カテゴリ:コードギアス 反逆のルルーシュ( 12 )

コードギアス 反逆のルルーシュ 第11話「ナリタ攻防戦」

Stage11「ナリタ攻防戦」

雪がどうして白いのか知らない。しかし、白い雪は綺麗だと思うよ――。

コーネリアを追いつめた黒の騎士団。
その前に立ちはだかる白き騎士・ランスロット。
激しくぶつかる紅蓮とランスロット、カレンとスザク。
互いの相手が誰とも知らず、ただ己の勝利を信じて。

ナリタでの攻防戦! 紅蓮vsランスロット。
そして、ルルは、CCの過去の一端が垣間見る。
盛りだくさんの内容。今回も長めなレビューに(^^;

濁流で主力を失い孤立するコーネリア部隊。
ジェレミアを撃破し勢いに乗るカレンの紅蓮。
紅蓮の灼熱の拳に、キューエル卿も敗れる…ってあっさり?
ルルはそのままコーネリアを目指させるが、死守を覚悟したヴィレッタたちに苦戦を強いられる。

初の実戦に倒れるものが続出しても進む黒の騎士団。
『この戦いに生き残れば、お前たちは戦士になれる。その先にこそ――』
冷徹にルルは言う。勝利を掴むためには全ては駒でしかない?

日本解放戦線の藤堂は、戦況を見極めコーネリアの本体を背後から強襲!
「ただの『無頼』と思うなよ!」
7年前の敗戦の意趣返しと親衛隊に襲いかかる藤堂と四聖剣。
コーネリアは、この場をギルフォードに任せる。後でポイント9に来るように指示して。

藤堂と刃を交え、『将軍と騎士の器を持つ者』とギルフォードは怖れる。
藤堂もギルフォードの戦いぶりを認める。
充分時間を稼ぎ、藤堂たちを誘い出そうとするが、藤堂は解放戦線の体制回復を優先する。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-22 22:50 | コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第10話「紅蓮舞う」

Stage.10 「紅蓮舞う」

黒の騎士団参加したからには、選択肢は二つしかない。
わたしと生きるか、わたしと死ぬかだ――。

日本解放戦線の本拠地ナリタを攻めるコーネリア。
紅蓮弐式のカレンを先頭に黒の騎士団が挑む。
新たなる力、紅蓮が舞う!

ルルのコーネリアのリベンジです。 オレンジ卿は活躍できるのか?(笑)

夜のアッシュフォード学園のプールサイドで話すルルとCC。
CCのスク水もギアスでゲットしたの?(^^;

黒の騎士団は、『正義の味方』というスタンスをとった。
テロは忌避するが、潜在的に反ブリタニア感情を持つ多くの者から支持される。
参加者も増え勢力を増す。
協力者の中にブリタニア人のTVクルー・ディートハルトもいた。

そのディートハルトのもとに、ゼロを探すジェレミアとヴィレッタが協力を求めてくる。
ヴィレッタが調べたのか、アッシュフォード学園の学生の線まで捜査は進んでいる…
ディートハルトに同じように左遷された身だと言われてしまうジェレミアさんショック(笑)

ジェレミアたちは、日本解放戦線の本拠地のあるナリタへいくらしい。
その情報をルルたちに流すディートハルト。 
やっぱりオレンジさんは行動が裏目に出る運命?

黒の騎士団に新規加入したメンバーが合流。選抜したらしいけどなんか頼りない感じ。
キョウトから送られたナイトメアも到着し、歓喜する騎士団。
帝国のもをコピーした無頼(ブライ)。準日本製の紅蓮弐式。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-15 23:43 | コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第9話「リフレイン」

STAGE.9 「リフレイン」

嘘の涙は人を傷つける、嘘の笑顔は自分を――

カレン――ブリタニアとイレヴン(日本)のハーフ。
彼女が戦いに身を投じる理由…

総集編を挟み本編再開は、カレンがメインの展開です。
OPも一部差し替えです。カレンの愛機?もでるしヒロインですか?(ぇ
オレンジ卿たちもOPでクローズアップ!? 挽回のチャンース??

電撃的にレビューした黒の騎士団。
連日、弱者を助ける『正義』の活動で世間の話題を席巻した。
協力者も増えるが、騎士団の活動は素顔も見せない『ゼロ』に頼ったものとカレンは危惧する。

昼は学生、夜は騎士団の生活から疲労困憊のカレン。
服を脱ぎ散らかしてベッドに倒れこむほど……いきなりサービスカット?(^^;
そんなカレンの睡眠を邪魔したのは、照明を落としたドジなメイドだった。
カレン…と呼びかけカレンお嬢様と言いなおしたそのメイドは、カレンの実の母だった。
メイドとなってまで家に残った母を嫌うカレン…。

学園に行っても居眠りのカレンは寝ぼけて『黒の騎士団!』て言ってるし(笑)
『居眠りの達人』ルルは、気付かれないように授業の半分は寝ている。その技教えてほしい(ぇ

コーネリアは、はやくエリア11を安定させねばと考える。
エルアラメイン(アフリカ)戦線ではEUが攻勢に出ていることもある。
ブリタニアの覇権も磐石ではないようです。
さらにイレヴンの間に蔓延する『リフレイン』という薬物。過去の幻覚が見れるイレヴンを狙ったもの。
それの入手ルート(?)・中華連邦の九州ルートを叩きに出るコーネリア。
黒の騎士団は後回し。最愛の妹を助けた義理とか?

ユフィに租界からもう出るなと言い含めてでていくコーネリアお姉さん、シスコンですね(笑)
残されたユフィは、ホテルジャックの時のゼロの発言を気にしていた。
ブリタニア皇帝の子だからと銃を向けたが、今は…と撃たなかったゼロ。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-08 22:44 | コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第8.5話「仮面の軌跡」

STAGE.8.5 「仮面 の 軌跡」

偽りの名と身分で生きてたルルーシュ。
契約の魔女CCと出会ったことが、その運命を変えた。
報復の力を得た時から、ルルはもうひとつの仮面をすることになる。
その名は――ゼロ。

総集編です。ルルの視点によるルルのためのルルの総集編(笑)

政争で母を暗殺され、父皇帝に不用と捨てられたルルとナナリー。
外交の道具として送られた日本で、初めての友達となるスザクに出会う。
ようやくえた平穏な日々も、帝国の侵攻によって終りと告げる…
その日、ルルはスザクに誓った。ブリタニアをぶっこわすと――。

帝国への復讐を胸に秘めても、力もなくくすぶっていた日々。
新宿ゲットーでのスザクとの思わぬ再会。
そして、CCと出会いがルルに力を与えた。帝国と戦う力――ギアスを。

ルルはギアスを使い、まずはクロヴィスを倒す。
彼から母の暗殺の真相を知るのが、シュナイゼルとコーネリアと知る。

クロヴィスの替わりやってきたコーネリアに挑んだルルだったが、彼女の軍才と組織に敗北する。
ルルは戦うために自分も組織を作る。黒の騎士団を。

ホテルジャックを倒したことで騎士団はその名を広めた。
世間の耳目は、ゼロと黒の騎士団に集まった。
ゲットーで英雄。租界では悪役。
だが、最終目標・帝国皇帝をひきずりだすには、まだ足りない……。

ルルの帰りが遅いことを心配するナナリー。
スザクとも再会できたし、また昔みたい平穏な日々を望む。
「また昔みたいに……」
…そのために、ナナリー……俺は、世界を壊す!

ルルの行動原理はナナリーの幸福オンリーなんですね。それで世界を壊したら、またずいぶんなシスコンもあったものです^^;
当面の相手となるコーネリアもシスコンで…シスコン対決になるのか(笑)

次回 第9話「リフレイン」 
[PR]

by seraid | 2006-12-01 21:15 | コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第8話「黒の騎士団」

STAGE.8 「黒の騎士団」

世界は、我々黒の騎士団が、裁く――。

黒の騎士団――ルルーシュの集めた部隊。
レジスタンスでなく、その目指す目的は正義の味方。
世界に向け黒の騎士団は宣戦布告を為す――。

河口湖へ向かうシャーリー&ニーナ&ミレイの生徒会メンバー。
行き先を心配するニーナをなだめるミレイ。
今度は置いていかない…って前に何かあったぽい?

トンネルを抜けると…富士山も一部人工物で補修してるのね…戦いの爪あと。
治安はいいからと言ってたけど、やっぱり事件に巻きこまれます。
行き先のホテルが日本解放戦線の草壁にホテルジャックされ人質にされてしまう。

そのころ、ルルは、カレン達レジスタンスと会っていた。
場所は巨大なトレーラーハウス。もちろんギアスの力でゲットしたもの。便利だね。

TVで河口湖でのホテルジャックのニュースを見るルルたち。
日本で豊富に採れる恒温超伝導帯の材料サクラダイトについての会議が狙われたらしい。
…ブリタニアが日本を狙った地下資源ってこれだったのね。

ホテルジャックは草壁の独断先行で日本解放戦線の藤堂も知らなかったよう。
ブリタニア軍は地下トンネルから人質救出作戦を展開。
が、リニアカノンによって進入したナイトメア部隊は全滅。

テロリストに弱みを見せるなと、強気なコーネリア。
でも、人質の中にユーフェミアが…。出席者リストになかったが存在がバレれば交渉のカードにされる。

中継を見ながらルルも焦りを憶える。動くにはまだ早い…だが。
コーネリアなら人質など無視して動くはずなのに、なぜ動かない?

そこにレジスタンスらしくない黒い衣装のことを扇に聞かれルルは言う。
「レジスタンではない。私たちが目指すもの。それは正義の味方だ」
…えぇ?^^;

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-11-25 11:57 | コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第7話 「コーネリアを撃て」

STAGE.7  「コーネリア を 撃て」 
 
俺はお前に会うまでずっと死んでいた――。 
 
コーネリアとルルの初対決。 
シャーリーとカレンの恋の戦いは?(笑) 
学園と戦場と二つの戦いの?第7話です! 
 
ルルーシュが復讐を誓った時…
8年前、母の謀殺を訴えたルルを弱者と切り捨てた父。ブリタニア皇帝――。
皇位継承など捨てると言うルル。皇帝の答えは『死んでいる。生まれた時から死んでいる』と。
死んでいるものに権利はないと、ルルとナナリーは取引きの道具として日本に送られた。
何の力の無かったルル。そして力を得た今、ルルは報復を始めた…

ロイドからランストットの性能を聞くコーネリア。
だが、パイロットのスザクはイレブンだと聞くと疎む。
ナンバーズ(『ナンバーで呼ばれる植民地』の住人のこと?)に頼らないで勝つと吼える。
おかげで出撃がなくなってスザクは、授業は無くても友達と会うのも大事とセシルに言われ学校に。
セシルさんいい人ですが、オニギリにブルージャムはやめて^^;

学園では、ルルとの関係を誤解したカレンを問いつめるシャーリーの姿が。
レジスタンスのことがバレたかとカレンはナイフを抜きかけてるし^^;
ルルとキスしたと誤解しまくりシャーリーにカレンも調子狂わせまくりだね(笑)
理事長室ではミレイ会長が母と電話で口論。アッシュフォード家再興のために政略結婚とか?
学校にきたスザクは、カレンと入れ違いになりシャーリーとルルの馴初めを聞くことになる。
最初はルルが嫌いだったけど、以外な優しさを見て好きになったと。
それを見て恋っていいよねとため息なミレイ。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-11-17 10:13 | コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第6話「奪われた仮面」

STAGE.6 「奪われた仮面」 
 
あいつは大丈夫だ。そう…、『友達』なんだ――。 
 
スザクとルルーシュ、学園で再会した二人。 
だが、イレブンであるスザクとの間には差別という壁があった… 
…なんて深刻なテーマなんだけど、全力でギャグ展開です(笑) 
 
ルルの最終目標、皇帝登場。死んだクロヴイスと話せる?
「急がなければな、計画を…」
ルルとCCの契約のシーンでラグナロクが…とかって言うシーンもあったし、普通の人でないようです。ギアスのような特殊能力を持っているのかも。帝国の覇権の秘密もありそうです…

アッシュフォード学園に転校してきたスザク。
イレヴンで、クロヴィス暗殺の容疑者だったことから生徒から敬遠される。
ルルは、二人だけのサインでスザクを屋上に呼び出す。
CCを心配するスザクに、別れてたと言葉を濁すルル。すぐにバレそうだけどね(笑)
スザクを軍事法廷から庇い学院に転入させたのはユーフェミアのおかげ。

夜、スザクはルルの家でナナリーと7年ぶりの再会。無事だったスザクに涙するナナリー。
スザクは技術部に移動になったので、ルルは安堵する。…でも戦うんだろうね…
CCはスザクが危険ではルルに問うが。

「あいつは大丈夫だ。そう…、『友達』なんだ」
自分の力だけを頼りにしてるルルだけど、スザクだけは友達なんですね。
スザクは学校では他人でいようと言う。皇子であるルルの正体、ナナリーの安全を心配しての発言。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-11-10 22:10 | コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第5話「皇女 と 魔女」

STAGE.5 「皇女 と 魔女」 
 
弱いことはいけないことなんだろうか―― 
 
黒の王子と契約の魔女。 
白き騎士と赤の皇女。 
二組の出会いが世界を揺るがしていく… 
 
CCの復活と、物語のキーとなる赤の女王皇女の登場。
メインキャラも出揃ってきていよいよ盛りあがってきました(笑) 
 
圧倒的力で中東のエリア18を制圧したコーネリア皇女。
次に狙うはエリア11(日本)。弟クロヴィスの仇ゼロへの復讐を誓う…

スザクの説得に失敗し失意のうちに帰宅したルルーシュを待っていたのは、ナナリーと話すCCだった…
与えた力でブリタニアを潰す計画が早まったというルルーシュ。
ギアスが無くても実行できたと傲慢なルルに満足(?)なCCは、当然のように部屋に居座る。
「見こみ通り面白い男だ…」

クロヴィスが『ゼロ』ことルルに殺害されたことが、日本各地での反乱活動を活発にする。
藤堂は『ゼロ』に追従するのは危険と慎重な構え。
ギアスな操られたジェレミアは、ルルたちを逃がすことになった行為により軍の信頼を失い、純血派からも敵視される。
ゼロに揺れる世界にルルはこれからが本番とほくそえむ。
「この騒ぎは手段にすぎない。 世界はもっと大きな混乱に叩きこまれる」

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-11-03 10:00 | コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第4話「その 名 は ゼロ」

STAGE.4 「その 名 は ゼロ」 
 
間違った方法で手にいれた結果に価値はないと思うから―― 
 
ギアスの力でブリタニアの破壊に動き出したルルーシュ。 
しかし、かつての友はブリタニアを中から変えるのだと言う。 
二人の道は分たれる… 
 
クロヴィス殺害の罪をスザクに被せる純血派のジェレミア。
日本最後の総理の御曹司だったスザクなら動機にも申し分ない……。
イレヴンであることは、名誉ブリタニア人制度を廃止する口実として純血派に都合がよかった。

スザクが捕まったことで心を痛めるナナリー。
ルルーシュはスザク救出のために動き出す。
東京タワーに呼び出したカレンらレジスタンスを、『ゼロ』と名乗り環状線の車両に誘導するルルーシュ。
そこでブリタニア人とイレブン(日本人)の住む街の違いを認識させる。
ルルーシュは、不気味な黒いマスクとマントの姿でカレンたちの前に出る。…どうみても悪の総統です(笑)
敵はブリタニア人ではなくブリタニア帝国。市民を巻き込むテロでなく戦争をしろと言うルルーシュ。
「覚悟を決めろ。正義を行え!」

仮面で顔を隠す者を信じられないと言うカレンたちに、不可能を可能にするのを見せて信じさせようとルルーシュは宣言する。

クロヴィス殺害の犯人として裁かれようとするスザクを英雄視するものもいるが。
レジスタンス・日本解放戦線は、ブリタニア軍に入った裏切りものと見なす様子。
リーダーの東堂も干渉しないことを決める。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-10-27 22:59 | コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第3話「偽り の クラス メイト」

STAGE.3 「偽り の クラス メイト」  
 
最初の報復を遂げたルルーシュ。 
偽りの平穏な日々は終りを迎えようとしていた・・・ 
 
加速する急展開!前回以上にハイスピードな展開です。 
ルルは本当、容赦なくヤルね^^;
 
クロヴィスに停戦命令を出させたルルーシュ。
ギアスの力を使い殺された母の真相を聞き出す。
ルルーシュと妹ナナリーの前で殺された母は、庶民出身であることを疎まれテロの仕業として消された・・・
暗殺に関わったのは、第2皇子シュナイゼルと第2皇コーネリア。
聞き出せる情報を得たルルーシュは、クロヴィスへ銃弾を撃ちこむ。為すべき報復。

最初の復讐を遂げたルルージュは、学園生活に戻る。
クロヴィスの死は伏せられ、シンジュクゲットーで毒ガステロが行われことにされていた。
ごく普通の学生として振舞うルルーシュ。偽りの仮面。
だが、テロリストの少女カレンがクラスメイトだったことが判明。
カレンもまた病弱な生徒という仮面をかぶっていた。

ルルーシュは力を使いカレンのことを聞き出す。
彼女は日本とブリタニアのハーフ、それでテロに荷担している?
さらにシンジュクのことを忘れろと命じるが、力が効かない?

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-10-20 21:32 | コードギアス 反逆のルルーシュ