カテゴリ:まほらば( 26 )

まほらば 第26話(終)

第26話 「まほらば」 

いよいよ最終話です。ストーリーと平行して描かれてきた白鳥の絵本もラストシーンを迎えます。

梢のために必死に絵本を描く白鳥。
絵本に興味をもった、梢の4人の人格は入れ替わり立ち代り続きをせがむ。
その様子を見守る鳴滝荘の面々。
灰原は、絵本を描いて梢に見せる白鳥の姿に、両親を失った梢に絵を描いていた白鳥の姿をだぶらせる。時がたっても変らない二人の関係。

絵本の話は、王子が魔法のスケッチブックとクレヨンを持って散歩に出るところから始まります。
王子の向かった森には、梢をモデルにした姫の住む城がありました。
大好きな梅干を食べているうちに、鏡の中・・・、池から・・・、影が動き出し・・・と梅干欲しさに姫の分身が増え5人になってしまいます。

話を聞いていた棗が、城の周りが寂しい・・・かもと言う。
白鳥は、鳴滝荘の住人をモデルにした森の仲間を描きます。
そして、森の仲間ろ楽しく暮す5人の姫の城に王子がやってきます。
しかし、突然の洪水に王子たちが流され、ショックで5人の姫は眠ってしまいます。
王子たちが無事に戻ってきて、姫たちは目を醒まします。ただ1人を残して・・・

「それから、どうなるの?」(以下詳細)
[PR]

by seraid | 2005-06-29 20:33 | まほらば

まほらば 第25話

第25話 「告げる夜」 

・・・よかったちゃんと2話放送で^^;
春の2本立てスペシャルが1話ずつ分けてだったのでまた・・・かも?とか思っていました。
ってことで最終回2本立て前半です^^

白鳥が事故にあったと思ったショックから、戻らなくなった『梢』の人格。
オリジナルの人格が眠ったままのため、他の4つの人格に不安定に変身する梢。

珠美は部屋のこもって梢を元に戻す方法を探すが見つからない。
白鳥は4人の人格に振りまわされながらも、いつもと同じに梢に接していた。

夜、珠美は白鳥を呼び出し、梢への想いを告げる。
梢を救うために他の4人を消す覚悟があると言う珠美。

「私は、私は梢ちゃんが好きです!梢ちゃんを愛しています!何よりも!愛しているんです!
なのに、ついこの間やってきたあなたが梢ちゃんの心の中に入り込んで、そんなあなたが憎いんです!」

梢のために人生すべてを賭ける覚悟がある。珠美は、白鳥にその覚悟があるか問う。

「あるよ。」(以下詳細)
[PR]

by seraid | 2005-06-29 20:28 | まほらば

まほらば 第24話

第24話 「すず」 

前回のラストでとどいたエアメールとFAX。
桃乃へは、カレシからのアメリカへ誘うエアメール。
灰原へは、新人文学賞の最終選考候補に残ったとのFAX。

二人を祝いながらも梢は二人が離れていくことが寂しそう。

急にバイトを始める白鳥。梢の紹介で商店街の八百屋のバイト。
バイトをはじめた理由は、梢の誕生日プレゼントを買うためだった。

理由を知った梢は帰りの遅い白鳥のためにオニギリを大漁に作る。
珠美に白鳥さんのことを大切な人なのですね?と聞かれ笑って肯定する梢。
ずっと梢を見守ってきた珠美に複雑な心境^^;

だが、白鳥が事故にあったと電話が・・・
「私のせい…」
倒れる梢。その髪からすずが転げ落ちる・・・

事故は間違いで、白鳥が転んだだけだった。
気絶したまま起きない梢。
梢は、白鳥の事故と両親を失うことになった事件とを重ねてしまったのだ。
梢が当てた海外旅行の行き先で事故にあった両親。
自分のせいだと自分を責めた梢は、その時から変身するようになってしまった・・・
そして、また自分が進めたバイトに行った白鳥が事故に・・・(あったと思った)

ようやく目覚めた梢。
しかし、変身したまま梢にもどらない・・・。消えた梢・・・

やっと明かされた梢の変身の秘密。
次回は最終回スペシャル。ハッピーエンドを望みます!(切実)
[PR]

by seraid | 2005-06-22 23:16 | まほらば

まほらば 第23話

第23話 「紅葉の中で」 

作中の季節は秋・・・。(季節感ないですね^^;)
なので、紅葉を見にいく鳴滝壮の住人たち。

今回は電車で移動。黒崎親子が乗り遅れて電車が入れ違いになったりしましたが、紅葉の山に到着。
観光地によくある賽銭の沈む池。朝美の目が光ります(^^;
でも、葛藤して拾わない朝美。その横でなにも考えず拾う沙夜子・・・。だめな親ですね(あせ
朝美のこわい顔(画面で見れなくてざんねん)に賽銭を戻してました(笑)

そして、いい場所を見つけて早速宴会モード!
白鳥さんが持たされた重い荷物の中身は全部!缶ビールでした(^^; 
梢が食べ物もってきててよかったですね(笑) 飲み物だけになることに・・・
朝美と沙夜子の持ってきたダンボールは、銀杏を拾うためでした。沙夜子は食べれないドングリ拾ってましたが・・・

宴会の後は恒例の鬼ごっこ。当然、鬼は白鳥さん。
最初に梢を捕まえると、珠ちゃんも自首(笑)二人きりにしたくないのか^^;
桃が来て繋いだ手をカット。カットすれば、また逃げれるルール適用。
捕まえては逃げられ・・・をずっと夕方までしてました。

帰りの電車で、梢はふと不安をもらす。
いつまでいっしょの季節をすごせるのか・・・

白鳥は梢に言う。
「これからもずっと思い出を作っていこう。ずっと、ずっと一緒にね・・・」
そんな二人を寝たふりをして見守る珠ちゃん。

彼らの帰る鳴滝壮。桃あてのエアメールと灰原への新人文学賞最終候補の通知FAX届いていた・・・

白鳥さんと梢がなかなかいいムードで終るかと思ったら・・・
鳴滝壮の住人たちに何か別れの予感な?展開ですね・・・
[PR]

by seraid | 2005-06-15 19:54 | まほらば

まほらば 第22話

第22話 「大事…」  

実家に行ったまま帰らない黒崎親子を心配する梢たち。
白鳥は、梢の美味しいご飯を食べにきっと帰ってくると。説得力あるよな理由ですね^^;

沙夜子と朝美は、実家・水無月家ですごしていた。
再婚を沙夜子に進める父は、二人をあわさないようにしていた。
1日でも母にあえず、寂しそうな朝美。

いなくなった黒崎親子のことを考える鳴滝壮の人々。
白鳥はいつものように二人のぶんまで大判焼を買ってしまう。
梢は二人の好物のプリンと水羊羹の前で考えてしまう。
いることが普通だった黒崎親子の不在は大きい・・・

朝美は沙夜子を探して広い屋敷をさまよう。
庭でボール遊びをするマヒルに出会い、自分のことを話す。
父が死んでもう母の沙夜子しかいないことを。
その話に、もし両親が死んだらと泣き出すマヒル。
マヒルは、朝美を沙夜子にあわそうと決心する。

「鳴滝荘、あそこはいい家だ・・・」(以下詳細)
[PR]

by seraid | 2005-06-10 22:53 | まほらば

まほらば 第21話

第21話 「親・子」  

焼イモを焼いてる鳴滝壮の面々。
だが、いきなり黒い高級車がいつもの日常を終らせる。
中から出てくるマヒルとタチバナ。有無を言わせず黒崎親子を連れていってしまう。

黒崎親子が連れていかれたのはマヒルの屋敷だった。
沙夜子は、マヒルの姉で、亡き夫と駆け落ちしてその屋敷を出ていったのだった。
そして、朝美は亡父が施設から引取った子供である事実が判明する・・・

今までの生活から考えられない豪華な生活に戸惑う朝美。
チラシでしか見たことのないステーキ。
泡風呂に喜びのぼせるまで入ったり^^;
ネグリジェを着せられドキドキしたり(笑)

でも、広いふかふかのベッドで寝ても、朝美の隣には母・沙夜子の姿はない・・・

沙夜子の父・丑三と母・夕はお見合いで再婚するよう勧める。

鳴滝壮では、二人の帰るのを信じる梢たちが。
二人のぶんの焼イモが残してあった・・・

マヒルは、沙夜子の妹だったんですね^^;
んー、朝美の境遇にはちょとびっくり・・・沙夜子はどうするのか?
[PR]

by seraid | 2005-06-10 22:27 | まほらば

まほらば 第20話

第20話 「学園祭にて」  

梢たちの学校の「青華祭」に行くことになった鳴滝壮住人たち。

一度に5こにマトを射抜く珠ちゃん。な、なにものですか!?(笑)
ダメだめ~自主映画に興奮な桃さんは、ビデオとパンフまで購入^^;
灰原さんは、文芸部で読むばかり・・・なにしに来たのか。
金魚すくいで、すくう網をタダで貰って喜ぶ沙夜子。金魚すくいしないの?

オカ研では、いつもの部長が占い。けっこう当たってる?
部長に脅され珠ちゃんは客引きに。

残りのメンバーが梢の教室に行くと、管弦楽同好会がメンバーが怪我して助っ人を募集中。
名乗り出る桃と沙夜子。・・・ってできるの!?

以外にも桃はピアノ、沙夜子はバイオリンを見事に演奏!
大喜びで見る朝美。
そして、また観客の中に まひる がいる。

ラスト、まひるの父?が鳴滝壮の1日のビデオを見る場面で終了。
次回は、まひると黒崎親子の関係があかされるのかな?
[PR]

by seraid | 2005-06-10 21:58 | まほらば

まほらば 第19話

第19話 「みんなの一日」  

鳴滝荘住人それぞれの1日を追う内容です^^

まずは沙夜子。内職さぼってダラダラしているが、雨が振ってきて傘を朝美に届けに出かける。
が、迷って学校につかない^^;

学校の白鳥。テーマで悩む。
友人は妄想爆発なテーマが銀先生にバレて別室で厳しい指導^^;
お昼は、梢に作ってもらったコワ可愛い弁当(笑)

朝美は弁当をネコに分けようとして全部落す(TT
でも、みんなに弁当を分けてもらってラッキー。

桃は出かけた公園で寝てしまい、雨で目を醒ます。ねすぎ(笑)

梢と珠は帰宅途中、不良にからまれるが珠があっさり倒す。つよ!

雨の中、途方にくれる沙夜子を駅前で見つけた白鳥。
疲れたからおぶってって^^; 運ぶ白鳥さんいいひとです(笑)

鳴滝壮で全員帰ってきて終り・・・ってビデオなの?
これはタチバナさんが撮ったビデオというオチ。
この他、一日中釣りの灰原さんを撮っていたサクラは寝てしまい逆に撮影されていました(笑)

ねーさまって、まひるは朝美の妹とかなのでしょうか?だからストーカーしてるの?
[PR]

by seraid | 2005-06-10 21:32 | まほらば

まほらば 第18話

第18話 「にゃーにゃーにゃー」 

ネコがいっぱい。梢もいっぱいな回です(笑)

それぞれの理由で出かける鳴滝壮の住人たち。
特売目当てに徒歩で2駅先まで買い物にいく黒崎親子が^^;

いまのうちにと掃除にせいを出す梢。
そこに迷いネコが1匹。そしてもう1匹。
ネコが花瓶を倒したショックで早紀の人格に変身!
昼寝していた白鳥を飼い主と思い怒る早紀。

早紀は、ネコを躾ようとするが、髪飾りの鈴を盗られる。
捕まえようとして卓で頭を打ち梢に戻る。
が、3匹めのネコが取ってきたゴキ(TT)に、ショックで今度は子供の性格の魚子に・・・

魚子は白鳥とままごとをして眠ってしまい、白鳥も寝てしまう。
元にもどった梢に起こされ、白鳥はネコ探しの張り紙をつくります。
が、またもネコが増え、梢もコスプレ好きの千百合に変身(笑)
ネコにもコスプレを^^; 前に女と思ってコスプレさせた白鳥を見て千百合は気絶。

白鳥は千百合にショックを与えないようにまた女装^^;
しかし、梢の人格は千百合から、マジック好きの棗にチェンジしていた。
「はずかしい…かも」と言われてしまいます(笑)

棗がネコとマジックしていると住人たちも戻ってくる。
そして、ネコの飼い主もきて、ネコたちは無事ひきとられました^^

梢の5人の人格が全部見れて楽しい回でした!
[PR]

by seraid | 2005-05-17 22:23 | まほらば

まほらば 第17話

第17話 「そらのいろ」 

今回は珠実メインです。

小学時代の珠実は、なんでもできて優秀だが退屈な日常にうんざりしていた。
そんな時会ったのが、不思議な反応をする梢でした。
一緒にいるうちに何にも無感動だった珠実も感化されていきます。
河原で寝転んで空の色を眺めて過ごしたりする仲に。

・・・でも、なんで今の珠実みたく暗黒な面を持つようになったんだろう?^^;

そして現在。
放課後、川原で梢と待ちあわせして待つ珠実。
梢は途中で、白鳥に会って鳴滝壮に帰ってしまう。
約束をすっぽかされたガッカリに珠実。
だが、梢は『特別な日に食べる梅干』をもってやってきます。梅干をとりに一端帰っていたのでした^^
[PR]

by seraid | 2005-05-17 21:54 | まほらば