ゼーガペイン 第26話 「森羅万象」(最終話)

第26話 「森羅万象(ありとあらゆるもの)」(最終話) 

永遠の終り・・・、再生のはじまり・・・。
有限であるから、森羅万象(ありとあらゆるもの)はいとおしい。 

最後までクライマックス!見所が詰まった最終回でした。

はじめて肉体をもつ人によって動かされるゼーガペイン。
シズノの感慨。 前Verのキョウとの別れの記憶・・・そして再会。

消滅したかと思われたアビスがマインディエでアルティールに襲いくる。
舞浜サーバ内では、リョーコに見取られシンが消滅・・・
失うものが怖かった。だから永遠を望んだ・・・。リョーコを友達といいシンは消える。

クリスとメイイェンがフリスベルグで乗っ取られたオケアノス内に出現。
二人は、自らの消滅を覚悟でオケアノスでジフェイタスのコアを破壊に向かう。

月面での爆発ふたたび。ジフェイタスは消滅、しかし、ガルズオルムが止まらない。
地球軌道上で戦うイゾラの艦。
突然、クラウドに量子ポータル反応。それはフリスベルクを回収したアルティール!

自立可動する北極コア破壊のため、シズノはクラウドのシステム内に進入。
システムの掌握に苦戦するシズノ。その前にミナトたちが助けにあらわれる。

シンを失ったアビスもポータルして追撃してくる。
キョウとアビス、最後の激突! 最後の必殺技、舞浜シャイニング王者パンチ!(なんだそれ^^; ※シャイニングオーシャンンパンチが正解?)
「アビス!戦いの終着駅はここだっ!!」

ついにマインディエも光と消える・・・
シズノによって掌握されたクラウドから、デフテラコアを北極コアに撃ち込む・・・。

北極コアが消滅、地球のデフテラ領域化は防がれた・・・



舞浜サーバ内で幻体としてすごすミナトたち。
幻体修正プログラムのバージョンアップで人工幻体のシズノにも人間になれる。
嬉しい報告にルーシェンはシズノに話しにくが、シズノは記憶を無くしていた。

ひとり現実の存在となって地上で過ごすキョウ。
リョーコは幻体として一緒の暮しているらしい・・・
「世界のありとあらゆるものとガチンコで触れ合いたかった。イェルの作った本物の世界で・・・。
そのためなら、限りある命でいいって思ったんだ・・・」

あと2年待ってくれ、卒業式に間に合う・・・リザレクションシステム完成以外に早い?

数年後。実体となったリョーコは新たな命を授かっていた。
「はやく産まれておいで。 世界は光りでいっぱいだよ」

・・・見事な最終回でした^^ 静かなラストのBLOOD+と違い、ギリギリまで燃える展開の(笑) さすが原案が伊東(燃える)岳彦ですね。
でも、結局キョウはリョーコを選んだのか?それで産まれてくるのがシズノってEDだったのかな^^;
ひさびさサンライズのオリジナルでよい作品でした!
[PR]

by seraid | 2006-09-28 20:21 | ゼーガペイン

<< ザ・サード 第20話 「死線を... ひぐらしのなく頃に 第26話「... >>