武装錬金 第14話「キミは誰だ?」

第14話「キミは誰だ?」

私はカズキに何をした!? 何をしてしまった――

100年の時を越え覚醒した、裏切りの戦士ヴィクター。
人間でもホムンクルスでもない第三の存在。
その圧倒的な力は、黒い核鉄からだった。
ヴィクターの前に倒れたカズキだったが、その核鉄に変化が…

1時間SP後半~。

2-Aの仲間を心配して教室に入ったカズキ。
中にいた岡倉たちは、自分たちは大丈夫だから先に行けと促す。

「早く行って戦って勝ってこい!!」
仲間たちの言葉に背を押され、戦いに赴く決意をするカズキ。

一方、パピヨンは最期を迎えたバタフライから裏切りの戦士の話を聞いていた。
人間もホムンクルスも超えた第三の存在だった戦士は、怪物となり錬金の戦士に追われていた。
バタフライは、錬金の知識と引き換えに、彼の体の修復を約束。
錬金の戦士から彼を守るためLXEも組織した。

100年の時間があっても彼の力の秘密は解けなかった…
「更なる高みへ飛ぼうと思うなら、少年戦士の戦いを見逃すな」
最期に子孫である蝶野に言葉を遺して逝くバタフライ。
祖先からの言葉とともに、ちゃっかり核鉄も貰って回復に当てるパピヨン。悪ですね(笑)

カズキは、生命を吸い取る元凶がいる屋上に、天井をランスでぶちぬいて到着。
まだフラスコにいる戦士ヴィクターに全力で!ランスの一撃をみまう!
砕け散るフラスコ…。が、ヴィクターにはぜんぜん刺さってない!!
ヴィクターはついに目覚めてしまう。



人間からエネルギーを吸うのを止めろと言われるが、ヴィクターにとってそれは空気を吸うのと同じ。
止めるには殺すしかない!

カズキと斗貴子は全力でヴィクターに挑むが、まったく歯がたたない。
核鉄の力を限界まで引き出したカズキの攻撃が、ようやくヴィクターにダメージを与える。

だが、ヴィクターは『黒い核鉄』を発動させる。
その圧倒的な力の前にランスを砕かれ、カズキの命である核鉄もひび割られてしまう。
血の海に沈んだカズキに慟哭する斗貴子。

「戦士になった者にとって戦いの果ての死は、当然の覚悟のはず」
カズキは自分が巻き込んだだけと慟哭する斗貴子に、カズキとともに葬ると迫るヴィクター。

その時、カズキがひび割れた核鉄を握り締め、戦う!戦う!と連呼して叫ぶ。
その叫びに答えるように核鉄が砕け、中からヴィクターのものと同じ『黒い核鉄』が!
そしてカズキの肌の色や髪の色も変貌を遂げる。その姿はまるでヴィクターのよう…

「逝くのはお前一人だ、ヴィクター!!」
叫ぶカズキにヴィクターは言う。
「そうか…。君は、俺と同じ黒い核鉄を命に替えた者だったのか」と。

変貌したカズキの姿に、斗貴子は自問する。

『二ヶ月前、私はカズキに何をした!? 何をしてしまった…!?』

えぇー。ここで続くですか…(^^;
せっかく2話連続なのにここで続いたら生殺しです~
変身したカズキも人間を辞めてしまったのか?
気になる続きは2週間後です…待ち遠しい……

次回 第15話「中間の存在」


----------------------------------------------------------------------------------------------
※FC2からTBできないサイト様には、このミラーからTBしています。

TBは ↓ にお願いします(^^)  

トラックバックURL  http://seraraku.blog58.fc2.com/tb.php/345-8987fad7

  (記事URL  http://seraraku.blog58.fc2.com/blog-entry-345.html
[PR]

by seraid | 2006-12-28 18:57 | 武装錬金

<< ヒロイック・エイジ 第7話「契約」 武装錬金 第13話「死の胎動」 >>