交響詩篇エウレカセブン 第28話

第28話 「メメントモリ」 

チャールズとレイ。レントンと家族になれたかもしれない二人。
少年が別離を選択しなければ、違う結末があったのか・・・
最初のセブンスウエルを見たときにその運命は決していたのか・・・

だめだ・・・OPの画変更されてない(TT)
永久にスキップの刑ですね(==;) 曲は慣れるかもですが。見たくないOPの曲なんか売れないでしょうね・・・

自分がチャールズの元を去ったことでチャールズを死に追いやったと悔やむレントン。
ホランドにチャールズを殺す以外になかったのか問うレントン。
元SOFの自分たちに戦う以外なかったと答えるホランド。

一方、ニルバーシュの自立行動はエウレカとレントンの同調にあわせた成長なのかと分析される。それに会わせてOSとハードのスペックアップも必要だが、月光号にその設備はない。

チャールズを失ったレイが再び月光号に襲いくる。
狙いはエウレカの存在。レイから未来を奪った忌まわしきもの。
最初のセブンスウエル現象。その光が、レントンの父を消滅させ、レイを子供を産めない体にした。
チャールズはそれを知ってもレイにプロポーズした。
そのチャールズも失ったレイの妄執が月光号を追い詰めていく。



チャールズを倒したが足に重傷を負ったホランドも迎撃にでる。
電波ジャックで流される曲『GET IT BY YOUR HANDS』。
マシューがその高音領域のノイズに気付く。それを解析しリモートのスピアヘッドを撃墜。

レイを説得しようとするレントン。
「レイさん、もしあの時俺が白鳥号を出ていかなかったら、俺が2人の子供になってたら、こんなことにならなかったんですか?
・・・そしたらチャールズさんとレイさんを幸せにしてあげることが、俺、できたんですか。
お願いです答えて下さい!」

答えないレイ。レイの機体にホランドの攻撃が命中する。だが、そこにはレイは乗っていなかった。
雲間から出現する白鳥号。

「もう遅いのよ、何もかも。レントン、あなたが守るっていったエウレカはね、ママから全ての未来を奪っていったの。だから今度はママが奪うのよ・・・」

エウレカへの復讐心がレイを死を賭した行動に駆りたてる。
息子と思ったレントンすら道ずれにしようとするレイの乗った白鳥号が月光号に迫る。
舵の効かなくなった月光号は、砲撃の反動で白鳥号を回避しようとする。
ホランドが白鳥号にとりつき攻撃。なんとか正面衝突を回避に成功する・・・
が、ホランドの足の傷が開き、機体は白鳥号にぶつかり墜落。

燃える白鳥号の艦橋で、瀕死のレイはチャールズからの婚約指輪を取ろうと最後の力を・・・
四散する白鳥号・・・

救出されたホランドだが、輸血が必要。
タルホは、恋敵(?)の弟と疎むレントンに輸血の血を頼む。
レイとチャールズの命を奪ったホランドにわだかまりもあるレントンだが輸血を引きうける。

一命を取り留めるホランド。タルホは己の唇を噛んだ血でホランドにキスする。(BLOOD+みたい^^;)

チャールズとレイを失い、ホランドたちが全てのことを話してくれないことを嘆くレントン。
「みんな、勝手だよ。自分の言いたい事ばかり言って、何も本当の事なんて話してくれない・・・
みんな勝手だ。話してくれれば力になれるのに、話してくれれば支えてあげられる筈なのに・・・結局、オレは何も出来ないんだ。何も出来ないし、何もしてやれない。それに何かしたところでオレ・・・」

そんなレントンを慰め、レントンのこともっと知りたいというエウレカ・・・


・・・レイまで(TT) レントンと別れたときから予想してましたが、はやすぎます(泣)
レイは自分のことでエウレカを憎んでるといえ・・・だんだんエウレカの存在が怪しく思えてきました^^;
エウレカとは何者なのか?事実がわかったとき、それでもレントンはエウレカとともいいれるのか。
そしてレントンの姉・ダイアンとタルホ、ホランドの関係も気になります。

次回は、ドミニクとじっちゃん再登場です!!
・・・OPの画変更されないかな~(切実・・・) (アレってDVD(商品)として絶対不許可!と思う)
[PR]

by seraid | 2005-10-30 23:18 | 交響詩篇エウレカセブン

<< 灼眼のシャナ 第4話 BLOOD+ Episode4 >>