カテゴリ:D.Gray-man( 3 )

D.Gray-man 第12話 「そして街に雪が降り…」

第12話 「そして街に雪が降り…」

生きていれば、傷は癒える――。

ミランダはイノセンスに目覚めた。
止められた街の時間は、再び動きだし…。
ミランダは新しい道を歩きだす。

ミランダ編完結&ラビ君登場! …ってかミランダ顔つきまで別人(笑)
イノセンス使用前、使用後みたいな(^^;

ミランダの時間を戻すイノセンスで復活したアレン&リナリーは反撃にうつる。
でもイノセンスの範囲から外れると傷が戻るので、アレンとリナリーは交互にミランダのとこに戻って傷を治す。

そのことを見ぬいたロードは、アクマに自爆を命じる。
千年伯爵からアレンがアクマの魂を救うために戦っていることを聞いていたロード。
それでアレンに興味をもって遊びにでてきたようです。
アクマは自爆すれば、魂のダークマターは消滅――魂を救うことはできなくなる。

アレンは、魂を救うために飛び出すが、リナリーが止める。
助けを叫びながら消えていくアクマの魂…。
アレンは、なぜ止めたリナリーを怒るが。

「仲間だからに決まってるでしょ!」
答えてリナリーはアレンの頬を叩く。

その間に風のアクマがミランダを狙うが、リナリーがこれを撃破。
アクマも失い、アレンとの遊びにも満足したロードは『どこでも扉(笑)』で撤収しようとする。
アレンはロードに対アクマ武器の銃を向けるが撃てない。
ロードはアクマではない。人間だから……。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-19 23:07 | D.Gray-man

D.Gray-man 第11話「ミランダ・ロットーの思い」

第11話 「ミランダ・ロットーの思い」

どうせ何もできないのに、やらなきゃいいのにね――。

何をしても上手くできなかったミランダ。
それでも諦めないでやり通そうとしてきた…
ミランダの思いが、イノセンスを発動させる!

ロードに囚われたアレンたち。
神に選ばれた本当の使徒、ノアの一族を名乗るロード。
人間なのにアクマの側につくロードが理解できないアレン。

怒りからアレンは、腕を縫いつけた杭を無理やり引き抜く…
同じ人間なのに、どうして?と問うアレンにロードは言う。
「同じ? それはちょっと違うなぁ。
 僕らはさぁ、人類最古の使徒・ノアの遺伝子を受け継ぐ、超人』なんだよねぇ。
 同じじゃないよ、お前らヘボい人間とは違うんだよぉ!!」

ロードは自らアレンの左手の攻撃を受けて、再生してみせる。
キャンドルを変化させたダーツでアレンの左目を貫く…
人を傷つけることも、人の世界を壊すことも、なんとも思わないロード。
「神だってこの世界の終焉(デス)を望んでる。
 だから、千年公と僕らにアクマを与えてくれたんだしぃ」

ロードの言葉に対アクマ武器を向けるアレン。
「そんなの神じゃない…それは、神なんかじゃない!!」

3体のアクマがアレンを襲い、ロードはミランダを狙う。
ミランダの攻撃を替わりに受けるアレン…。
「死なないで、アレンくん」
傷ついても自分を守って倒れたアレンに、ミランダは逃げることなくアクマからアレンを守ろうとする。 

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-13 00:00 | D.Gray-man

D.Gray-man 第10話「不幸な女のイノセンス」

第10話 「不幸な女のイノセンス」

「明日なんか来なくていい――」
同じ日を繰り返しつづける街。
その原因を作ったのは不幸な女の一言だった――。

小さいころから何をしても失敗していたミランダは仕事でも失敗ばかり。
その日…10月28日についに100回目の失業をした。

ミランダの心を慰めるのは、自分と同じように役に立たないと捨てられた時計だけ。
時計はイノセンスで、ミランダにしか触れられない。
そして、ただのミランダの愚痴を叶え、街の時間を10月28日に固定してしまったのだ。

アレンとリナリーは、ミランダが前向きに生きれるようになれば時計の力もなくなると考える。
そこでいろいろと職を探したすえ、ようやくサーカスのバイトにありつく。

アレンもいっしょに大道芸をする。子供のころ旅芸人だったマナから仕込まれたらしい。
リナリーは、子供のころ両親をアクマに殺され、イノセンスの適合者とわかり教団に連れていかれた。
適合者として教団から出ることもできない…そんなリナリーのため兄コムイは、科学班室長となって教団に入ってくれた。
だから、リナリーはコムイのためにもアクマとも戦える。

二人の辛い過去を聞き、ミランダも不幸なのは自分だけではないと知る。
しかし、ミランダの不幸は続く…。売上金をスリに盗られる。

アレンとリナリーはスリの後を追うが、スリはアクマだった!

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-05 22:34 | D.Gray-man