<   2006年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

武装錬金 第14話「キミは誰だ?」

第14話「キミは誰だ?」

私はカズキに何をした!? 何をしてしまった――

100年の時を越え覚醒した、裏切りの戦士ヴィクター。
人間でもホムンクルスでもない第三の存在。
その圧倒的な力は、黒い核鉄からだった。
ヴィクターの前に倒れたカズキだったが、その核鉄に変化が…

1時間SP後半~。

2-Aの仲間を心配して教室に入ったカズキ。
中にいた岡倉たちは、自分たちは大丈夫だから先に行けと促す。

「早く行って戦って勝ってこい!!」
仲間たちの言葉に背を押され、戦いに赴く決意をするカズキ。

一方、パピヨンは最期を迎えたバタフライから裏切りの戦士の話を聞いていた。
人間もホムンクルスも超えた第三の存在だった戦士は、怪物となり錬金の戦士に追われていた。
バタフライは、錬金の知識と引き換えに、彼の体の修復を約束。
錬金の戦士から彼を守るためLXEも組織した。

100年の時間があっても彼の力の秘密は解けなかった…
「更なる高みへ飛ぼうと思うなら、少年戦士の戦いを見逃すな」
最期に子孫である蝶野に言葉を遺して逝くバタフライ。
祖先からの言葉とともに、ちゃっかり核鉄も貰って回復に当てるパピヨン。悪ですね(笑)

カズキは、生命を吸い取る元凶がいる屋上に、天井をランスでぶちぬいて到着。
まだフラスコにいる戦士ヴィクターに全力で!ランスの一撃をみまう!
砕け散るフラスコ…。が、ヴィクターにはぜんぜん刺さってない!!
ヴィクターはついに目覚めてしまう。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-28 18:57 | 武装錬金

武装錬金 第13話「死の胎動」

第13話「死の胎動」

お前達が、俺たち皆の味方なら。俺たち皆が、お前達の味方だ――。

まひろ達を救ったカズキ。
友人達は彼に声援を送る――。
その声援がカズキを強くする!
だが、ついに裏切りの戦士が覚醒の時を迎える…

1時間スペシャル前半。分けるとTBが混乱だけど長くなるから(^^;
カズキ、ヒーローみたい(笑) 今回も燃えます!

まひろ達を助けたカズキは、戦いの続く校庭に戻る。
赤いマフラーをなびかせ、本当にカッコイイよカズキ^^

放送で生徒をカズキに敵対させようとした鈴木は、自分の正体を暴露してしまい作戦失敗。
バタフライにあっさり見捨てられてるし…何しに出てきたのか。

カズキたちが味方だとわかった生徒たちは、声援を送る。
「お前達が、俺たち皆の味方なら。俺たち皆が、お前達の味方だ!」
「頑張れ~! お兄…じゃなくて、知らない人!!」
まひろはカズキだと知ってるのをバラしかけてますが(笑)

これに力を得たカズキの力はパワーアップ!
見違えるようなカズキの戦いぶりに斗貴子は戸惑い気味。
合体巨大化したホムンクルス超・成体もあっさり倒す無敵なカズキ!

一方、一人残ってムーフェィスと対峙するブラボー。
分身するムーフェィスは、月齢にあわせ30形態に増殖!
しかも、1体でも残ればまた増殖可能!

その力でもう一人の錬金の戦士も殺したとうムーンフェィス。
丸二日も粘ったと聞き、ブラボーは奮い立つ。
「そうか、あいつは諦めが悪かったか。最期までちゃんと強き意志で戦い抜いたか。
 ブラボーだ!」

金城から取り返した核鉄を発動させ、シルバースキン・アナザータイプに変身。むしろ変態?(ぇ

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-28 18:51 | 武装錬金

コードギアス 反逆のルルーシュ 第11話「ナリタ攻防戦」

Stage11「ナリタ攻防戦」

雪がどうして白いのか知らない。しかし、白い雪は綺麗だと思うよ――。

コーネリアを追いつめた黒の騎士団。
その前に立ちはだかる白き騎士・ランスロット。
激しくぶつかる紅蓮とランスロット、カレンとスザク。
互いの相手が誰とも知らず、ただ己の勝利を信じて。

ナリタでの攻防戦! 紅蓮vsランスロット。
そして、ルルは、CCの過去の一端が垣間見る。
盛りだくさんの内容。今回も長めなレビューに(^^;

濁流で主力を失い孤立するコーネリア部隊。
ジェレミアを撃破し勢いに乗るカレンの紅蓮。
紅蓮の灼熱の拳に、キューエル卿も敗れる…ってあっさり?
ルルはそのままコーネリアを目指させるが、死守を覚悟したヴィレッタたちに苦戦を強いられる。

初の実戦に倒れるものが続出しても進む黒の騎士団。
『この戦いに生き残れば、お前たちは戦士になれる。その先にこそ――』
冷徹にルルは言う。勝利を掴むためには全ては駒でしかない?

日本解放戦線の藤堂は、戦況を見極めコーネリアの本体を背後から強襲!
「ただの『無頼』と思うなよ!」
7年前の敗戦の意趣返しと親衛隊に襲いかかる藤堂と四聖剣。
コーネリアは、この場をギルフォードに任せる。後でポイント9に来るように指示して。

藤堂と刃を交え、『将軍と騎士の器を持つ者』とギルフォードは怖れる。
藤堂もギルフォードの戦いぶりを認める。
充分時間を稼ぎ、藤堂たちを誘い出そうとするが、藤堂は解放戦線の体制回復を優先する。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-22 22:50 | コードギアス 反逆のルルーシュ

ネギま!?12話 「まあ、いろいろと理屈をこねたところで、とどのつまりは気持ちひとつなわけですが」by夕映

#12 「まあ、いろいろと理屈をこねたところで、とどのつまりは気持ちひとつなわけですが」by夕映

どうにもならないよぉ~!
ハイ、どうにもならない超展開…
先の展開が読めない…のでなく行き当たりばったりな展開ですか?
魔法がバレ、ネギは――。
まさか、引っ張ってきたチュパカブラがここで意味を持つなんて(笑)

アバンは、河原で寝る木乃香を見る刹那。二人は、黒バラ男爵探しをサボってるわけですが。
刹那は、木乃香との出会いを思い出す。

幼い日をともに過ごし、修行で一端離れて中学になってまたいっしょになった。
刹那は、過去の日々を封印する。木乃香を守るために。
目を覚ました木乃香は、堅い木乃香をキスせぇへんとからかいます(笑)
…回想シーンとか力入ってるけど、今回の展開にはぜんぜん関係ないですけどー(^^; あー、キスつながりか!

ネギの魔法を知ったため仮契約を求められたゆえ。
でも、ゆえは、キスが嫌で逃げ出す。
その前にキスしませんかと黒バラ男爵が現れたが…冗談ですと去る。もう出てくる意味のわかんないキャラです……。

ゆえは学園内を逃げまくり、ネギたちが追跡します。
室内プールで泳ぐ委員ちょに、ネギはドギマギ。ネギの顔つき水着ですから(笑)
明日菜は、千雨の部屋を訪問するが、ちうのHPの更新中で焦りまくり!
結局、まき絵たちにネットアイドルだとバレちゃうし(笑)

タカミチは闇を見つけては消去しているが、エヴァにしばらく静観だろと言われる。
エヴァは、茶々丸と野立てをしている。野立ての時はラーメンでなくお茶なのね。それがエヴァの日本の心?
それでもタカミチは闇を追って、強い反応を感じる。
そこに一足遅いですと言葉をもらす黒バラ男爵。
タカミチは闇の手に捕まった?

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-20 21:31 | ネギま!?

D.Gray-man 第12話 「そして街に雪が降り…」

第12話 「そして街に雪が降り…」

生きていれば、傷は癒える――。

ミランダはイノセンスに目覚めた。
止められた街の時間は、再び動きだし…。
ミランダは新しい道を歩きだす。

ミランダ編完結&ラビ君登場! …ってかミランダ顔つきまで別人(笑)
イノセンス使用前、使用後みたいな(^^;

ミランダの時間を戻すイノセンスで復活したアレン&リナリーは反撃にうつる。
でもイノセンスの範囲から外れると傷が戻るので、アレンとリナリーは交互にミランダのとこに戻って傷を治す。

そのことを見ぬいたロードは、アクマに自爆を命じる。
千年伯爵からアレンがアクマの魂を救うために戦っていることを聞いていたロード。
それでアレンに興味をもって遊びにでてきたようです。
アクマは自爆すれば、魂のダークマターは消滅――魂を救うことはできなくなる。

アレンは、魂を救うために飛び出すが、リナリーが止める。
助けを叫びながら消えていくアクマの魂…。
アレンは、なぜ止めたリナリーを怒るが。

「仲間だからに決まってるでしょ!」
答えてリナリーはアレンの頬を叩く。

その間に風のアクマがミランダを狙うが、リナリーがこれを撃破。
アクマも失い、アレンとの遊びにも満足したロードは『どこでも扉(笑)』で撤収しようとする。
アレンはロードに対アクマ武器の銃を向けるが撃てない。
ロードはアクマではない。人間だから……。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-19 23:07 | D.Gray-man

乙女はお姉さまに恋してる 第11話「戸惑いの練習曲(エチュード)」

第11話「戸惑いの練習曲(エチュード)」

それは、ふれそうで触れられない、もどかしい冬――。

貴子と瑞穂のことで瑞穂を避けるまりや。
自分を避けるまりやの気持ちの分からない瑞穂。
瑞穂への抑えられない気持ちに戸惑う貴子。
ひとつの事件が、瑞穂が演じてきたドラマの終焉を告げる…

残すところ2話…終るのが本当に寂しい…

幼い日の夢を見るまりや。
崖からまりやが落ちかけた時、瑞穂が来てくれる。
だが瑞穂の助けたのは、まりやでなく貴子。
演劇でのキスシーンにに変ってしまったところで夢から覚める。

そんな夢を見たせいか、まりやは風邪をひきマスクで登校するはめに(^^;
心配する瑞穂を避けるまりや。まりやの反応に戸惑う瑞穂…

生徒会は今年最後の催しにダンスパティーを行う。
パーティは基本的にペア参加だけど、一人で参加の人をエスコートする役目を代々のエルダーがしてきた…。男性のパートナー役ということで。
貴子にその役を頼まれ瑞穂は快諾。

あの演劇の日依頼、瑞穂を意識しまくりな貴子は、デレデレを越してメロメロです(笑)
意識しすぎ(笑)

夜、瑞穂が男子パートナー役を引き受けたと聞き、由佳里と奏ちゃんは大興奮。
でも、瑞穂は男性のステップができるの?と話しになる。
瑞穂は、奏ちゃんを相手に見事なステップを見せます。良家の御曹司ですから(笑)むしろ男のステップが得意ですし(^^;

そこに熱があがり薬を取りにまりやが来るが、瑞穂を避けるように部屋に戻る。
まりやは風邪をこじらせ休むことになる。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-17 21:39 | 乙女はお姉さまに恋してる

Kanon 第11話 「光と影の間奏曲~intermezzo~」

第11話 「光と影の間奏曲(インテルメッツォ)~intermezzo~」

奇跡ってねそう簡単に起こるものじゃないのよ――。

真琴との日々が終りをつげ――それでも、再び日々は進む。
孤立する舞を心配する裕一は学園舞踏会に誘い。
あゆと会った名雪は彼女を家に呼ぶ。
裕一たちが軽軽しく『奇跡』を口にするのを怒る香里…

見えない魔物と戦う舞を中心にストーリーは新しく展開します。

アバンは久々に、誰かの夢についてのモノローグから。
夢に終わりがなくなった日。
ただ待つことだけしか出来なくて…今も待ち続けている…。

真琴に裕一がつっきりの間、栞はひとりで寒空の下待っていたのか。
あゆは見つからないものを一人で探していたのか…?
舞は見えない魔物と孤独に戦っていたのか…
それとも、裕一がいなければ、『物語』は見るものなく登場人物も存在しなかったのか。
物語から真琴は姿を消した…。

部屋の主のいなくなった真琴の部屋。
裕一は、部屋をそのままにしておいてと頼む。いつ真琴が戻ってもいいように…。
秋子もそのつもりで了承する。

久しぶりに裕一といっしょに登校する名雪は尋ねる。
昔のこと思い出したのかと。
裕一の思い出したのは、まだ真琴のことだけ…。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-16 20:35 | Kanon

コードギアス 反逆のルルーシュ 第10話「紅蓮舞う」

Stage.10 「紅蓮舞う」

黒の騎士団参加したからには、選択肢は二つしかない。
わたしと生きるか、わたしと死ぬかだ――。

日本解放戦線の本拠地ナリタを攻めるコーネリア。
紅蓮弐式のカレンを先頭に黒の騎士団が挑む。
新たなる力、紅蓮が舞う!

ルルのコーネリアのリベンジです。 オレンジ卿は活躍できるのか?(笑)

夜のアッシュフォード学園のプールサイドで話すルルとCC。
CCのスク水もギアスでゲットしたの?(^^;

黒の騎士団は、『正義の味方』というスタンスをとった。
テロは忌避するが、潜在的に反ブリタニア感情を持つ多くの者から支持される。
参加者も増え勢力を増す。
協力者の中にブリタニア人のTVクルー・ディートハルトもいた。

そのディートハルトのもとに、ゼロを探すジェレミアとヴィレッタが協力を求めてくる。
ヴィレッタが調べたのか、アッシュフォード学園の学生の線まで捜査は進んでいる…
ディートハルトに同じように左遷された身だと言われてしまうジェレミアさんショック(笑)

ジェレミアたちは、日本解放戦線の本拠地のあるナリタへいくらしい。
その情報をルルたちに流すディートハルト。 
やっぱりオレンジさんは行動が裏目に出る運命?

黒の騎士団に新規加入したメンバーが合流。選抜したらしいけどなんか頼りない感じ。
キョウトから送られたナイトメアも到着し、歓喜する騎士団。
帝国のもをコピーした無頼(ブライ)。準日本製の紅蓮弐式。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-15 23:43 | コードギアス 反逆のルルーシュ

武装錬金 第11話「死が二人を別つまで」

第11話 「死が二人を別つまで」

拾える命は全部拾う!!

二人で生きることを誓った――早坂姉弟の壮絶な過去。
ホムンクルスに荷担する姉弟を許さない斗貴子。
カズキはそれを庇う。まだ二人は人間だからと――。
早坂姉弟編、完結編。

秋水の語る早坂姉弟の過去。
母と姉弟の3人でのささやかだが幸せな暮し。
しかし、それは偽りだった。姉弟は誘拐され監禁して育てられていたのだ。

母と思っていた女性の死。封鎖された扉。助けを求めて誰も来ず…
衰弱死の直前に保護されるが、本当の両親は姉弟の引取りを拒絶。
二人で生きようと飛び出した秋水は、バタフライと出会いLXEに入った。

斗貴子は二人の過去を聞いても姉弟を許さない。
ホムンクルスになり人を食い、さらなる不幸を撒き散らすのかと。
カズキは身を呈して斗貴子を止める。

秋水たちは、まだ人間なんだ。やりなおすことができる。
蝶野の時はダメだったけど今度は救いたい。
人を殺したくない。斗貴子にも!

斗貴子はカズキの甘さがいつか命とりになると叱り、戦士としての命を奪うとカズキを攻撃。
カズキを無力化した斗貴子は、早坂姉弟に刃を向ける。
任務を失敗して、すでに死を覚悟しえいる桜花。秋水も動かない。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-14 22:36 | 武装錬金

D.Gray-man 第11話「ミランダ・ロットーの思い」

第11話 「ミランダ・ロットーの思い」

どうせ何もできないのに、やらなきゃいいのにね――。

何をしても上手くできなかったミランダ。
それでも諦めないでやり通そうとしてきた…
ミランダの思いが、イノセンスを発動させる!

ロードに囚われたアレンたち。
神に選ばれた本当の使徒、ノアの一族を名乗るロード。
人間なのにアクマの側につくロードが理解できないアレン。

怒りからアレンは、腕を縫いつけた杭を無理やり引き抜く…
同じ人間なのに、どうして?と問うアレンにロードは言う。
「同じ? それはちょっと違うなぁ。
 僕らはさぁ、人類最古の使徒・ノアの遺伝子を受け継ぐ、超人』なんだよねぇ。
 同じじゃないよ、お前らヘボい人間とは違うんだよぉ!!」

ロードは自らアレンの左手の攻撃を受けて、再生してみせる。
キャンドルを変化させたダーツでアレンの左目を貫く…
人を傷つけることも、人の世界を壊すことも、なんとも思わないロード。
「神だってこの世界の終焉(デス)を望んでる。
 だから、千年公と僕らにアクマを与えてくれたんだしぃ」

ロードの言葉に対アクマ武器を向けるアレン。
「そんなの神じゃない…それは、神なんかじゃない!!」

3体のアクマがアレンを襲い、ロードはミランダを狙う。
ミランダの攻撃を替わりに受けるアレン…。
「死なないで、アレンくん」
傷ついても自分を守って倒れたアレンに、ミランダは逃げることなくアクマからアレンを守ろうとする。 

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-13 00:00 | D.Gray-man