カテゴリ:はぴねす!( 1 )

はぴねす! 第10話「過去」

第10話 「過去」

魔法を嫌うよになった雄真の過去。
伊吹が『式守の秘宝』に固執する理由が明かされます…
シリアスモードでぜんぜんハピネスじゃない(^^;

春姫と伊吹の戦いを止めるため放った雄真の魔法が暴走。
そのせいで幽体離脱を起こしてしまった、すもも。
病院でも匙を投げられた時、御薙先生が駆けつけて応急処置を施す。

ショックを与えないために、すももが一番安心できる彼女の部屋に搬送することに。
すももが重態になったのは、雄真の強すぎる魔法をあびたせい。
雄真は魔法が使えないのでなく、使わない。
才能だけなら日本でも有数と語る御薙先生。

初めて聞く雄真の魔法のことを春姫は聞こうとするが、御薙先生の口は重い。
音羽が、春姫たちになら話してもいいのではと変りに話しはじめる。
「雄真くんは、私の実の子供じゃないの」と。

雄真の実の母は自分と名乗りでる御薙先生。
御薙先生…鈴璃の魔法の才を引いた雄真は、子供のころから強い魔力をもっていた。
制御もできない子供には強すぎると魔法をとめていたが、雄真は母の使う魔法を憶えてしまった。

そして、ある日。
公園で男の子たちを魔法で持ち上げ、その後、魔法が暴走して公園の木も持ち上げてしまった。
幸い男の子たちに怪我はなかったが、親や公園管理者から苦情が殺到した…。

その事件こそ、春姫が初めて魔法を見ることになった事件だった。
春姫は、雄真が自分のために魔法を使ったことを話す。
その時から魔法使いになろうと決めたことも。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-12-10 20:51 | はぴねす!