カテゴリ:BLOOD+( 15 )

BLOOD+ 第50話 「ナンクルナイサ」(最終話)

第50話 「ナンクルナイサ」(最終話) 

ディーヴァとの戦いに終止符を打った小夜。 
遺されたディーヴァの子に刃をむける―― 
はるか過去からの長き旅路の結末は・・・ 

とうとう最終回です。50話粛々と1年積み上げてきた答えがここに・・・

沖縄の青い空の下から始まった小夜たちの長い旅。
それは無くした過去への旅でもあった・・・
旅は世界各地を巡り・・・。幾多の出会い。幾多の戦い。
そして、幾多の犠牲・・・

小夜はついに妹ディーヴァも手にかけた。全てを終らせるために。

ディーヴァの死によって翼手たちは沈静化する。
デビットは、合衆国がオプションD・・・全ての殲滅を発動したことを生きていたヴァンから聞き出す。

客席から小夜が決めた結末を見届けるようとするジョエル。それが初代から引き継いだ役目か。
これ以上、自分たちの血の力が戦いの道具にされないためディーヴァの遺児に刀をむける小夜。生きていてはいけない・・・
カイがそれを止める。小夜たち生きていく場所くらい守ってやると。

あくまでも小夜に従おうとするハジにカイの怒りが炸裂。自分の言葉で本音を言ってみろ!小夜を愛してるなら・・・
カイの言葉についにハジも本心を吐露する。
ただ出会ったころ小夜の笑顔をもう一度見たかった・・・そのために長い年月を従ってきた。
沖縄で再会した時、望んでいた笑顔が見れた。それはカイと家族が与えたもの。

「小夜・・・、あなたのシュバリエとして、あなたの望みのまま生きてきました。
けれど・・・、あなたに叛きます。だた一度・・・
生きて、生きてください。明日のために、今日を生きて。
もうあなたが、戦うことはないのです」

「生きたい・・・」
万感の想いをこめてキスする小夜とハジ。
カイはそれを見守る・・・ジョエルたちも・・・。

カイやみんなといっしょに生きたいという小夜にカイは言う。

「今日を生きて、明日を笑うんだ。
明日を向いて一生懸命生きてればなんとかなるさ。 ナンクルナイサ!」

その時、デビットによってオプションD(爆撃)が告げられる・・・

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-23 20:03 | BLOOD+

BLOOD+ Episode-49 「二人の女王 」

第49話 「二人の女王 」 

少夜とディーヴァ、対峙する二人の女王。 
ながき血の宿縁の決着をつける刻――。
 
セミファイナル(違)いよいよもうあとがない(^^;
二人のディーヴァ、二人のシュヴリエの決戦となります・・・

「もうお終いだ・・・」
計画が狂って合衆国内での翼手の出現に見捨てられるヴァン。
いままで自分だけは安全だという立場からの転落・・・
1年間ありがとうヴァン(笑) 退場かな?

翼手があふれる狂乱のなか、対決する少夜とディーヴァ。
自分を家族としてくれた人たちと生きた少夜。
家族もなく翼手のなかで生きるしかなかったディーヴァ。
どこまでも平行線な二人の立場。
ディーヴァは本来の姿となり少夜と激しく戦う・・・

シュヴァリエの二人も戦場を雷鳴轟く摩天楼上空へとうつす。
口からエネルギー弾を吐くアンシェルに爪だけのハジは苦戦・・・
ディーヴァを花嫁にできる立場だったハジを憎んでいたと告白するアンシェル。
・・・最後のシュヴァリエにしては小さい理由ですね(‐_‐;)
ハジは片翼を失いながらもアンシェルに取りつき、もろともに急降下。
その先には、エンパイヤーステートビルの尖塔が。
尖塔に串坐しにされたアンシェル。落雷がシュヴリエを焼き尽くす・・・
アンシェルとの因縁に決着をつけたハジは、小夜のもとに向かう。
小夜に加勢しようとするハジをネイサンが止める。二人の女王の決着を見守るシュヴリエだち・・・

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-16 20:00 | BLOOD+

BLOOD+ Episode-48「摩天楼オペラ」

第48話 「摩天楼オペラ」 

響き渡るデゥーヴァの歌声。 
新たなる世界のはじまりの終わり、
古き世界の終わりのはじまり。
小夜とディーヴァの最後の戦いが、はじまる・・・ 

いよいよ最終ステージ。物語の都合で生かされてきたキャラの運命も危なくなってきました(^^; もはやレギュラーの生き残り属性もなくなりますね。。。

NYのオペラハウスで待機する小夜と赤い盾のメンバー。
しかし、休眠期の迫った小夜の憔悴は著しい・・・
小夜はそんな体を押して最後の戦いに赴く。血の宿命をすべて終わらせるために。
覚悟を秘めた小夜は、”赤い鍵”を置かれていたカイのジャケットに忍ばせる。

舞台を前にアンシェルに、自分が先代のディーヴァらしきことをほのめかすネイサン。

小夜の衰弱を気遣うカイだが、人でしかない力なき自分の代わりに小夜を守ってくれとハジに頼む。
小夜との約束―戦いの後に殺して―のことで複雑な思いのハジ。

ディーヴァが到着。別れ際に、デヴィットは小夜に声をかける。
君は翼手に対する唯一の武器、だが、それ以上に大事な仲間だと。

戦いに赴く小夜は、すれ違うとき思わずカイの手をとるが、何も言葉にならず・・・
ハジを伴い立ち去ろうとする。
「・・・それを、あなたが望むなら」
ハジの言葉に足を止めるが、小夜はそのまま歩きさる・・・

ステージに上がる直前のディーバに、刀を抜き襲いかかる小夜とハジだが。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-09 19:57 | BLOOD+

BLOOD+ Episode-47 「全ての血を超えて」

第47話  「全ての血を超えて」  

血に縛られ、血に抗い、血に導かれ、血を超えて・・・
血を巡る因縁は、さらなる血を求める。

ふたたび、休眠の周期が近づいた小夜。
自身の『血』の決着をつけること決意する小夜は、ハジとの約束のことをカイには伝えない。ディーヴァを倒し、自らの血も消すことを・・・

「カイが生きていく明日は、私には眩しすぎる・・・」
小夜にはもうハジに『戦って・・・』と言って請うことしかできない。

小夜は思いを秘め、爆弾取り付けに出かけるカイを送り出す。
岡村はカメラを真央に預け、ジュリアもデヴィッドを送り出す。

作戦は衛星アンテナに爆弾をしかけること。ディーバの歌を止められなかったための次善の作戦なのだが・・・

作戦に向かう船上、各々の気持ちを語るデヴィッドたち。
ベトナムの小夜の写真を父が撮ったことを語る岡村。その後、父はカメラマンを辞めた・・・
真実を知ったものは、何もしないか何か行動することになると。岡村は行動を選んだ・・・
デヴィットは、父が小夜をジョージを託したことを知りたくて生きてきた。
カイは、父とも小夜とも血は繋がっていない。自分の意思で選んだと言う。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-02 19:51 | BLOOD+

BLOOD+ Episode46「あした天気になあれ」

第46話 「あした天気になあれ」 

すべてを終わらせたら・・・ 
小夜とハジの遠いむかしに交わした約束。 
せまる決着のとき。そこに待つのは・・・ 

アンシェルと合衆国の企む陰謀。
翼手という敵を作りだし、そして自らが救世主として敵を倒す。
敵対する国を名指しして、戦争をしかけてきたのと繰り返されてきた手段・・・

支給品として翼手になる食品が世界に巻かれていた。
その数は世界人口の3%。 1/30万人の確率・・・
しかし、ディーヴァの歌でそれは、1/30人になる。
衛星を通じてディーヴァの歌が流されたとき世界は・・・

ディーヴァは次世代となる双子を生んでいた。
小夜にすべてをささげているとソロモンはディーヴァに戦いを挑むが敗北。
・・・まった勝負になりません。ソロモン、はじめてカワイソウに思えた;;

真央のお節介(?)で出かけた小夜とカイ。
カイは、戦いが終わったらいっしょに沖縄に帰ろうと語る。
それを聞いて涙する小夜・・・

小夜は遠いむかし、ハジと約束を交わしていた。
「すべてを終わらせたら・・・あなたの手で私を殺して。
 あなたしかいないの・・・」

来ることのない明日(みらい)。
「カイ、明日も晴れるかな・・・」
小夜はそう答えた・・・

・・・いよいよと言うかやっと?物語も最終コーナーをまがった感じな今回でした。
ディーヴァの最終計画も明かされ、小夜とハジの約束もやっと明かされて^^;
もうあとは決戦になだれこんでいくんでしょうか?

次回 第47話「全ての血を超えて」 ソロモンもいよいよ・・・?
[PR]

by seraid | 2006-08-26 19:49 | BLOOD+

BLOOD+ Episode-45「手のひらを太陽に」

Episode-45 「手のひらを太陽に」 

太陽に焼かれながら・・・
希望を信じて旅してきた二人。
かれらは、何かをやりとげられたのか?
モーゼスとカルマン、二人の旅の終わり・・・

ディーヴァの血であればカルマンを救える。
ジェイムズの言葉に一縷の望みを託すモーゼス。
カルマンを救うために、カイの命を狙う。

だが、ジェイムズの話は偽りで、カイを『シフ』を使って抹殺するためだった。
ディーヴァに拒絶されたのは、『シフ』の体を使って再生したため。
狂気につかれたジェイムズは、さらなる絶望を与えるためカルマンには真実を告げに来る。
・・・芸術家と狂気は紙一重っていうか、もう最悪のストーカー・・・

カイはモーゼスの追撃をかわし公園に逃げる。
しかし、カルマンを想うモーゼスは太陽をものともせず追いすがる。
カイは、モーゼスのフードを跳ね除けて反撃。
太陽に顔を焼かれるモーゼスを日陰に逃すカイ。
モーゼスは、それでもカイの命を狙う・・・そして、その刃がカイに。
その前に飛び出したカルマンが、刃に貫かれる・・・
太陽に焼かれる危険をおかし、カルマンは助かる方法がないことを伝える。
覚悟を決めたカルマンとモーゼスは形見の武器を残し去る。

『希望という言葉を信じてみたい!』
モーゼスの言葉から始まった『シフ』たちの旅・・・
やれることはやった。出会えてよかった。
沈む太陽に全身をさらすモーゼスとカルマン。
二人の体は炎に包まれ消えていった・・・

・・・なにもモーゼスまでいっしょに消えなくても・゚・(´Д⊂ヽ・゚・
これでシフ関連のエピソードは終わってディーヴァとの戦いに入っていくんでしょうか。

次回は 第46話『あした天気になれ』 小夜とサジの交わした過去の約束のことかな。
サブタイがまたも歌詞から取ってる?
[PR]

by seraid | 2006-08-19 20:46 | BLOOD+

BLOOD+ Episode-44 光の中に

Episode-44 「光の中に」 

明日なき宿命。それでも夢を見る・・・ 儚きものたち・・・

今回はシフたちに焦点があてられる。残り6話。いよいよキャラの淘汰開始のようですが・・・

ディーバの子供にしてリクの子供について会話する小夜たち。
戦いの決意を固める小夜。
『シフ』のルルゥが来てTVを夢中で見ている。その姿はまるで普通の子供。

カイとイレーヌと絆がきっかけとなり、『シフ』たちは奪う生活から解放された。
しかし、残る『シフ』はもう3人だけ。イレーヌももういない・・・
人との共存を考えるモーゼスに反発するカルマン。
その体には死の兆ソーンが・・・

カルマンは再び吸血を行おうとするが、その脳裏に死んでいったイレーヌたちの姿がよぎり思いとどまる。

カルマンの去ったあとモーゼスの前にジェームズが現れる。
シフの体を使って復活したジェームスは、ソーンを治す方法があると言う。
助かりたければいっしょに来いと。

仲間を助けたいモーゼスは動揺する・・・

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-08-12 21:42 | BLOOD+

BLOOD+ Episode-43

Episode-43 「 こころ乱れて」 

BLOOD+も残り7回。
終局に向けて各キャラの運命の糸の絡まりにも答えが出るときが近づいてきたようです・・・
4クールの長丁場で張られてきた人間模様。長期シリーズの醍醐味ですね(笑)
はたして、どのカップリングがゴールできるのか?(笑) いや、だれが生きてラストを迎えるかの方が問題ですよね^^;

前回倒れたデヴィットは病院に運ばれる。さすが不死身の男です(^^; ラストまで生きてそうな(笑)
手術後眠るデヴィットにキスするジュリア。 デヴィット寝たふりしてる気がしますけど(笑)

小夜に一途なカイ。それでも見守る真央が健気で強いね。このカップリングは残ってほしい・・・

で、今回のメイン! 小夜を巡るソロモン VS ハジ の男の戦い(笑)

すべてを捨て兄たちと敵対しても小夜に全てを捧げると言うソロモン。
…ていうか、ソロモンには声を大にして言いたい。恥ずかしいセリフ禁止!(笑)
恥ずかしいし、なんか信用できないよね(^^;
ソロモンの情熱にほだされる小夜。そこにハジが舞い降りる!

明日のない、過去しかないハジには小夜を幸せにできないと言うソロモン。

「小夜は渡さない。 今、この時を、一瞬一瞬、私は小夜に捧げている。 それは過去から変わりはしない・・・」

静かなる決意とともにハジは、ソロモンに戦いを挑むが、勝ち目は無さそうにみえる・・・
だが、二人の戦いを見ていた小夜が、ベランダから落ちてしまう。
小夜を助けるためハジは封じてきた翼手の力を解放。その背に翼を出し小夜を助けだす。
『動物園』脱出した昔。翼手の姿に怯えた小夜のために封じてきた力。
ふたたび翼手の力を使ったことをわびるハジ。

その想いに小夜はハジとともに去る。
その背にソロモンが忌まわしい事実を告げる。
ディーヴァとリクの子供のことを・・・

ハジってホントに小夜に忠実ですね。怯えさせないために長い年月ずっと力を封じて戦ってきたのか。 ・・・なんかマテと言われて待つイヌを想像してしまった(笑)
ソロモンはフラれたからって、リクの子供のことを言うところとか、やっぱり何か企んでる気がするのは気のせい?^^; 顔がいいと信用できないと言う法則(笑)
[PR]

by seraid | 2006-08-05 21:40 | BLOOD+

BLOOD+ Episode23

Episode23 「ふたりのシュヴァリエ」 

すべての始まりの場所、『動物園』。
小夜は、運命の半身、妹ディーバと邂逅する…
そして、リクも血の運命に囚われることに。

『動物園』で待っていたソロモン。
小夜に従うものでありながら、対立する二人のシュヴァリエ。ソロモンとハジ。
人間でない小夜が、人間の世界で生きられない。偽りの家族でなく本当の血族のもとで生きるべきだと言うソロモン。
あくまでも小夜の夢を叶えると言うハジ。

カイとリクが小夜の本性を知られても、家族でいれるのか。
揺れる小夜に、ソロモンはさらに小夜の秘密を告げる。
妹ディーバの存在。小夜は数年の活動期の後は30年も繭となって休眠してきたこと。

差し伸べられたソロモンの手をハジが阻止する。激しく戦う二人のシュヴァリエ。

小夜を探すリクは、また歌声を聞き青い薔薇の咲き誇る塔に入る…
小夜も歌声に引かれ塔に…

そこには妹ディーバと、血を吸われたリクの姿が…

・・・とうとうリクが(TT  でもリクって以前から小夜の力に反応してたから…。本性が出てくるとかって展開になるのかな。
カイは、ジュルジュの日記の内容を知り、小夜に対して恐れをいだいてる?
ハジはあくまでも小夜に対して健気ですね(笑) ソロモンと真っ向から戦ってカッコよかった!

次回は小夜とディーバの本格的な邂逅になるのかな。
[PR]

by seraid | 2006-03-19 09:36 | BLOOD+

BLOOD+ Episode13

Episode13 「ジャングル・パラダイス」 

年末年始を挟んで、いいところで止まっていたベトナム編クライマックス!

翼手と化し襲いくる子供たち。
どうしても戦えない小夜。
次々と倒れる兵士たち。
血と叫喚が小夜を再び暴走させる。
またも敵味方なく殺戮する小夜。

「小夜っ!」
小夜を正気に戻したのはカイの声だった。

瀕死のクララが小夜にあとを託す。
「あんただけが、わたしたちの明日を守れるだよ・・・
あんただけしかできないんだよ・・・」
翼手化した子供たちとともに自爆するクララ。

クララの言葉に戦いを決意する小夜。
小夜の前に翼手の本性を表したちふさがるカール。

「私が、私でなくなっていまったとしても、絶対にっ!」
小夜の刀に石化した方足を切り捨て逃走するカール・・・

デヴィッドはヘリに飛ぶうつり追跡するが撃墜されてしまう・・・。
・・・デヴィッドさん不死身^^; 生きてるし・・・

戦いのあとデヴィッドにくってかかるカイ。
「今日からオレがあいつを守るっ!」

翼手化が進行してリクのこともわからなくなったヌイ・・・。
ヌイの姿になんでこんなことになったのか、なぜ小夜が戦わねばならないか問うリク。
小夜に隠しごとはしないで、手伝うからと言うリク。

「おまえ一人で背負うなよ・・・。オレたち家族だろ?」
カイの言葉に涙のでる小夜。

ベトナム編は今回で終了、次回はまた日本みたいです。最後の休息?みたいな話かな。
今回のラストで改めて小夜とリク、カイの強い絆が感じられました。
血は繋がっていなくても3人は『家族』なんですね。
想い合う存在が挫けそうな小夜の心を支えていると・・・
[PR]

by seraid | 2006-01-07 19:22 | BLOOD+