地獄少女 二籠 第10話「曽根アンナの濡れた休日」

第10話 「曽根アンナの濡れた休日」

たまには骨休みも必要よ――
と、あいが言ったとおり骨女の骨休みな休日?
千葉繁演じる無責任な映画監督との日々。
もう千葉さんが出るのを前提で作ったとしか思えない(笑)

ベルリン映画祭監督を名乗る根来哲郎と骨女が知り合ったのは1年ほど前。
『曽根アンナ』と芸名をつけられるが、脱ぐシーンがあるので骨女も出演を見合わせる。
だって骨だしね(^^;

その半年後、再会するが、根来の側にいるのは、妻・歌江でなく雪村久美子いう女で。
だめだめなのに妙に放っておけない根来はモテるのか?
骨女は久美子と気が合って遊びに行くようになる。
でも、元妻の歌江が来てしまい、根来は逃げ出すし^^;

そのまま出ていった根来は、今度は女子学生の横山ルイのところに居ついた。
骨女は歌江と久美子といっしょに説得に行くが、根来の才能を信じるルイに逆に言いくるめられる。

そんなルイだったけど、貸した300万を競馬でスッた根来に愛想をつかす。
で、根来は久美子の部屋に戻ってきます…なんてせっそうのない(^^;
それでも久美子は根来を許してしまう。

根来繋がりで変な友情で結ばれた骨女、歌江と久美子。
三人は根来と温泉へ行くことになる。
サービスエリアで駐車してる車に傷をつけてるが、根来は無責任に逃げ出す。

その夜、骨女は依頼が入った呼ばれる。
その流す相手が、根来だった。



地獄流しになる根来は、女を泣かしてばかりだったしと運命を認めるが。
依頼人は男。 根来が当て逃げした車の持ち主。
根来からコーヒーまでかけられて藁人形の糸切っちゃうし、何てアホらしいことで(^^;

お仕置きは、根来監督の映画です。
どっかで見たような映画のパロディばかり(笑)
モノクロ映像、字幕であいが『いっぺん死んでみる?』で地獄流しです(爆)

帰らない根来を待つ歌江と久美子。
骨女のことは忘れてしまう。記憶を消して去る骨女は哀愁が漂います…

異色作でしたね。全編B級なドラマみたいでした(笑)
当て逃げされた顔もでない依頼人の名前は、『豊田八六』…どっかの豆腐屋の走り屋ですか?(笑)
ギャク展開でしたけど映像は力入っててGJでした^^ 

次回 第11話「遠い隣室」


----------------------------------------------------------------------------------------------
TBは ↓ にお願いします(^^)

トラックバックURL  http://seraraku.blog58.fc2.com/tb.php/296-17112089

  (記事URL  http://seraraku.blog58.fc2.com/blog-entry-296.html
[PR]

by seraid | 2006-12-11 23:51 | 地獄少女 二籠

<< ギャラクシーエンジェる~ん 第... 乙女はお姉さまに恋してる 第1... >>