カテゴリ:エレメンタル ジェレイド( 26 )

エレメンタルジェレイド 第ニ十六唱(終)

第ニ十六唱 「天空と未来の謳」 

ついに最終回です。クーはレンを救うことができるのか?

クーによってレンが意思を取り戻した。
それを見たオーファスは、ジルテイルとアジェンナとリアクトして、さらにレンと強制リアクト!
・・・もうなんだか^^; とにかく強い!!ってことなんでしょうね・・・
無限ともいえる七煌宝樹レンの力を手にしたオーファスたちの前に、クーたちは打つ手がない。

オーファスたちは語る。かつてエディルガーデンも地上にあり人とも共存していた。
しかし、人間は唱を忘れエディルレイドを道具として利用するようになってしまったと。
だから、今度はディルレイドが人を利用すると・・・

クーは、エディルレイドだからとか関係ない、レンがレンだから好きだと訴える。
そのクーにイヴの魂が呼びかける。
クーは、失われた謳を詠唱しはじめる・・・。伝説にあった謳を。

予言の成就されるとき・・・エディルガーデンの伝説は終りを告げる。

全ての契約が解かれ、スティンレイドの人工核石も消滅する。
オーファスは敗北を認める。失われた謳を謳えるガーディアン(人)の存在に希望を託す。

「二人でいることそのものが大切・・・」
クーとレンの姿にシスカは、かつてリアクトを拒んだ相手の涙の意味を悟る。

戦いは終り、女王を失ったエディルガーデンは地上に落ちる。
エディルレイドとガーディアンと共存への道がはじまる・・・
本当に共存できるかの答えは100年、200年かかるかも知れない。それでも、最初の一歩は踏み出された・・・

レッドリンクスに戻り、エディルレイドのためにレンと戦うクー。
そこにシスカたちもやってくる。また一緒に旅をしよう!
エディルガーデンを巡る物語は終ってもまだ、かれらの冒険と物語は終らない!

・・・思ったより、きちんとした最終回でした(笑)
正直、途中で投げだした終りを予想してました^^;
エピローグの戦いが終って平和になったあとのクーたちの描写がよかったですね。
ここまで描いてこそ大団円ですよね~

予想外に楽しめた作品でした(笑) キレイに終ったから続編とかないのが残念かも(ぉ
[PR]

by seraid | 2005-09-28 00:18 | エレメンタル ジェレイド

エレメンタルジェレイド 第ニ十五唱

第ニ十五唱 「混沌の礼讃謳(カオスクァイア)」 

クー絶命! 前回のラスト、クーが。。でしたがホントに死亡・・・

亡きクーのためにも、レン救出に向かうシスカたち。
だが、すでにレンはカオスクァイアの女王になっていた。
休戦の意思を伝えるシスカだが、先に攻撃したのは人間だとジルテイルは応じない。
シスカは、最後の手段・レン封印を決意する。

主人公なのに最終回前に死んでしまったクー・・・
その前に、イヴが現れる。エディルレイドのためといえカオスクァイアに手を貸したてきたことを嘆く。
残った最後の力をクーに託し消え往くイヴ。

イヴの命と引き換えに復活したクーは、レンを封印しようとするシスカたちの前に駆けつける。
クーはシスカに封印装置を渡されるが、それを投げ捨てる。
「自分たちの都合で利用したり、封印したり、そんなことできっかよっ!」

一度死んだクーはレンとのリアクトが解かれている。
リアクトのないクーだが、レンへの思いだけを頼りにレンへ近づこうとする。
クーのその思いが届き、レンが自分の意識を取り戻す。

だが、オーファスたちは最後の手段に出る。
リアクトの光。そこに現れたのは・・・!?

・・・主人公が死んでは話がお終いなので復活すると思ってましたけど。
イヴの命と引き換えでした・・・。
人が復活するには、それ相応の代価は必要ということ。
某作品みたいに主役たちは、どんな目にあっても無事ではなんの感動もありませんから^^;
次回、どう決着がつくのか^^
[PR]

by seraid | 2005-09-27 23:23 | エレメンタル ジェレイド

エレメンタルジェレイド 第ニ十四唱

第ニ十四唱 「煌珠楽園(エディルガーデン)」 

クーがたいへんなことにな回なのですが、シスカのドタバタぷりが光る回でした(笑)
やっぱりシスカの活躍が多いと面白いですね^^

舞台はラストステージ、エディルガーデンへ。
戦いを止めるために来たレンは、ついに女王イヴに対面する。
レンが新たな女王にならなければエディルガーデンは滅ぶ運命・・・

休戦の知らせを急ぎ届けるべく、ロケットで猛加速で飛ぶシスカ。
勢い余ってぶつかったのは、かつてクーがいた空賊レッドリンクスの船だった。
そこには、クーと戦ったこともあるパールの姿もあった。
お頭にヘリを借りてシスカは先を急ぐ。

ヴォルクスとラサティの援護で、クーたちもエディルガーデンに到着。
その荒廃ぶりに驚くクーの前にイヴが現れる。
一人、城に入って行くクー。
残されたローウェンとキーアに、ジルテイルとアジェンナが襲いかかる。
そこにシスカがヘリで落ちてくる(笑)・・・って助けにきたのかな?^^;

一人になったクーを襲うオーファス。
オーファスの放った攻撃が、クーの体を貫く!

玉座で動けないレンの目から涙が零れ落ちる・・・・

!? クーが死んだ!? ・・・ようにしか見えないラストでした・・・。
続きが気になります!
[PR]

by seraid | 2005-09-13 23:56 | エレメンタル ジェレイド

エレメンタルジェレイド 第ニ十三唱

第ニ十三唱 「約束」 

カオスクワイアとの決着をつけるべくエディルガーデンを目指すクーたち。
エディルガーデン近辺ではすでにカオスクワイアとアークエイルの戦いが始まっていた。

スティンレイドを使いすてに攻撃してくるカオスクワイアに苦戦するアークエイル。
アークエイルとして戦いに参加するラサティとリィリアも危機に。
駆けつけたクーたちがカオスクワイアを撃退する。

アークエイルの基地でラサティとリィリアの話を聞くクーたち。
一人になっていたレンの前にカオスクワイア3幹部が現れる。
クーたちが駆けつけるが間にあわず、逆に危機に陥る。
その危機を救ったのは、ハンターのヴォルクスだった。

レンが去ったことを悔やむクー。
戦いを終らせるためにレンは一人行った。その気持ちをわかってと言うキーア。
ヴォルクスもレンが大事なら守ってやれと諭す。
ラサティもクーらしく考えるより行動しろと言う。

いたたまれず一人飛び出したクー。
そのクーをカオスクワイアが襲う。レンと契約しているクーが邪魔だから。
ヴォルクスたちが駆けつけ救出されるクー。

「オレ、行くよ!レンのところに!
そして、今度こそ最後までレンを離さない!」
クーはレンのあとを追いかけることを決意する。
敵の飛行艇を奪ったクーたちは、ヴォルクスやラサティの援護を受け飛び立つ。
エディルガーデンへ・・・

一方、アークエイル本部に戻ったシスカはクルス補佐官に石版の伝説のことを訴える。
今こそ伝説に学ぶときと、議会にクルス補佐官も訴える。
そのことが、議会の流れを変える。
エディルレイドへ強硬姿勢だったものは拘束される・・・

次回、ついに舞台はエディルガーデン・・・
ってクーが・・・!?
[PR]

by seraid | 2005-09-08 00:46 | エレメンタル ジェレイド

エレメンタルジェレイド 第ニ十ニ唱

第ニ十ニ唱 「葬られし伝説」 

カオスクワイアこそがエディルガーデンを守る組織。
衝撃の事実を告げられたレン。
倒れたクーに止めを刺そうとオーファス。
かけつけたローウェンたちだが、ジルテイルとアジェンナも合流しピンチに。
そこにアークエイルの偵察隊が到着。オーファスたちは飛行艇を撃ち落して退却する。

負傷したクーの治療のため偵察隊に合流するシスカたち。
偵察隊の隊長はあのサンウェルドだった。
シスカはサンウェルドから、人に反旗を翻したエディルガーデンの殲滅をアークエイルが決定したことを聞く。
シスカはそれに猛烈に反対する。
サンウェルドは、エディルレイドとの戦いを止める鍵になるかもしれないと古い石版を伝説を語る。

『其は戦のみにあらず。もろともに沸きいずる詩を謳いて、くすしき御業をなせり』

同じころエディルガーデンでも、オーファスが同じ伝説を語っていた。
エディルレイドを武器として利用してきた人間(ガーディアン)たちを倒し、エディルレイドが人を支配するべきだと演説する。
語られてきた伝説を今こそ葬るときだと・・・

石版の戦いを止める詩が、クーとレンがフィロの最期のときに謳ったものではと思いつくシスカ。
シスカは、全面戦争を回避させるべくアークエイル本部に戻ることを決意する。

「アークエイル。それは、エディルレイドを守る翼。そして、エディルレイドと人間が手を携え、未来へ羽ばたくための翼!」

治療の終ったクーは、悩むレンにエディルガーデンに行こうと言う。行ってカオスクワイアを倒しエディルレイドを開放しようと。

シスカは、亡きマイナの残した制服に身をつつみ単身アークエイル本部に向かう・・・

いよいよストーリーも大詰め。
クーたちは、エディルガーデンに決着をつけるべき向かい。
シスカは戦いを回避するためアークエイルに向かいます。シスカかっこいいですね!

はたして、伝説は成就されるのか、葬れるのか・・・
[PR]

by seraid | 2005-09-08 00:12 | エレメンタル ジェレイド

エレメンタルジェレイド 第ニ十一唱

第ニ十一唱 「明かされた真実」 

カオスクワイアに利用されて死んだフィロ。
その悲しみを抱え、クーたちはフィロの住んでいた村に到着する。
エディルガーデンが近づくにしたがい、レンは頻繁にイヴの声を聞き苦しみ出す。

一方、カオスクワイアは、残り時間が少ないと焦りが。
イヴの力を使い(?)大量のスティンレイドを作りだす。

活発になったカオスクワイアの動きにアークエイルも全軍を動かす用意を整える。
まずシュナーベイルの偵察隊が出されることに。

クーたちの前にカオスクワイアの3幹部が攻撃をしかけてくる。
ジルテイルをローウェンとキーアが引きうけ、アジェンナをシスカが引き受ける。
逃げるクーとレンにもオーファスが現れる。

スティンレイドを使い捨てに戦うジルテイルとアジェンナだが、スティンレイドを使い果たしシスカたちに敗北。
「使い捨てられるスティンレイドの気持ちを、あなたは考えたことがありますか?」

リアクトしたクーとレンだが、オーファスの前には歯が立たない。
リアクトが解け危機になるクー。負傷したクーをレンが庇う。
オーファスは、レンを攻撃できない。その理由は・・・
「あなたはイヴ様の後を継いで、私達の新しい女王となる御方です」

寿命の近いイヴの後継者がレン。そして、女王を守って、エディルレイドの世界を作るための組織がカオスクワイア。
カオスクワイアこそがエディルガーデンなのだった!

急展開!明かされた謎。
んー、なんかエディルガーデンまですごい遠くまで旅するのかと思ってましたが、あっさり正体も判明してしまいましたね^^;
アークエイルも動き出してカオスクワイアとの前面戦争になっていくのでしょうか。
[PR]

by seraid | 2005-09-07 23:33 | エレメンタル ジェレイド

エレメンタルジェレイド 第ニ十唱

第ニ十唱 「擬煌珠(フィロ)」 

クーとレンの固い結びつきを知ってしまったフィロ。
カオスクァイアから最後の命令が出される。クーの抹殺・・・
絶ちきれないクーへの想いとの間で苦悩するフィロ。

翌日、食べ物を取りに行ったクーとフィロ。
その帰り、巨大アリ地獄にクーが落ちるが、フィロは逃げだしてしまう。
が、フィロもアリ地獄に落ちる。それを脱出してきたクーが救う。

傷の手当てを受けるフィロにレンは言う。
「七煌宝樹なんか、なりたくなかった・・・」

紛い物の擬煌珠でなくエディルレイドならクーにも見てもらえたと思うフィロ・・・。
七煌宝樹であるからクーを危険に晒すことになると苦しむレン・・・

その夜、フィロはクーへの想いを打ち明ける。
クーがレンのことを好きだと答え、フィロはクーを叩く。
「さよなら、クーさん」

気持ちの整理のついたフィロは、正体を明かしクーを攻撃する。
しかし、やはりクーを殺せない。
その時、隠れていたグラディアスがクーを襲う。
とっさにフィロはクーを助けグラディアスと相打ちになる・・・

倒れたフィロのために謳う、クーとレン。
フィロの擬煌珠がエディルレイドの煌珠になる・・・
最後にやっと望みの叶ったフィロは笑顔を浮かべ消えていった・・・

・・・刹那過ぎる゚・(ノД`)・゚・。
敵との悲恋。使い古されたプロットですが、それゆえに巧く描けばいい話になるわけです。
フィロのエピソードは4話を費やし、フィロがクーへの想いを募らせる過程が描かれ最期に至りました。この過程がすっごく大事ですよね・・・

次回からストーリーは、最後に向けて急展開を迎えるぽいです・・・
アニメオリジナルのラストになるのでしょうか?
・・・お願いだから、東京アングラの悪夢は止めてください(笑)なんだそれ!?なエンディングは^^;
[PR]

by seraid | 2005-08-16 22:33 | エレメンタル ジェレイド

エレメンタルジェレイド 第十九唱

第十九唱 「石ころの想い」 

カオスクァイアから放たれた刺客だったフィロ。
だが、一緒の過ごすほどにクーに引かれていく・・・
カオスクァイアはクーとレンの絆を断つことをフィロに命じる。

「ここなら、ただの私でいられるかも・・・」

レンは、接近するクーとフィロにやきもき。
いままで持ったことのない気持ちに戸惑い、クーとの距離をとってしまう。

「ひとりにして・・・クーといるの、イヤ」

フィロはレンの核石を見て、エディルレイドの宝石のような石と比べて石ころのようなスティンレイドの石を羞じる。
そんなフィロにレンは、フィロの核石が綺麗と言う。思ってもいなかった言葉に喜ぶフィロ。

フィロは、レンにクーとの関係を尋ねる。
「クーも、フィロのほうがいいのかも・・・」
さびしそうに答えるレン。

ギクシャクしてるクーとレンの様子にローウェンは、レンがヤキモチを焼いてるからとクーにアドバイス。
元気を取り戻したクー。単純でわかりやすい(笑)

その夜、クーとフィロとレンをカオスクァイアの刺客が襲う。
クーはフィロでなく、レンとリアクトし、敵を退ける。

フィロが去り、二人になったクーはレンに言う。
「これからもよろしくな」
キスする二人。

それを影から見ていたフィロ・・・
「私はフィロ・・・、フィロは、石ころ・・・」
フィロの目から涙が・・・

・・・フィロの悲恋。敵との恋は悲劇に終るしかないのかな。
フィロの想いまで踏みにじるカオスクァイアってつくづく最低ですね。
[PR]

by seraid | 2005-08-16 22:03 | エレメンタル ジェレイド

エレメンタルジェレイド 第十八唱

第十八唱 「偽りの同契(リアクト)」 

再び襲ってきたマール。フィロがクーとリアクトして撃退する。
・・・リアクトというかフィロがクーを引きずっているような^^;

翌朝、フィロとリアクトしたことをレンに謝るクー。
「やきもちって何?」とレンに言われては立場がない・・・

シスカは、フィロがスティンレイドであることを詰問する。
フィロは、クーとリアクトしたかった。この地域ではスティンレイドは道具扱いされるから隠していたと言う。
クーはその言葉を信じるが、シスカたちの疑いははれない。
もしフィロの言葉が本当なら、産まれた村についたら別れるはずと言うシスカ。
フィロはシスカの言葉を盗み聞きしていた・・・

村についたフィロは一端、クーたちに別れを告げて去る。
そしてすぐに、グラディアスに連絡を取るフィロ。
フィロはエディルレイドにしてもらえると信じて協力しているが・・・
命令のためにクーに近づいたフィロだが、接するうちに本当にクーにひかれはじめいた。

別れたクーたちは、『この先デザートイーター注意』の看板で道を変える。
が、それはフィロの罠だった・・・
デザートイーターに襲われてるところを助けてクーたちに合流しようという作戦だった。
しかし、い助けるつもりで登場したはいいが、ミサイルを自分の足元に撃って自爆(爆)
逆にクーがフィロを助けだします。
「人間もスティンレイドも同じだろ?」

再びリアクトするフィロとクー。今度は息もぴったりでデザートイーターを退治する。
フィロのドジっぷりにシスカも疑いを解いて、謝ってガイド役を頼む。
・・でもタダでってとこがシスカらしい(笑)

フィロが仲間になりクーと親しくなるを見て、やきもちを感じるレン。それがどんな感情かもまだわからずに。

今回もフィロの活躍(?)が楽しかったです^^
次回もどんなことをするか楽しみですね(笑)
[PR]

by seraid | 2005-08-02 23:24 | エレメンタル ジェレイド

エレメンタルジェレイド 第十七唱

第十七唱 「波瀾の邂逅」 

心ならずも同僚のマイナを撃ってしまったシスカ。
傷心のシスカにいつものように軽口を叩くこととで気遣う(?)クーたち。
そんな一行を、ヴォルシオーネ大陸で待っていたのは、クーのファンという少女フィロと出会いだった。
以前の闘技場での戦いを見てファンになったらしいフィロ。
「世の中にはマニアックな方がいるんですね」
シスカのツッコミが(笑)

フィロが持っていたクーの写真は、空賊の手配書だったため賞金稼ぎに追われるクー(^^;
出会ってすぐトラブルに巻きこむフィロを心配だからと同行させるクーて、人がよすぎ・・・
疑いもせず、行き先がエディルガーデンだとも教えてしまう。

旅を急ぐクーたちの前に、闘技場で逃がした神官マールが現れる。
スティンレイド憑きのマールは、フィロを人質に取るが、リアクトしたクーとレンにあっさり退散させられる。クーたちのリアクトの力はずっと強くなってきた感じです。

助けてらったお礼にものすごい山盛り!のチャーハンを作るフィロ。
その美味しさに悔しがるローウェン(笑)
山盛りすぎて崩れたチャーハンの下敷きになるクー。
汚れを落すために温泉に入ることに。

レンは初めての温泉が気に入ってぷくぷく(笑)
フィロがクーの背中を流そうとして、シスカに蹴られ負傷^^;
レンはクーに薬を塗ろうとするが、フィロが着て行ってしまう。

クーはなんとかレンに追いついたところは、遺跡のような場所。
またも襲ってきたマール・・・しつこい^^;
そこに駆けつけたフィロが、クーに飛びつくと、リアクトしてしまった!?

レンにライバル登場?(違)って感じで楽しめました^^
・・・マールって誰だっけ?と一瞬思ったのは内緒です(笑) 影薄いし。
フィロがなにものなのかとか次回明かされるのでしょうか・・・というかバレバレな気も^^;
[PR]

by seraid | 2005-08-02 22:53 | エレメンタル ジェレイド