カテゴリ:魔法先生ネギま!( 26 )

魔法先生ネギま! 第26話(終)

第26話 「ⅩⅩⅥ時間目 Non mihi, non tibi, sed nobis (私のためではなく、あなたのためではなく、私たちのために)」 

アスナの死に始まった超展開もいよいよい最終回です。
OPでこれまでの1話からのシーンが流されて本篇に・・・

ナギが消え去り、アスナはまたも自分のせいで犠牲が出たと逃げ出す。
だが、その先も魔物の大群に襲撃される街だった。
追いかけてきたネギがアスナを助け出す。

「聞こえたんです。明日菜ちゃんの本当の声・・・。一人ぼっちはイヤだって。いいんですよ?辛いときは人を頼っても・・・泣きたい時は泣かないと、笑えなくなっちゃいますよ?」

そして、2-Aメンバーも合流。
エヴァによってネギの魔法について知った生徒たちは、ネギとともに魔物と戦う。
だが、魔物の数はあまりにも多い。
そこで、のどかの提案。2-A全員で仮契約・パクティオ!
OPのように31にキスするネギ(笑)
それぞれの技で魔物を倒す2-A。料理を食べさせ魔物を倒す料理愛好会が(爆
最後なのでザジと四葉もセリフあってよかったね(笑)

巨大な魔物のボス魔将軍が現れ、アスナをさらってしまう。こいつがアスナの死の契約の元凶(?)
マジックキャンセルでネギの魔法も届かない・・・。
と、アスナの手にあったナギの残した杖が伸びネギに届く。
杖によってネギの魔法がアスナに流れ、魔将軍を中から消滅させる。

「すぐに会えますよ。必ず・・・また・・・」(以下詳細)
[PR]

by seraid | 2005-07-02 00:22 | 魔法先生ネギま!

魔法先生ネギま! 第25話

第25話 「ⅩⅩⅤ時間目 Mors certa, hora incerta(死は確実だが、時期は確実ではない)」 

アスナ復活の可能性は以外なところにあった。今回も超展開です(笑)

文化祭の準備の上の空のネギ。アスナを生きかえらせる方法を模索する。
ネギを叱る夕映。その言葉からネギは悪魔の力を借りようと思いつく。

高畑先生はそれを止める。命の対価に命を出しても、悪魔の力でも本物の命は作れない。
追い詰めらたネギをいったんイギリスの家族の元に帰そうとも考える高畑。
教師を辞めさせられる話を聞いたネギは、雨の街に飛び出す。
彷徨っていたネギは、超鈴音と葉加瀬聡美(ハカセ)に出会う。

「魔法がダメでも、科学がアルネ!」

二人に連れられネギは、ロボット研究部に連れていかれる。
そこで見せられたのは、二人の作ったタイムマシン!(ぇ
過去に戻り、アスナの死の原因を取り除けばいい。
その起動には魔法が必要。ってこの二人は魔法のことを知っていたのか?^^;
ネギは決意してタイムマシンを発動する!

行方のわからなくなったネギを探す2-Aの生徒。
突然、光につつまれる。それはネギが動かしたタイムマシンの光だった・・・

9年前・・・(以下詳細)
[PR]

by seraid | 2005-06-24 00:39 | 魔法先生ネギま!

魔法先生ネギま! 第24話

第24話 「ⅩⅩⅣ時間目 Et arma et verba vulnerant(武器と同じくらい言葉も人を傷つける)」 

涙・・・。
突然のアスナの死。
2-Aの列席する葬儀が行われた夜、ネギは一人、アスナと最後に話した木の上で朝まで泣きあかす・・・

OPなしにアスナの葬式から始まった驚愕の展開・・・

アスナの死に消沈する2-Aに来たネギは、悲しみを見せないよう振舞う。
文化祭の出し物について話しあう。楽しいことをしようと・・・
それでもこらえきれず泣きだしそうになるネギを、いいんちょが盛り上げる。
いいんちょの気持ちをさとって2-Aも活気づく。空元気でも・・・
出し物は、夕映の提案でネギが主役のミュージカル。
夕映は、ノドカにヒロイン役を推す。ネギとの関係に踏み出せないノドカを思って。
それでも踏み出せないノドカに、お節介がすぎたかと言う夕映。

学園長の部屋で、焼けたアスナの髪飾りの鈴を見つけたネギ。
ネギは鈴を持って、エヴァのところに走る。
魔法の力でアスナを生きかえらせて!と頼むネギ。

「魔法は奇跡じゃない!」(以下詳細)
[PR]

by seraid | 2005-06-18 00:36 | 魔法先生ネギま!

魔法先生ネギま! 第23話

第23話 「ⅩⅩⅢ時間目 Memento mori (死ぬことを覚えていなさい)」

アスナに衝撃の展開が・・・な回でした。

さすがメインヒロインの・・・な回だけに、スタッフの仕事がグレイトでした!!
キャラの絵がいいとかでなく、演出とか話の構成がみごとでした^^

アスナと高畑が別れるシーン。寂しげなアスナに、ドアのガラスに映った高畑の姿が重なるシーン。
ラストの世界樹からアスナが見る夜の街の明かりとか、すっごい綺麗!

絵のことでいろいろ言われたこのアニメでこんな絵が見れるなんて!!
・・・どこかの回想シーンばかりの作品にぜひ見習ってほしいですね・・・

で、肝心のストーリーの方です。今回、感想長いです(^^;

アスナはいつも見る夢を見ていた・・・
燃える街。炎に照らされた魔物の影。そして・・・魔物の言葉。
「あと10年だ・・・」

目覚めたアスナは、なにかを思いだす。
2003・10・22。
カレンダーの今日の日付に印をいれる。
その瞳には涙が・・・。それを目を醒ましたネギは見てしまう。

ネギは、泣いていたアスナのこととカレンダーの日付のことをユエに相談する。
ユエの推理で今日はアスナの誕生日だと思うネギ。

「どうしたらは・・・ない」(以下詳細)
[PR]

by seraid | 2005-06-10 00:28 | 魔法先生ネギま!

魔法先生ネギま! 第22話

第22話 「ⅩⅩⅡ時間目 Difficile est tristi fingere mente jocum(悲しい気持ちでふざけるのは難しい)」 

修学旅行からもう戻ってる^^; 話のペースもいつもどーりにもどってました。これくらいがちょうどいいですね(笑)

修学旅行で撮った写真で盛りあがる2-A。
アスナに学園長からの呼出が入る。
行ってみるとネギたちが、学園長に修学旅行でのことを報告していた。

今回のことですっかり昔のように仲のいい幼馴染に戻った木乃香と刹那。
ネギは自分の魔法の未熟さを思い知り、エヴァに弟子入りする。
(代償にネギに靴をなめろって^^; さすが悪い魔法使い(笑)

一方、いつまでも帰ってこないアスナたちのことを噂する委員長たち。
何か隠していることがあるのではと・・・

「それは、本当の好きなの?」
告白しただけで充分と縁結びのお守りも買わなかった のどかに、夕映は言う。

アスナは熱が出ていたが、修学旅行で休んだぶんも新聞配達をがんばる。
そのバイトででたバイト料で修学旅行費を払うアスナ。
これ以上、学園長の好意に甘えたくないと。

帰り道、アスナは高畑先生としずな先生が喫茶店で会っているのを見てしまう。
二人のことを知り沈みこんで寮に帰ったアスナを委員長はわざと怒らせ励ます。

風邪はさらに悪化するがアスナは気丈にバイトをつづける・・・

そろそろラストに向けた展開なのかな。
今までスルーされてきたアスナのことがクローズアップ。
アスナの髪飾りの鈴がやけになっていました・・・不安な展開です^^;
のどかとネギの関係はもう進まないのかも気になりますね(笑)
[PR]

by seraid | 2005-06-03 00:33 | 魔法先生ネギま!

魔法先生ネギま! 第21話

第21話 「ⅩⅩⅠ時間目 Nil desperandum!(希望を捨ててはいけない)」 

修学旅行編のつづきです。ってもう終りなのか^^;
異様に早い展開で、ちょっとバタバタな感じでしたが、魔法バトルもなかなかよかったです^^

ネギたちは関西呪術協会総本山におもむく。
そここそ、木乃香の実家。そして、本山の長は木乃香の父親だった。
一方、木乃香の幼馴染の刹那も総本山に来ていた。刹那は、木乃香の父より学園での木乃香の護衛を頼まれていたことが明かになる。

その夜、フェイトの魔法によって本山の結界が破られる。
石化する本山の人々。木乃香が再びさらわれてしまう。
後を追うネギたちに召還された鬼たちが立ち塞がる。
そこに楓、真名、古の武道四天王が助けに現れ鬼たちを引きうける。
鬼の群れに怯まない三人、強いなぁ^^;

ネギたちは木乃香のところに。
フェイトがネギに挑むが、ネギはあっさり魔法で動きを止める。
だが、木乃香を利用した儀式は完成してしまう。

召還された大鬼・リョウメンスクナ。その力にはネギ最大の魔法も利かない。
大ピンチのネギたち。と、そこに地面の影からエヴァが出現。
茶々丸と悪の魔法使い(エヴァ自称(笑)の連携攻撃に大鬼も倒される。

木乃香のために力尽きた刹那を魔法の力で起こす木乃香。
刹那が木乃香を守る役割のために、あまり親しくしていなかったことを知り、二人は昔通りの仲に戻ることに(^^)

まとめてみても、内容つめこみすぎ^^; もう1話ほしかったかも。
エヴァの魔法の強さが際立つ回でした^^
[PR]

by seraid | 2005-06-02 23:39 | 魔法先生ネギま!

魔法先生ネギま! 第20話

第20話 「ⅩⅩ時間目 Nisi credideritis, non intelligetis(信用しないと理解はできない)」 

修学旅行イン京都編です! 
ひさしぶりに魔法の戦いもあったのですが、ここに来て絵が^^; もっとがんばってほしい・・・

修学旅行で京都にやってきたネギたち。 さよもいっしょでよかったね^^
はしゃぐ2-Aだが、ネギは学園長から、関西呪術協会の封眼寺派の不穏な動きに注意するように言われていた。

清水寺で『縁結び石』で盛りあがていると、突然カエルが大発生!
その騒ぎに、ネギは学園長からの関西呪術協会への紹介状を盗られる。
紹介状は刹那が取り返すが、ネギは刹那が怪しいと勘違い。

夜、ホテルで結界を貼る刹那。その姿を見るネギ。
刹那は味方だと言う。

その間に、封眼寺派の千草は従業員に変装して結界に進入。
木乃香を連れ去ってしまう。・・・なんでサルのキグルミなんだろう^^;

千草を追うネギと刹那、アスナ。
実は木乃香には強い魔力があり、それを利用しようと連れ去ったのだ。

千草は札術使い?魔法の札でネギたちから逃げます。
・・・昔話で3枚のお札で逃げるとかってのがあったような^^;

さらに、千草の応援にメガネ剣士・月詠も登場。
戦いは、同じ神鳴流の剣士、刹那vs月詠。
ネギvs千草の西洋と東洋の魔術合戦。
アスナはネギとの契約の時のカードからでたハリセン(笑)で、千草の式神サル&クマと戦う。

アスナのハリセンが唸り(笑) 刹那の鮮やかな剣が月詠を退けます。
千草と月詠は、新メンバーのフェイト・アーウェルンクスに救出され逃げて行きます。

なんとか今回は、木乃香を守りきったネギたち。
学園長は、まんいちの助っ人にエヴァと茶々丸を送るようです。
次回も修学旅行編はつづきます!
[PR]

by seraid | 2005-05-19 23:19 | 魔法先生ネギま!

魔法先生ネギま! 第19話

第19話 「ⅩⅨ時間目 Verba volant, scripta manent(言葉は飛ぶ、文字は留まる)」 

ずっと気になっていた幽霊の相坂さよの話です。

出席番号1番なのに誰も見たことがない生徒。相坂さよ。
それもそのはず、さよは60年前から2-Aにいる自縛霊でした。
だけど、さよは幽霊である以外は普通の中学生(?)
いつも以上に楽しい2-Aの生徒との学園生活を楽しんでいました。

学園新聞の記事のために、さよのことを調べだす和美。
名簿から、さよが60年前に学内で死んだ生徒だとつきとめる。
さらに、昔の文集からさよの短歌を見つける。

「石蕗(ツワブキ)を 植える小さな 彼女の手 時がみちるを 楽しみにして」

その歌を見てさよは、忘れていた生前のことを思い出す。
さよの妹が、亡き母が帰るようにと願って植えた石蕗(ツワブキ)。
それを守ろうとしてさよは、時計塔の下の花壇で死んだ・・・

取り壊し予定の時計塔。そこには満開の石蕗(ツワブキ)が・・・。
泣きくずれるさよ。和美はその悲しい姿に写真を撮ることができなかった。

数日後、修学旅行の班分けの時、もう1人・さよが残っていると言い出す和美。
エヴァンジェリンが魔法を使い、さよがみんなに見えるようにする。
同じように学園に縛られてるから魔法を使ったエヴァ。
さよが幽霊と分かっても暖かく迎える2-A。

さよも加え、楽しい修学旅行に! 行き先は、なにか不穏な動きもある京都ですが^^;

さよの短歌を歌う学園長。むかし好きだったコ=さよの歌だと。
だから、2-Aにはずっと、さよの席があるんですね。
時計塔の取り壊しもなくなったようです。

なかなかいい話でした^^ エヴァも他人を思いやる心ができてきたのかな。ネギの影響?
[PR]

by seraid | 2005-05-12 23:59 | 魔法先生ネギま!

魔法先生ネギま! 第18話

第18話 「ⅩⅧ時間目 Amor ordinem nescit(愛に秩序はない)」 

カモくんが、ミドリのケーキを食べて昇天リアクションする話でした^^;
・・・間違ってはないですけど(笑)

本屋ちゃん(のどか)が勇気を出してネギに告白したのを見たアスナ。
今年こそ、高畑先生に告白しようと決意します。
で、プレゼントのケーキを作るのですが・・・
何故か緑色!? なぜか魚とか出てる!? 刺すと液体が(うあ^^;
味見したカモくんは昇天(なむなむ) 石化するネギでした・・・

アスナが高畑先生が好きになったのは、父の絵を描く課題で好きなもの描いていいよと優しくしてくれたから。だかた、アスナは美術部なんですね。あんまりイメージじゃないから不思議だったり^^;

徹夜の末なんとか食べれるケーキ(笑)が完成。
頑張るアスナの姿に感銘を受けたネギは、きちんと本屋ちゃんに返事をしよう思います。
図書館島に向かったネギだったが、本屋ちゃんは恥ずかしがって逃げまくる。
ネギがそれを追うが、またもいつもどうり階段から落ちる本屋ちゃん^^;
それを目にもとまらない早さで止めるネギ。魔法でも使った?(笑)
ネギは、本屋に返事をする。
「お友達から始めませんか?」

一方、アスナはまたも高畑先生が出張でいなくて告白できず。
作ったケーキをやけ食いするのでした。

ぜんぜん魔法がでない魔法先生ネギま!でしたが(笑) 面白かったです^^
高畑先生は、修学旅行先の京都の下見みたいですが、なにやら危険そうですね。
[PR]

by seraid | 2005-05-12 23:06 | 魔法先生ネギま!

魔法先生ネギま! 第17話

第17話 「ⅩⅦ時間目 Nihil difficile amanti(愛する者に困難はない)」 

のどかとネギをくっつけるために夕映が頑張る話~
見所は夕映とアスナの怪しい踊り(笑)

前回のキス未遂依頼、ネギを意識してしまう夕映。
夕映は、ネギと本屋こと のどかをくっつけてしまおう作戦を行うことに。
新しくできたテーマパーク・マジカルランドのチケットでネギを誘うように、のどかに言うのだが・・・それができれば苦労ないですよね^^;
当然、失敗しまたも廊下でネギとぶつかる本屋ちゃん。今回だけでも3回くらいぶつかってない?
気絶して保険室に行くと、デートをすっぽかされた(?)しずね先生がチケットを2人にくれる。
・・・相手は、急遽出張に行かされた高畑先生?

とにかくマジカルランドに来たネギと本屋ちゃん。
二人のことが心配な夕映は、アスナを連れて見守るのだが。
もどかしい本屋の様子に、キグルミで告白を応援します。
「マジマジマジカルまほ~のお~こく♪今日は1日まほ~のじ~か~ん♪」
夕映とアスナの息がぴったりなヘンな踊り(爆)

偶然来ていた委員長からも逃れ観覧車に乗るネギと本屋。
夕映は無数に風船を飛ばして雰囲気つくり。
本屋は決意して告白しようとするが地上についてしまう^^;

落ちこむ本屋を夕映が励まし、帰り際ついに告白。
「私、ネギ先生のこと、ずっと好きでした。私、ネギ先生のこと、大好です」
そう言うだけで精一杯で逃げるように去る。
ネギは置いてきぼり^^;

本屋ちゃんにしては頑張ったですね^^

・・・どうでもいいけど、マジカルランドって新しいテーマパークなのにろくなものないですね^^;
[PR]

by seraid | 2005-04-29 23:37 | 魔法先生ネギま!