<   2006年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

コードギアス × 妖奇士

10月新番組で一番の話題作、「コードギアス 反逆のルルーシュ」。 
そして自称、全世界が注目してるという「天保異聞 妖奇士」(あせ) 
 
放送前特番がそれぞれありました。 

◇「コードギアス 反逆のルルーシュ」

CLAMPのキャラ原画が出てました。・・・アニメとかなり違うんですが(笑)
ちょっと流れた1話のフィルムは、サンライズにしては、あんまり気合入ってないような気が・・・
企画は3年前からかかったそうです。ふむふむ。
手がけるのは「プラネテス」コンビの谷口悟朗さんと大河内一楼さん。
プラネテスはいい作品でしたが・・・また後半の人間関係がドロドロしそうな気も。

作品の舞台は、超大国ブリタニア帝国により占領された日本。占領後はエリア11と呼ばれる。・・・海外で販売することは考えてないのですか?(^^; すごい設定。
設定を聞いた時、CLAMP作品にありそうなと思った(笑)

主人公は、胸に野心を秘め、目的のためならあらゆる手段を選ばない「黒の皇子」、ルルーシュ。
もう一人は、正義を志し、正直さと公平さを捨てることなくその道を進もうとする「白の騎士」、枢木スザク。
勝てばいいというルルーシュと、敗北しても手段・考えが大事という枢木スザク。
これにギアスの力を授ける謎の少女CC(シーツー)がメインキャラ。
・・・ますますCLAMP作品にありそう(笑)

そしてメカです。ナイトメアフレームと呼ばれる人型兵器。
デザインコンセプトは、ゲリラが使うのでトラックでも運べる小さいサイズ(4mくらい)。
あくまでも美形ぽいメカ(笑) 確かにスマートで人間ぽいけど、コクピットがでっかく背中についてるのでどうかな^^;
・・・あんまり新鮮味も売りもない感じ。たぶんDVDとかゲームの販売メインで玩具を売るきないんでしょね?

キャストは、ルルーシュに福山潤さん! スザクが櫻井孝宏さん~
これがポイントですね(笑) あ、CCはゆかなさんね。

やっぱり今期一番期待できそうな作品ですよ!
監督が違うレコード会社系列だったから土6にしなかったことに、きっと後悔してると思います(^^;
せっかく深夜枠だから、けっこうムチャしてもいいかもね。・・・グロはやめて(笑)


そしてもう一つの・・・新番組。 いまだにBLOOD+の後番組としか認知されてない・・・

◇「天保異聞 妖奇士」

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-30 21:35 | (2006秋~ アニメ)

BLACK BLOOD BROTHERS 第4話「古血(オールド・ブラッド)」

第4話「古血(オールド・ブラッド)」  
 
さらわれたコタロウ。
だが、ジロー兄者はもう限界・・・
ミミコは決断を下す――。

ジロー兄者の本気の力が見れるんですが。
セクハラはよくないぞ兄者(笑)

恒例、冒頭の回想。
若き日のジロー? 霧のロンドンで暴走する馬車の上で運命の人に出会う・・・
兄者もまだ若く服も白い。血に染まる前とか(笑)・・・よくわからない回想シーン。

コタロウをさらった曾が特区に逃走。
後を追おうとするジローだが、度重なるダメージでダウン寸前。
見かねたミミコは、血の提供を申し出る。
合流したリンスケの「コンプロマイザーがそれはまずい・・・」を内緒で解決のミミコ・・・いいのか?(笑)

「願ってもない申し出です」
ミミコからBBとしての糧を得るジロー。すなわち吸血たいむ~
首すじでなく手首にカブリと牙をたてる。イタッそうだが、吸われる方には極上の快感が与えられる・・・てかそうじゃないと痛すぎてイヤだし(笑)
血を吸われたものは、BBと感覚と記憶を共感してしまう。

ジローへの誤解の解けた鎮圧チームリーダーからの謝罪も受け曾の追跡を再開。
難民唯一の生き残り黄も同行を申し出る。
バイクに乗ってミミコも走り出すが、ジローと同調してるので危なかっしい。

曾の眷属になったBBたちを蹴散らしジローは、ついにトワイライト・ブリッジに曾を追いつめる。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-30 09:50 | BLACK BLOOD BROTHERS

ザ・サード 第20話 「死線を越えて」

第20話 「死線を越えて」 
 
かつての仇敵に背中を預ける火乃香。
ブルーブレイカーは自分を斬れといいだす・・・
 
今回も火乃香が大暴れ!ボギーも大活躍です。
ボギー以外にすばやく動けるね(^^;

バラバラになった火乃香たちは、各々ローナ・ファウナの施設を進む。
PSPを捨て内部に突入した火乃香とブルーブレイカー(BB)。
ローナの気を読んで前進するが、ローナの気は力を失いつつある?
迎撃にきた自動歩兵を斬る火乃香。BBも敵を瞬殺。

しかし、BBは突然、火乃香に銃を向け、自分を斬れ!と言う。
火乃香が、仇である自分の命を報酬として受けたのだと疑念をもつBB。
そんな取引は無いと火乃香は否定する。
「あんたが考えるのは二つだけ。一つはあたしの指示に従う。
もう一つは絶対生きてかえる。」 
あくまでも任務で一緒にいるのだという火乃香。

一方、外では対戦車ヘリ”タンクキラー”に見つかったボギーは、イクスとパイフゥ先生を逃がし、一人で立ち向かう。
空vs陸と言う不利から追いつめられたボギーは、行動不能に・・・
タンクキラーがとどめを刺そうとした時、ボギーはジャンプしてタンクキラーを撃墜。
パラシュートを展開して降下するボギー。
「所詮、実戦経験のないアマチュアだ」
ボギーもプロだね(笑)
 
ボギーと別れたパイフゥをローナの分身が襲い、庇ったイクスが撃たれる!

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-29 21:42 | ザ・サード

ゼーガペイン 第26話 「森羅万象」(最終話)

第26話 「森羅万象(ありとあらゆるもの)」(最終話) 

永遠の終り・・・、再生のはじまり・・・。
有限であるから、森羅万象(ありとあらゆるもの)はいとおしい。 

最後までクライマックス!見所が詰まった最終回でした。

はじめて肉体をもつ人によって動かされるゼーガペイン。
シズノの感慨。 前Verのキョウとの別れの記憶・・・そして再会。

消滅したかと思われたアビスがマインディエでアルティールに襲いくる。
舞浜サーバ内では、リョーコに見取られシンが消滅・・・
失うものが怖かった。だから永遠を望んだ・・・。リョーコを友達といいシンは消える。

クリスとメイイェンがフリスベルグで乗っ取られたオケアノス内に出現。
二人は、自らの消滅を覚悟でオケアノスでジフェイタスのコアを破壊に向かう。

月面での爆発ふたたび。ジフェイタスは消滅、しかし、ガルズオルムが止まらない。
地球軌道上で戦うイゾラの艦。
突然、クラウドに量子ポータル反応。それはフリスベルクを回収したアルティール!

自立可動する北極コア破壊のため、シズノはクラウドのシステム内に進入。
システムの掌握に苦戦するシズノ。その前にミナトたちが助けにあらわれる。

シンを失ったアビスもポータルして追撃してくる。
キョウとアビス、最後の激突! 最後の必殺技、舞浜シャイニング王者パンチ!(なんだそれ^^; ※シャイニングオーシャンンパンチが正解?)
「アビス!戦いの終着駅はここだっ!!」

ついにマインディエも光と消える・・・
シズノによって掌握されたクラウドから、デフテラコアを北極コアに撃ち込む・・・。

北極コアが消滅、地球のデフテラ領域化は防がれた・・・

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-28 20:21 | ゼーガペイン

ひぐらしのなく頃に 第26話「罪滅し編 其の五 リテイク」

罪滅し編 其の五 「リテイク」 (最終話)

終らない悲劇のループ。 
それを、終らせるただひとつのやり方・・・ 

アニメひぐらし最終話です。
暴走するレナと圭一の一騎討ちになります。圭一、主人公みたいだ(笑)

教室にただよう異臭。それが事件のはじまり。
妄想で何も信じられなくったレナは、鉈を持って生徒を人質に学校に篭城する。
レナは、ガソリンと時限装置をしかけて、大石と取引する。
時間までに園崎家を強制捜査するように。・・・ありもしない陰謀を信じて。

レナの味方のふりをした圭一は、大石から渡された小型マイクで時限装置のことを知る。
話しを聞いたトラップの名人・沙都子はコードを探すようにアドバイス。

コードを探す圭一だが、フェイクの目覚まし時計にひっつかかてしまう。
レナに見つかりピンチ。それを梨花が身を呈して助ける。
圭一を逃がした梨花は決然とレナと対決。
「前のとき、ボクに後僅かの頑張りがあれば・・・」
・・・前のときは相手は詩音だった。別の世界の記憶・・・

脱出した圭一は、沙都子の推理で時限装置の場所を見つける。
朝の異臭は、雨どいに流したガソリン。そして時限装置は、屋根の上。
走り出す圭一に沙都子は、悟史のバットを渡す。

爆発寸前。圭一は時限装置を止める。
人質になっていた詩音たちも脱出。

時限装置を止められたレナは、圭一と屋根の上で対峙する・・・
ガソリンが充満しいつ発火するかもしれない校舎の屋根での決戦がはじまる。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-27 20:06 | ひぐらしのなく頃に

うたわれるもの 第25話「太古の夢跡」

第25話 「太古の夢跡」 

物語は最終章へ――。 
創世の秘密の眠る奥つきへ・・・ 
そこに眠るのは無慈悲なるもの。 
その名は・・・ 

ハクオロの正体が明かされる最終章になるんですが・・・
セリフだけでの説明なので、なんかしっくりしない(^^;
ゲームをすればもっとわかるのかもしれない?

ハクオロは、ウルトリィから”ムツミ”の正体を聞かされる。
最初のひとであり、オンカミヤリュー族の始祖。神・ウィツァルネミテアと共にあるもの・・・

今はディーとともにムツミ(カミュ)は、オンカミヤムカイの地にいるという。
ディーに同じものと言われたハクオロ。ならば、ハクオロの正体は・・・
ハクオロは、カミュを救うため己の正体を突き止めるため旅立ちを決意する。

後のことをオボロに託そうとするハクオロ。・・・オボロでダイジョブ?(^^;

目覚めたクーヤだったが、その心は幸福だった子供のころに退行していた。
唯一憶えているのはハクオロのことだけ。
ハクオロにはクーヤを抱きしめることしかできない><;

飲めない酒をカルラと飲むトウカ。ゲンジマルのように主君のために散りたいと酒で轟沈(^^; ハクオロへの忠誠心は買うけどね(笑)

決着をつけるため一人向かおうと考えるハクオロ。
アルルゥが一緒に行くといい出す。エルルゥもこれに追従。
ハクオロだけ行けばもう会えないと予感している二人は、絶対ついて行くといいはる。

二人の説得に同行を許しハクオロは、旅立とうするが・・・
そんな行動はお見通しで仲間全員が同行することに(笑)

そして、到着した伝説の眠る地・・・オンカミヤムカイ。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-26 20:40 | うたわれるもの

ゼロの使い魔 第13話「虚無のルイズ」(最終話)

第13話 「虚無のルイズ」(最終話) 

迫る日蝕の時――地球への帰還のチャンス。 
そんな時、レコンキスタの侵攻開始が開始される・・・ 
才人は帰還とルイズ、どちらを選ぶのか? 

7月開始アニメで、結局最後まで見た深夜枠はこれだけでした(笑) 他のは1話すらも途中リタイヤ(^^; 他もツンデレとかあったのにね・・・
わかりやすくて楽しめるところがよかったのかな。 

レコンキスタの宣戦布告に動揺するルイズ。
それを知らない才人は、3日後の日蝕に地球に帰ると言う。
才人に強がって帰ればいいと言うルイズ。これに怒る才人・・・

・・・なんかOPに効果音が。なぜ・・・?

名誉のため、チャールズの想いを継いで先陣にたつアンリエッタ姫。
トリステイン魔法学校も休校になり、キュルケたちは帰国するよう・・・
父が元帥のギーシュは嫌々兵役にでる(^^;

ルイズは、才人にクビにすると手紙を残してアンリエッタの元に向かう。

レコンキスタの空中戦艦は、予想外に早く攻めてくる。
シェスタのいるタルブ村がたちまり陥落。

龍の羽衣(ゼロ戦)を準備する才人だったが、タルブ村が占領されたことを聞いてしまう。
ゼロ戦で飛びたち才人は、タルブ村に向かう。
才人だけでは危険とタバサも村に。キュルケもこれに同行する。持つべきものは友ですね(笑)

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-25 16:57 | ゼロの使い魔

ツバサ・クロニクル(第2期)第20話「秘術のゴクイ」

第20話 「秘術のゴクイ」 

ナユタヤとキィシムの国。 
いがみあう双つの世界。 
それは表裏一体、近くて遠い世界・・・ 

帰ってきたナユタヤ編の完結編です。
予告の通り黒幕はアレなんですが(^^;

小狼とチュニャンたちはキィシムの世界に連れていかれた。
その世界はナユタヤと裏表にあたる世界。
キィシムたちは人間の方が責めてくると警戒していた。ナユタヤと真逆。
そして、彼らをナユタヤとの戦いをあおっているのは元領主の息子ブルガル。

かつてキィシムを操ったことで怒りをかったブルガルは、こちらの世界に連れてこられた。
処刑の寸前、ブルガルの前にサクラの羽根が現れる。
羽根の力を使いブルガルは、人の魂を奪って作った宝石でキィシムたちを操り、ナユタヤに復讐しようと企んでいた。
真相を知った空太はキィシムに謝罪する。

小狼と黒鋼は、真正面からブルガルの城に乗りこむ。
秘術の鏡がないチュニャンは足手まといと置いていかれる。
チュニャンたちの隠れる橋は、ナユタヤにも同じような橋があった。
サクラたちは、鏡の力で同じナユタヤの橋からキィシムの世界に移動してくる。

キィシムたちに見つかってしまい、チュニャンは前にでる。
鏡を置いて秘術を使わず説得ででるチュニャン。
相手を信じる。それはかつてキィシムを最後に負かしたチュニャンの母と同じ。
それが、力を使わずに勝つ。秘術の極意。

小狼によってまたも倒されるブルガル。しょせんザコですね(笑)
これからは二つの世界の掛け橋になってくれとキィシムはチュニャンに望む。

友好なった二つの世界に別れを告げ小狼たちは、次の世界に・・・

・・・オリジナルでテンポよく終ったナユタヤ編でした。
どうでもいいけど、終盤ずっとBGMに挿入歌ながれてるのが違和感です(^^; あってないよ(苦笑)

次回 第21話 「はたらくサクラ」 
なぜかお金が必要でサクラが働くことに。今度は何の職業するのかな?
たよりになるガードマンは・・・だれなのか?
[PR]

by seraid | 2006-09-24 21:18 | ツバサ・クロニクル(第2期)

BLOOD+ 第50話 「ナンクルナイサ」(最終話)

第50話 「ナンクルナイサ」(最終話) 

ディーヴァとの戦いに終止符を打った小夜。 
遺されたディーヴァの子に刃をむける―― 
はるか過去からの長き旅路の結末は・・・ 

とうとう最終回です。50話粛々と1年積み上げてきた答えがここに・・・

沖縄の青い空の下から始まった小夜たちの長い旅。
それは無くした過去への旅でもあった・・・
旅は世界各地を巡り・・・。幾多の出会い。幾多の戦い。
そして、幾多の犠牲・・・

小夜はついに妹ディーヴァも手にかけた。全てを終らせるために。

ディーヴァの死によって翼手たちは沈静化する。
デビットは、合衆国がオプションD・・・全ての殲滅を発動したことを生きていたヴァンから聞き出す。

客席から小夜が決めた結末を見届けるようとするジョエル。それが初代から引き継いだ役目か。
これ以上、自分たちの血の力が戦いの道具にされないためディーヴァの遺児に刀をむける小夜。生きていてはいけない・・・
カイがそれを止める。小夜たち生きていく場所くらい守ってやると。

あくまでも小夜に従おうとするハジにカイの怒りが炸裂。自分の言葉で本音を言ってみろ!小夜を愛してるなら・・・
カイの言葉についにハジも本心を吐露する。
ただ出会ったころ小夜の笑顔をもう一度見たかった・・・そのために長い年月を従ってきた。
沖縄で再会した時、望んでいた笑顔が見れた。それはカイと家族が与えたもの。

「小夜・・・、あなたのシュバリエとして、あなたの望みのまま生きてきました。
けれど・・・、あなたに叛きます。だた一度・・・
生きて、生きてください。明日のために、今日を生きて。
もうあなたが、戦うことはないのです」

「生きたい・・・」
万感の想いをこめてキスする小夜とハジ。
カイはそれを見守る・・・ジョエルたちも・・・。

カイやみんなといっしょに生きたいという小夜にカイは言う。

「今日を生きて、明日を笑うんだ。
明日を向いて一生懸命生きてればなんとかなるさ。 ナンクルナイサ!」

その時、デビットによってオプションD(爆撃)が告げられる・・・

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-23 20:03 | BLOOD+

BLACK BLOOD BROTHERS 第3話「九龍の血統(クーロン・チャイルド)」

第3話「九龍の血統(クーロン・チャイルド)」 

忌まわしき九龍の血統(クーロン・チャイルド)。 
弟コタロウの危機に、同族殺し”銀刀”ジローの怒りが爆発。 

九龍の血統(クーロン・チャイルド)の脅威が語られる第3話。
赤井リンスケのユカイなオカマぷりが(笑)
”銀刀”ジローも弟の危機に本領を発揮します。 なんてブラコン(笑)

冒頭の回想シーンは、ジローが最愛の人からの吸血・・・
・・・毎回、回想からはじまるようです。

カンパニーの鎮圧チームから逃げたコタロウは中華街に。
必死に食べ物の誘惑を拒むコタロウ・・・あんたって子は(笑)
再会した黄たちについて行こうとします。知らない人について行ってはダメです^^;
追いついたミミコは、捕虜扱いでも構わないと同行する。

噴水に落ちたジローは鎮圧チームに捕縛され・・・爆睡(笑)
逃げた黄たち難民のことを尋問されるが、自分は断種血統と言いはるジロー。
弟に手を出すなとすごむジローの迫力には、鎮圧チーム・リーダーもパトリックも気圧される。

難民の中に九龍の血統(クーロン・チャイルド)に混じっている。
パトリック達のチームは、難民を殲滅に出撃するが・・・。
彼らでは倒せないとジローは危惧するが拘束されていて止められず。
そこに赤井リンスケが登場。ジローとはかつて仲間として戦ったぽい?
そしてなぜんか女言葉のリンスケ。オカマなお仲間ですか?

「お帰りなさい・・・銀刀」
ジローを解放し剣を渡す。なんとかに刃物(ぉ) 刀を持ったジローは強そうです。
・・・ぎんとう って発音するとなんかマヌケな仇名(^^;
銀刀をさげてジローは弟のもとに向かう・・・

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-23 10:48 | BLACK BLOOD BROTHERS