D.Gray-man 第11話「ミランダ・ロットーの思い」

第11話 「ミランダ・ロットーの思い」

どうせ何もできないのに、やらなきゃいいのにね――。

何をしても上手くできなかったミランダ。
それでも諦めないでやり通そうとしてきた…
ミランダの思いが、イノセンスを発動させる!

ロードに囚われたアレンたち。
神に選ばれた本当の使徒、ノアの一族を名乗るロード。
人間なのにアクマの側につくロードが理解できないアレン。

怒りからアレンは、腕を縫いつけた杭を無理やり引き抜く…
同じ人間なのに、どうして?と問うアレンにロードは言う。
「同じ? それはちょっと違うなぁ。
 僕らはさぁ、人類最古の使徒・ノアの遺伝子を受け継ぐ、超人』なんだよねぇ。
 同じじゃないよ、お前らヘボい人間とは違うんだよぉ!!」

ロードは自らアレンの左手の攻撃を受けて、再生してみせる。
キャンドルを変化させたダーツでアレンの左目を貫く…
人を傷つけることも、人の世界を壊すことも、なんとも思わないロード。
「神だってこの世界の終焉(デス)を望んでる。
 だから、千年公と僕らにアクマを与えてくれたんだしぃ」

ロードの言葉に対アクマ武器を向けるアレン。
「そんなの神じゃない…それは、神なんかじゃない!!」

3体のアクマがアレンを襲い、ロードはミランダを狙う。
ミランダの攻撃を替わりに受けるアレン…。
「死なないで、アレンくん」
傷ついても自分を守って倒れたアレンに、ミランダは逃げることなくアクマからアレンを守ろうとする。 



ありがとうといわれたことがないミランダ。
何をやってもうまくいかない、誰の役にも立たない。
わたしが本当にダメなところは――。
何をやっても上手にできないのに、やろうとするところ。
もうやらないと決めたくせに、またやろうとするところ。
どうせ何もできないのに、やらなきゃいいのにね…。

ロードの攻撃が二人を襲う――その時、時計が反応。
ミランダの思いに答え、時計のイノセンスが発動!
時間が戻され、アレンの傷もリセットされていく。
リナリーも夢のダメージを戻される。

あらゆるもの時間を戻す。それがミランダのイノセンスの力!
ミランダのイノセンスに助けられたこと感謝するアレンとリナリー。
「ありがとう。ミランダさん」
「ありがとう。ミランダ」
はじめて人に感謝されたミランダ。

傷も治り反撃を開始する二人。
円舞『霧風』! リナリーの足技が華麗に舞う。
ロードの趣味でドレスにされてるのでスカートが翻り、カッコイイです。

「行ってきます」
ミランダに言ってアレンも戦いに向かう。
対アクマ武器の接近射撃でアクマを撃破!

残るロードに対決を挑むアレンとリナリー。
「ロード、勝負だっ!!」

ミランダ編は今回で終りじゃなかったのね^^;
諦めなかったミランダの気持ちが、イノセンスの奇跡の力を発動させた。
ミランダはぜんぜんダメじゃないです。上手くできなくても、諦めず続けることが大事です^^
アレンとリナリーにありがとうと言われたことが、ミランダを変えていくでしょう。

次回 第12話「そして街に雪が降り…」

いよいよミランダ編完結かな? 


----------------------------------------------------------------------------------------------
TBは ↓ にお願いします(^^)

トラックバックURL  http://seraraku.blog58.fc2.com/tb.php/300-da63a3b7

  (記事URL  http://seraraku.blog58.fc2.com/blog-entry-300.html )
[PR]

by seraid | 2006-12-13 00:00 | D.Gray-man

<< 武装錬金 第11話「死が二人を... らぶドル Lovely Ido... >>