灼眼のシャナ 第4話

第4話 「惑いのフレイムヘイズ」 

悠二の消えかかった灯がふたたび勢いを取り戻す。
悠二の中にある宝具『零時迷子』なのではと考えるシャナたち。

突然の雨にシャナを部屋に招く悠二。
いきなり着替えるシャナだが、たかがトーチである悠二を意識してしまう。
シャナにフレイムヘイズの力を与えている“天壌の劫火” アラストール。
アストラールもまた“紅世”の存在で、存在の乱獲でこの世と“紅世”のバランスをとるためにいることを悠二に語る。
そして、フレイムヘイズはシャナ以外にも存在しするが、お互いに別の行動をしているとも語る。時には敵対することすらあると。

街に新にやってきたフレイムヘイズのマージョリーは、大金でホテルの最高の部屋を取るがチープすぎて不機嫌(^^; 街にはすでにフレイムヘイズもいるしトーチも多いと愚痴る。

翌日、学校では教師に楯突くシャナに体育教師が絡む。
が、無駄に校庭を走らせる教師にシャナは、無意味と反論。
殴ろうするシャナに悠二はキックを指示。校庭のトラック内にいてはぶつかったとかって言い訳。生徒全員の共謀で反論できな体育教師。シャナはさらに脅して教師を退治(笑)



悠二のことが気になりいつもと違う自分に戸惑うシャナ。
マージョリーが挑発のために放った力に勇んで出ていく。
「戦いなら、なにも考えなくていい!」

マージョリーに挑むシャナだったが、マージョリーと相棒のマルコシアスの出したトーガ(炎の獣)の前に敗れる・・・
川の流れに消えるシャナ・・・


今回はシャナの活躍(?)もありましたが、、マージョリーとマルコシアスの漫才が可笑しかったです(笑)
マルコシアスのCVは岩田光男さん。こんな役やらせると輝きますね(爆)
マージョリーのあの変な呪文もおかしい(笑)

次回はラミーも絡む展開かな?
[PR]

by seraid | 2005-10-31 23:50 | 灼眼のシャナ

<< ガンダムSEED DESTIN... 交響詩篇エウレカセブン 第28話 >>