NOTE

奏光のストレイン 第7話「ラヴィニアの素敵な陰謀」

STEP.7 「ラヴィニアの素敵な陰謀」

リビドー全開娘ラヴィニアの素敵な陰謀…というか妄想?(笑)
今までのシリアスが何かの冗談のようなギャグ展開でした。
ラヴィニアに笑い殺されるかと(^^;

ようやく仲間にもうちとけてきた根性の女セーラ。
彼女に熱い視線を送るラヴィニア!

セーラ好き好きーなラヴィニアは、なんとかセーラと親密になろうと企みますが…
…アホですので失敗ばかり。ラヴィニアの妄想のセーラもアホすぎです(笑)
ってか明かになにか絵が違います。別の作品^^;

セーラにしかけたクリスタル押しピンを床にばら撒いてしまい、そこにダイブして悶絶するアホっぷりです。とても愛すべきキャラですね(爆) もうお腹いたい…

実験の爆発でも汚れを落としにシャワーに行ったセーラ。
チャーンス!とリビドー全開で突撃するラヴィニア。
でも、相手をジェッシィと間違ってるし。
被害者のジェッシィは、何かに目覚めたようです(笑)

ふたりのアツアツぶりをセーラに見られて、思わずラヴィニアは全裸で艦内を爆走です^^;
しかも3周もか!? ラヴィニアのリビドーは止まりません?
彼女の奇行を重く見た艦長たちは、グォール空間補給廠に寄港の際に生徒たちに休暇を与えることを決める。
ラヴィニアのドジが役に立ちました(ぇ

しかし、セーラはロッティたちの誘いも断り残って一人で訓練することに。
それを聞きまたチャーンス!と懲りないラヴィニア…

≫ 続きを読む
[PR]

# by seraid | 2006-12-07 23:57 | 奏光のストレイン

武装錬金 第10話「君と俺は相性がいい」

第10話 「君と俺は相性がいい」

早坂姉弟との対決編。
ホムンクルスの信奉者とまでなって姉弟が求めたものは…。

良き先輩と思っていた早坂姉弟が敵だったことに愕然となるカズキ。
カズキたちが錬金の戦士と知った早坂姉弟は、カズキたちに兆戦する。
秋水との戦いに躊躇うカズキに斗貴子は言い放つ。
「ヤル気のない戦士の力などたかが知れている…」

迷いつつもカズキは秋水との戦いにはいる。
秋水の武装錬金は日本刀『ソードサムライX』。
その能力はエネルギー系の攻撃を受け流す。カズキの槍に対し相性のいい武器。
戦いは純粋に刀と槍の戦いとなる。
技に長ける秋水に追いつめれるカズキ。

一方、斗貴子は桜花と対決。
桜花の武装錬金は弓『エンゼル御前』。姉弟そろってネーミングセンスが(笑)
自動人形『エンゼル様』で精密射撃を行ってくる。
だが、多少のダメージ覚悟で斗貴子は攻撃。
捨て身の斗貴子に勝てないと桜花は逃げ出す。

カズキを追いつめた秋水は必殺の逆胴を放つ!
これをカズキは武装錬金を解除して核金で受けとめる。
そして、再武装。ランスは秋水を貫く!!

―その時。駆けつけた桜花の弓が、秋水を射る。
すると秋水の受けた傷が桜花に移される。それが桜花のもう一つの能力。
秋水たちの傷は回復しないことでホムンクルスでないと気付くカズキ。

≫ 続きを読む
[PR]

# by seraid | 2006-12-07 21:22 | 武装錬金

ネギま!? 第10話 「私に隠れてネギ先生と?そんなこと絶対に認めませんわ!」 byあやか

#10 「私に隠れてネギ先生と?そんなこと絶対に認めませんわ!」 byあやか

いいんちょメイン回ではないのですか?
サブタイで期待させつつ今回もまた期待はずれでした…
いつもより出番多いだけだし(^^;

闇の精霊から手にいれた結晶を調べていた学園長はひとつの見解をだす。
『魂の悲鳴』――魔法に囚われ自由を失ったものから抜けた心ではないのか?
いわゆる悪魔憑きとなっているなら、囚われた魂を救わないといけない。
ネギの脳裏には、父かも知れない黒バラ男爵の姿がよぎる。

チュパ研メンバーは、ひとり闇の調査をするネギを手伝おうと相談。
そこにキャンプに連れて行ってもらえなかった委員ちょが詰問に来る。
いい加減に誤魔化そうととするが、諦めない委員ちょ。

やる気の無いまき絵は、「まき絵失格」と委員ちょ言われ燃えつき。
いつも扱いがひどい(笑)
ショックを引いて使えないまき絵の変わりに、くーふぇを使って探りをいれようとする委員ちょ。

放課後、またひとりで闇を捜索するネギ。
チュパ研は、それを見つける。その時また脈絡もなく黒バラ男爵登場。
ネギは、父ナギなのか?と男爵に問うが答えを貰えない。
何もせず立ち去る男爵…って何しに来たの?^^;

男爵が悪魔憑きには記憶がないからかとネギは消沈する。
そこにネギと男爵のやりとりを聞いていやチュパ研が来て、ネギの力になると申し出る。
いいパートナーたちをもったね^^

≫ 続きを読む
[PR]

# by seraid | 2006-12-06 22:26 | ネギま!?

パンプキン・シザーズ 第10話「カボチャとハサミ」

Episode:10 「カボチャとハサミ」

陸情3課誕生。
いかにして今の陸情3課になったかのお話。
アリスは配属時は三つ編みだったんですね^^

陸情3課発足当時いたのは、ハンクス大尉以下、オレルドとステッキンのみ。
ステッキンは以外にも先任だったですね。
そこにエリートコースから外れたマーチスが配属になる。

マーチスはその真面目さから不正を行う上司に睨まれたのをオレルドが引っ張ってきたと。
ハンクス大尉は問題の少佐に対し汚職のウラをとると約束するが。
捜査はなかなか進まずマーチスは歯噛みする日々を送る。

そんなある日、アリス少尉が配属されてくる。
やる気だけの空回りする少尉をまわりは煙たがる^^;

だが、アリスはマーチスの報告書を読み激怒し、証拠をとるため汚職少佐のところに乗りこむ。
逆上した少佐が発砲してマーチスが負傷するが事件は解決。

この事件から陸情3課はアリスを中心にまとまった。
部隊章の『パンプキン・シザーズ』もアリスが作ったもの。
堅いカボチャの皮を切り裂くハサミのように、どんな困難な障害も切り裂き戦後復興をなす。
それが陸情3課―パンプキン・シザーズ。

いかにもな結成までの話でした。予想の範囲というか、何もかも予定調和?
アリスが熱血するのはいつものことだけど、それだけじゃ物足りないです^^;
そろそろ伍長の激しい暴れっぷりを見たいかな(笑)

次回 第11話「静かなる胎動」 
[PR]

# by seraid | 2006-12-06 21:00 | パンプキン・シザーズ

D.Gray-man 第10話「不幸な女のイノセンス」

第10話 「不幸な女のイノセンス」

「明日なんか来なくていい――」
同じ日を繰り返しつづける街。
その原因を作ったのは不幸な女の一言だった――。

小さいころから何をしても失敗していたミランダは仕事でも失敗ばかり。
その日…10月28日についに100回目の失業をした。

ミランダの心を慰めるのは、自分と同じように役に立たないと捨てられた時計だけ。
時計はイノセンスで、ミランダにしか触れられない。
そして、ただのミランダの愚痴を叶え、街の時間を10月28日に固定してしまったのだ。

アレンとリナリーは、ミランダが前向きに生きれるようになれば時計の力もなくなると考える。
そこでいろいろと職を探したすえ、ようやくサーカスのバイトにありつく。

アレンもいっしょに大道芸をする。子供のころ旅芸人だったマナから仕込まれたらしい。
リナリーは、子供のころ両親をアクマに殺され、イノセンスの適合者とわかり教団に連れていかれた。
適合者として教団から出ることもできない…そんなリナリーのため兄コムイは、科学班室長となって教団に入ってくれた。
だから、リナリーはコムイのためにもアクマとも戦える。

二人の辛い過去を聞き、ミランダも不幸なのは自分だけではないと知る。
しかし、ミランダの不幸は続く…。売上金をスリに盗られる。

アレンとリナリーはスリの後を追うが、スリはアクマだった!

≫ 続きを読む
[PR]

# by seraid | 2006-12-05 22:34 | D.Gray-man

ギャラクシーエンジェる~ん 第10話「強襲!戦場のプロフェッショナる~ん」

第10話 「強襲!戦場のプロフェッショナる~ん」

やりすぎたのです、彼女たちは…。
流石に万単位の星を破壊したエンジェル隊に再訓練命令が出ます。

非常識には非常識を!
生ける伝説・最強の兵士サカエが教官としてやってきた…
訓練の終る条件は、訓練プログラムの終了か教官を倒すこと。

打倒教官に燃えるエンジェル隊。
でも、サカエ教官のありえない非常識ぶりはエンジェル隊をも超えていた(笑)

銃の訓練では、分解された部品で標的を破壊!
水上訓練では、飛びこむだけで泳ぐエンジェル隊を飛び越えて。
降下訓練では、パラシュートなしで地面に落ちても平気と…。

何もかもをその強靭な肉体だけで切りぬけるサカエ教官。
いつしかエンジェル隊も、そんな教官に感化され、訓練が終った時、すごい戦闘力を手にいれた^^;
強くなりすぎて手に負えなくなったと…今度は休暇命令です。
…あの教官を送る前にどうなるか気づけと(^^;

休暇に行った先はどう見ても京都のような町で、御神体を奪いあう勇壮な『男祭り』にであう。
張りきって参加したエンジェル隊の前に、怪物じみたサカエ教官が出現!
エンジェル隊の5人は全ての力を集め、なんとかな必殺技でついに教官を超える…
って生きてるし教官……。

初めてしゃべった教官はエンジェル隊を『息子』と呼んだ…息子じゃない!(笑)
でも、エンジェル隊は、教官に抱きつき感動のうちに終了。

わけわかんない(苦笑)
ただ、最後に一言だけ話すサカエ教官のナイスガイ(違)ぷりが面白かったです(笑)
…教官に握られた御神体のでじこが気の毒(^^; あの寺はブロッコリー寺だったのか?

次回 第11話「的中!名探偵の推理ファイる~ん」
今度は2時間サスペンスものですか? 
[PR]

# by seraid | 2006-12-05 21:20 | ギャラクシーエンジェる~ん