カテゴリ:ツバサ・クロニクル(第2期)( 11 )

ツバサ・クロニクル(第2期)第26話「明日へのツバサ」(完)

第26話 「明日へのツバサ」(完) 
 
私と一緒に旅をしようよ――。 
 
サクラと旅することを願ったカオス。なぜなら、彼の正体は――。
アニメ版ツバサ、全52話ここに完結です(?) 
やっと原作が最終章に入ったとこなのでしかたないですが……ちょっと無責任な終らせ方じゃ? 
もう終りだし、やや原作のネタバレでいきます(笑) 
 
暴走して自らの国も城も破壊するカオス。すべてはサクラへの思いが暴走して歯止めが利かなくなったため…
自分を囮にしてサクラの救出を黒鋼とファイに頼む小狼。
巨鳥・玄鶴と化したカオスに挑みます。モコナは小狼のおとも。

一方、異世界の飛王は、次元の魔女・侑子に奪われたサクラたちの旅のコントールを取り戻すため戦いに介入する。
飛王――飛王『リード』の望みはサクラに旅をつづかせること。それが自らの目的を叶えるから…
そのために、黒鋼とファイがサクラの旅に関わるようにも仕向け…
『小狼』を用意した…。ようやく時は満ち、『小狼』は覚醒しよとしていた――。
飛王の手先と戦いに入る黒鋼とファイ。

小狼はカオスの強大な力に苦戦する……。
カオスにとってもこの戦いは本意ではなかった。
サクラの心の中で、カオスは己の正体を明かし、自分を止めてくれるように願う。
願いを知ったサクラは、光りの囲いを自ら破る。
サクラを助けた小狼。暴走するカオスは二人を攻撃する。
「姫、俺を信じてください」
サクラの意を受けた小狼はカオスに向かいます。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-11-06 21:26 | ツバサ・クロニクル(第2期)

ツバサ・クロニクル(第2期) 第24話 「決意のナカマ」

第24話  「決意のナカマ」  
 
試される小狼とサクラの想い。 
小狼の旅する理由――。 
 
ファイと黒鋼を倒したカオスに挑む小狼だが… 
サクラと旅する意味はあるのか?とカオスに言われ動揺する。
神に等しいというカオスの神仙の力に、小狼も倒れる……
カオスの力に源、それは大量のサクラの羽根でできた翼をもっていたことだった。
カオスはサクラを愛していると旅に誘うが、サクラは拒否!
サクラの意思を奪い次元を超えて行こうとするカオス。最低だ…
だが、サクラの小狼への気持ちは変えられない。サクラの頬に伝わる涙。。
カオスは一端サクラを連れ城に向かう。

次元を超えるカオスの力を知った飛王は、彼の正体を見ぬく?
 
サクラを取り戻そうと動きだす黒鋼とファイだが、小狼は迷っていた。
自分より強い力のあるカオスの方が、サクラの羽根を探す旅の仲間にいいのではないか?
そんな小狼にファイは問う。
サクラの羽根を取り戻すためにだけ旅してきたの?
大切なことは、自分にとってサクラをどう想っているのかじゃないのか……。
ファイの言葉に小狼は、これまでの旅のことを思う。
サクラとともに旅してきたことを…。
黒鋼は、侑子に願い対価にした『銀竜』を借りようとするが断られる。
信じる気持ちを仲間に託せと侑子は助言。
小狼は考えた末、サクラと行くことを決める。
「俺、サクラ姫を迎えに行きます。姫のためでなく俺自身のために」

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-10-22 21:24 | ツバサ・クロニクル(第2期)

ツバサ・クロニクル(第2期)第23話「歪んだネガイ」

第23話 「歪んだネガイ」 
 
アニメオリジナルのタオ編その2ですが・・・
カオスの隠していた野望がサクラたちに迫ります。
 
サクラの羽根を求め豪莱山に向かった小狼たちを妖怪が襲う。
反撃する三人だったが突然の霧に覆われバラバラに・・・。その前に人影が立つ。
小狼の前には星史郎さん(眼鏡高校生ver)。ファイの前にはアシュラ王、黒鋼の前には黒鋼の父。
だが、三人はすぐこれを偽物と見破り戦闘を開始する。

一方、サクラは夢の中でカオスと約束を交わしていた。大きくなったらカオスと共に旅に出ようと。
目覚めたサクラは、カオスの案内で町にでる。町には謎の力を見極めに来た星火の姿があった・・・
カオスが案内したのは、かつて旅したクロウ国の思い出に作ったという公園(?)
サクラに約束通り共に旅に出ることを迫るカオス。
小狼たちにはそれぞれの行く別の道があるから、彼らに代わって自分が行こうと言う。
「できません」
少し考えたがサクラはカオスの提案を断る。

願いが聞きいれられなかったカオスは本性を表し、サクラを仙術で縛りつける。
小狼たちの仕向けていた妖怪を呼び戻し、追ってきた三人と対決する。・・・小狼たち、いくらなんでも速く移動しすぎ(笑)
カオスの剣技に黒鋼が破れ、魔力があっても使わないファイも魔法で敗北。
二人を簡単に倒したカオスに、小狼はだた一人で挑む!

・・・うーん、オリジナルって全2話くらいまでかな。ちょっとダレますね(^^;
東京編は・・・NHKじゃ無理だしね。OVAか別のとこで再アニメ化してくれないかな(ぉ

次回 第24話「決意のナカマ」
[PR]

by seraid | 2006-10-15 21:22 | ツバサ・クロニクル(第2期)

ツバサ・クロニクル(第2期)第22話「羽王カオス」

第22話 「羽王カオス」 
 
行いに応じて結果が生じる・・・ 
それを因と呼ぶ―― 
 
新番組ラッシュで感想遅くなりました^^;
アニメ版ツバサは、オリジナル展開のまま最終章に突入でしょうか?
舞台が中華風なのでなんとなく最遊記みたいな(笑) 
 
次元を飛ぶ(?)鳥。
それを見て何か感じる飛王。そして、侑子さんも・・・

また新しい世界に来た小狼たち。でも、そこは遙か空の上!
落ちると思われたが、不思議な力で助かる。
今度やって来たその世界はタオの国。僊力(せんりき)という力の被われた世界。
そこに住む人は能力に応じて僊力が使える。
空を飛べた小狼たちは、天僊(てんせん)と呼ばれる。

その世界でも神に等しき力を持つ神僊(しんせん)だという羽王カオスが、小狼たちに迎えをよこす。
カオスは、小狼たちが羽根を求めて次元を旅していることも知ってた。
そして、王はサクラの羽根が多数ついた羽根扇をもっていた・・・。
王の証である扇だが、カオスはこれまで旅した世界のことを話せば扇を渡していいと言う。
黒鋼は疑うが、カオスはサクラに羽根を返す。

大量の羽根でいつもよりよく寝るサクラ(笑)

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-10-08 21:28 | ツバサ・クロニクル(第2期)

ツバサ・クロニクル(第2期) 第21話「はたらくサクラ」

第21話 「はたらくサクラ」 
 
今度の羽根は売りもの! 
買いとるために小狼たちの職探しの旅がはじまる(笑) 
 
羽根を売りものにするって、なかなか面白いアイディア。
原作では賭け事に絶対勝つサクラがお金集める設定なので使えないネタですね(^^;
ゲストキャラも多く、他のCLAMP作品のキャラが出るという原作の魅力をうまく使ってます。オリジナル展開だけど、だんだん面白いものつくるようになってきました。 
 
新しくやってきた世界は、近代的な都市「ラグタイムワールド」。20世紀初めのアメリカ風?
雪ふるダウンタウンの宝石店のショウウィンドウに、ブローチにあしらわれた桜の羽根が売られいた。
店主の織葉さんに頼んで売るのを3日待ってもらうことに。
それまでに10万ユールを稼がないといけない。ユールはだいだい円と同じ・・・てかどっかで聞いた単位です?え・・・MADLAXがそんなだった気が(笑)
サクラはブローチが気にいってキレーイって見取れてます(^^; 
(・・・このやり取りのシーン、ぜんぜんあわないBGMの挿入歌・・・)

とりあえず売れそうなものをファイが売って残りを働いて稼ぐことに。
情報屋(違)の絵里衣から聞いた「おしごと紹介センター」に行く小狼たち。
治安が悪いのでサクラとモコナは留守番。

この世界は、見た目は華やかだが、なかなか職につけず不景気・・・まるで日本のよう。
職が見つからない小狼たちは、最後の手段に・・・なにする気?

留守番のモコナは、ナユタヤでの秘術が解けない羽根を監視する。
と見てる間に秘術がなくなってサクラの中に・・・。新しい記憶を思い出すサクラ。
クロウ国で桃矢と月兎とお忍びで市場に行ったときのこと。
店のおばさんに何かお願いするサクラ・・・そこで記憶は終り。

サクラもモコナと職探しに出かけます。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-10-01 21:19 | ツバサ・クロニクル(第2期)

ツバサ・クロニクル(第2期)第20話「秘術のゴクイ」

第20話 「秘術のゴクイ」 

ナユタヤとキィシムの国。 
いがみあう双つの世界。 
それは表裏一体、近くて遠い世界・・・ 

帰ってきたナユタヤ編の完結編です。
予告の通り黒幕はアレなんですが(^^;

小狼とチュニャンたちはキィシムの世界に連れていかれた。
その世界はナユタヤと裏表にあたる世界。
キィシムたちは人間の方が責めてくると警戒していた。ナユタヤと真逆。
そして、彼らをナユタヤとの戦いをあおっているのは元領主の息子ブルガル。

かつてキィシムを操ったことで怒りをかったブルガルは、こちらの世界に連れてこられた。
処刑の寸前、ブルガルの前にサクラの羽根が現れる。
羽根の力を使いブルガルは、人の魂を奪って作った宝石でキィシムたちを操り、ナユタヤに復讐しようと企んでいた。
真相を知った空太はキィシムに謝罪する。

小狼と黒鋼は、真正面からブルガルの城に乗りこむ。
秘術の鏡がないチュニャンは足手まといと置いていかれる。
チュニャンたちの隠れる橋は、ナユタヤにも同じような橋があった。
サクラたちは、鏡の力で同じナユタヤの橋からキィシムの世界に移動してくる。

キィシムたちに見つかってしまい、チュニャンは前にでる。
鏡を置いて秘術を使わず説得ででるチュニャン。
相手を信じる。それはかつてキィシムを最後に負かしたチュニャンの母と同じ。
それが、力を使わずに勝つ。秘術の極意。

小狼によってまたも倒されるブルガル。しょせんザコですね(笑)
これからは二つの世界の掛け橋になってくれとキィシムはチュニャンに望む。

友好なった二つの世界に別れを告げ小狼たちは、次の世界に・・・

・・・オリジナルでテンポよく終ったナユタヤ編でした。
どうでもいいけど、終盤ずっとBGMに挿入歌ながれてるのが違和感です(^^; あってないよ(苦笑)

次回 第21話 「はたらくサクラ」 
なぜかお金が必要でサクラが働くことに。今度は何の職業するのかな?
たよりになるガードマンは・・・だれなのか?
[PR]

by seraid | 2006-09-24 21:18 | ツバサ・クロニクル(第2期)

ツバサ・クロニクル(第2期)第19話「二度目のクナン」

第19話 「二度目のクナン」 
 
小狼たちが新たにやって来たのは、なつかしのナユタヤ国。
平和になったはずのその後のお話・・・

クロニクル(年代記)らしい、時間をおいての同じ世界のその後のお話。
原作エピソードのその後をオリジナルでするのは興味深いです。

小狼たちによって領主の圧制から解放されたナユタヤ国・・・
ふたたび訪れてみると新たな問題がおきていた。

以前の事件でも関わったキィシムの一族が、人の魂を奪って石にしているという。
キィシムが敵と思えないチュニャン。
自警団を作った空汰たちは、チュニャンを裏切り者とせめる。

チュニャンを自警団から救出した小狼たち。
モコナは羽根の反応を感じ、向かってみると倒れたキィシムが。
仲間の行動を止めようとしたが、力つきて勾玉?の姿となって休むキィシム。

チュニャンの家に到着。雨漏りする屋根を直しにでる黒鋼・・・て前ちゃんと修してなかったのも黒鋼だし(笑)
翌朝、母の形見の鏡で力をあつめるチュニャン。
以前、鏡をとりもどしてくれたサクラに感謝する。サクラは憶えてないけどね^^;

食材を買いに街に行くが、裏切り者に売るものはないと言われるチュニャン。
見かねた嵐が、チュニャンにニンジンを渡す。
モコナは、そんな嵐の内面を察し、「本当のことを言って」
苦悩していた嵐は足どめしていたと答える。その間にキィシムを捕らえるつもりだったと。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-17 21:14 | ツバサ・クロニクル(第2期)

ツバサ・クロニクル(第2期)第18話 「ケロちゃんとモコナ」

第18話 「ケロちゃんとモコナ」 

お待ちかねケロちゃんの登場やぁ~(笑)

今回はケロちゃんとモコナがお使いに行く話(?)
原作が深刻度を増してるだけに楽しい話でした(^^)

小狼たちがやって来たのは、その名もケルベ国。
その国の守護神がケロちゃんことケルベルロス。

そのケロちゃんの掘られた石版も近くで野宿することになる小狼たち。
ひとりで眠れないモコナ。文句を言いつつ傍らを空ける黒鋼をパスし、耳の息をかけるファイもパス。サクラも最近寝相悪くなったのでパス。・・・記憶の戻ってきたサクラは怪獣に戻ってきてるしね(違)
結局、小狼と寝るモコナ。ホントはみんなとくっいて寝たいけど小さいモコナではムリ。。
それでも寝れないモコナは侑子と通信。モコナのホームシックの原因はケロちゃんの石版のため。もうすぐ治るからと優しく言う侑子。・・・侑子もモコナには優しいな(笑)

その夜、不気味に発光する山。
夢で見た救世主を探して飛ぶケロちゃん。

翌朝目覚めると、モコナが巨大化・・・でなく小狼たちがちっさくなっていた。
危うくモコナに踏まれかけたところをケロちゃんが止める。

ケロちゃんは小狼たちを家に招いて起こったことを説明する。
・・・ってケロちゃんの部屋はCCサクラの時のケロちゃんの部屋そのままな感じ(笑)
原因は、またしてもサクラの羽根。サクラの羽根が落ちた山が発光し住人すべてが小人サイズになってしまった。
ケロちゃんは夢に見た救世主を待っていた。で、その救世主は・・・モコナ!!
モコナとケロちゃんはあった時から仲がいい。どっちも守護神みたいなものだしね。

小さくなり足でまといになると判断した黒鋼は、モコナとケロちゃんに山に羽根を取りに行くのを任せるが・・・

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-10 21:20 | ツバサ・クロニクル(第2期)

ツバサ・クロニクル(第2期) 第17話 「五つ目のチカイ」

第17話  「五つ目のチカイ」 

オリジナル展開にまっしぐらですか?(笑) 

次元移動に失敗してまたもレコルト国に戻ってしまった小狼たち。
もこなは異常を訴え当分移動できない(中身にきっとMSのOSが入ってるに違いない(ぉ)

本強奪犯として追われてるのですが、あんまり緊張感ない一行(^^;
記憶の本のレプリカの力で、小狼の過去を探ろうと考えるファイ。
小狼が時折見せる豹変ぶりの秘密が、本人も記憶にない過去にある・・・

だが、ふいの桜姫に呼ばれた黒鋼が、本を小狼に渡してしまう。
またも黒鋼の過去を見ることになる小狼。 ・・・黒鋼うっかりしすぎ(笑)

まだ幼い?暴れん坊の黒鋼。
黒鋼と蘇摩が激しく激突しているところに割って入る知世姫。
知世姫は城に導き、研ぎ直された『銀竜』を黒鋼に授ける。五つの誓と引き換えに・・・

一、仲間と和をもって接する。
ニ、城内で暴れない。
三、敵に対しても慈悲を忘れない。
四、誰の命も粗末に扱わない。

そして五つ目。
智世姫の祈りで、黒鋼の亡き両親が現れる。

「あなたが持つその強さは、貴方が愛する者を守るために使うよう」
厳かに告げる智世姫。

黒鋼は、智世姫と父母に誓う。それは神聖な誓・・・
銀竜を手離すことになってからも、黒鋼が決して破らない約束。

≫ 続きを読む
[PR]

by seraid | 2006-09-03 21:11 | ツバサ・クロニクル(第2期)

ツバサ・クロニクル(第2期) 第16話「望郷のカナタ」

第16話 「望郷のカナタ」 

2週間空いて前回までの展開忘れてた^^;
図書館で羽根の入った本をお持ち帰りしようとしてたんでしたね。
そして、なぜかクロウ国に?

しかし、クロウ国は無人。さらに、小狼に関するものはない世界。
そこは記憶の本が、サクラの記憶から作り出した世界だった・・・
本がある場所は、サクラの思い出深いところと推理する。

砂漠の遺跡。小狼とサクラにとってもっとも思い出深いところ。
そして、旅のはじまりの場所。
あの日、謎の一団が襲った時から長い旅がはじまった・・・
謎の敵がしていたコウモリの手甲。それが黒鋼の親の仇にもあったことに気付く小狼。
かつて神の神殿での戦かった敵も同じものをしていた。それに気付いた黒鋼は、旅を続ければ仇にたどりつくと考えるようになっていた。

本のある場所に下りた小狼と黒鋼の前に、本の守護獣が現れる。
危機になった小狼は突然、豹変して獣を退ける。
その姿はまるで別人。誰だと?と黒鋼も尋ねるほど。
・・・影で暗躍する飛王のもつ黒い小狼(?)と小狼は繋がっている?

本の奪取に成功するが、モコナの次元移動ができない。
図書館から逃げ出そうとするが、外は酸の濁流・・・
ファイが音を使ったという別系統の魔術で結界(?)を張り、なんとかモコナの次元移動発動。

そして、ついて世界は・・・。 元のレコルト国?! 移動は失敗した?

・・・東京に行かないのか(笑)

次回は、第17話「五つ目のチカイ」 知世姫の交換条件にどっきどき?
黒鋼と知世姫の過去の話になるのかな?
[PR]

by seraid | 2006-08-27 21:10 | ツバサ・クロニクル(第2期)