武装錬金 第10話「君と俺は相性がいい」

第10話 「君と俺は相性がいい」

早坂姉弟との対決編。
ホムンクルスの信奉者とまでなって姉弟が求めたものは…。

良き先輩と思っていた早坂姉弟が敵だったことに愕然となるカズキ。
カズキたちが錬金の戦士と知った早坂姉弟は、カズキたちに兆戦する。
秋水との戦いに躊躇うカズキに斗貴子は言い放つ。
「ヤル気のない戦士の力などたかが知れている…」

迷いつつもカズキは秋水との戦いにはいる。
秋水の武装錬金は日本刀『ソードサムライX』。
その能力はエネルギー系の攻撃を受け流す。カズキの槍に対し相性のいい武器。
戦いは純粋に刀と槍の戦いとなる。
技に長ける秋水に追いつめれるカズキ。

一方、斗貴子は桜花と対決。
桜花の武装錬金は弓『エンゼル御前』。姉弟そろってネーミングセンスが(笑)
自動人形『エンゼル様』で精密射撃を行ってくる。
だが、多少のダメージ覚悟で斗貴子は攻撃。
捨て身の斗貴子に勝てないと桜花は逃げ出す。

カズキを追いつめた秋水は必殺の逆胴を放つ!
これをカズキは武装錬金を解除して核金で受けとめる。
そして、再武装。ランスは秋水を貫く!!

―その時。駆けつけた桜花の弓が、秋水を射る。
すると秋水の受けた傷が桜花に移される。それが桜花のもう一つの能力。
秋水たちの傷は回復しないことでホムンクルスでないと気付くカズキ。



早坂姉弟は生身の人間で、ホムンクルスに忠誠を誓った『信奉者』だった。
ふたりが人間をやめてまでホムンクルスになりたい理由。
それは桜花が、ホムンクルスとなって二人だけで永遠に生きていくことを願ったから――。

秋水、あんたもか!? 見た目も中身もマトモな敵と思ったら…
二人で永遠に生きるためって(^^;
まぁ、人を捨ててまで何かを得ようとするものがマトモなわけないですね…。
早坂姉弟は次で決着かな。サブタイからして退場…?(><;)

次回 第11話「死が二人を別つまで」
[PR]

by seraid | 2006-12-07 21:22 | 武装錬金

<< 奏光のストレイン 第7話「ラヴ... ネギま!? 第10話 「私に隠... >>