2005年 01月 14日 ( 3 )

魔法先生ネギま! 第2話

第2話 「Ⅱ時間目 Omne initium est difficile」 

今回も明日菜メイン。明日菜の視点で見たお話。

魔法を使うところを生徒の明日菜に見られたネギ。
正体がばれると魔法使い仮免を消されオコジョにされてしまう(謎?^^;
ネギは、明日菜の記憶を消そうとするが、消えたのはパンツ(ぉ ぜんぜん違うし・・・
それを高畑先生に見られてしまった明日菜は、ネギの正体を黙っている代わりに、高畑先生と仲良くなれるよう協力するように言う。
だが、ネギの魔法は仮免だけに使えない^^;

ネギのせいで散々な目にあった明日菜は、ネギが同室になるのを断るが。
次の日、一晩中、惚れ薬の材料・四葉のクローバーを探していたネギを許す。
もう魔法にもオマジナイにも頼らず高畑先生にアタックしようと誓うのでした。

EDとかに出てるオコジョは、罰を受けた魔法使いの姿なのか・・・
オコジョさんを思い出す(笑

人数多いから全員はムリとしても、歓迎パーティでセリフがないキャラおおすぎ。
画面では人多いのに静かなのはどうかと^^;
サブタイトルの謎の外国語は、ラテン語らしいです?読解不明なので、この先も「Ⅱ時間目」みたいにだけ表示します(ぉ

追記:ネギまの研究サイトで正式タイトルが掲載されていたので、タイトル付け加えました。ありがたいサイトさまです(感謝)

http://www2u.biglobe.ne.jp/~clown/negima/index.htm
「魔法先生ネギま!研究所」

セイムさん、情報ありがとうです^^
[PR]

by seraid | 2005-01-14 20:04 | 魔法先生ネギま!

tactics 第14話

第14話 「本を愛した女」 

久々に出番の、勘太郎の編集者レイコの話。
・・・なんだけど、本についていた妖怪にとりつかれて不幸^^;
妖怪に取り憑かれた気付いた勘太郎は調査を始めるが。
レイコについたのは、古い本についた付くも神。
いつも心から楽しそうに本を読むレイコを気にいった妖怪が、彼女を守るためについていたのだ。
その姿に、春華はつぶやく。
「人間と妖怪の間には越すに越せない隔たりがある。
だが、それを飛び越す妖怪もいるのだな・・・」

緊迫した回がつづいた後の小休止みたいなエピソード。
なんかほのぼの(笑)
[PR]

by seraid | 2005-01-14 00:26 | tactics

吟遊黙示録マイネリーベ 第10話

第10話 「濁乱」 

今回もオルフェの試練の話。
理想の国を築く希望を持つオルフェの前に、かつて同じ希望を持った男が現れる。

「目を見開いて現実を直視しろ、オルフェレウス!
これが、お前の進もうとしている世界、いや、これこそが人の世界そのものだ!
お前に覚悟はあるのか?燃え盛る炎に我が身を投じる覚悟があるのか?」

以下詳細 ≫ 
[PR]

by seraid | 2005-01-14 00:06 | 吟遊黙示録マイネリーベ