クラスターエッジ 第1話

第1話 「アゲートという名の少年」 

監督が同じなので、かなーりガンダムWを思いだしました(笑)
個性的な少年たちが、名門校「クラスターE.A.」を舞台に大人社会にたちむかっていく・・・て感じらしいです。

舞台は20世紀初の欧州に似た世界。
30年前に大戦があり、人の変りに戦う多くの人造兵たちの血が流された・・・

新興国グリアン共和国に占領されたルベルス公国。
ルベルス公国にあった名門校「クラスターE.A.」は、各界で活躍するOBの力で存続していた。

そのクラスターE.A.にアゲートという名の少年がやってくるところから物語は始まる。
アゲ-トは手製の飛行機と学園に向かう汽車にのっていた。その車内で、名門ジャスパー家の子息ベリルと出会う。
突然、軍に止められる汽車。人造兵擁護派の青年カールスの捜索のためだった。
アゲートは飛行機でカールスを助けに向かうが、楯になったアゲートの機体も軍の攻撃で攻撃されてしまう。
その時、アゲートの体から金色の光が発し弾丸の雨から救われる。
しかし、カールスの機体は海に落下・・・アゲートは躊躇わず海に飛び込み彼を助け出す。

ベリルは汽車で無事、目的地に。汽車が止まったのは事故と発表されているのをにがにがしく思う。
絡んできた兵士をあしらい、アゲートたちのき機体が海に落ちたことを聞き出す。
「死んだ、あいつが・・・」

・・・そんな感じで、アゲートとカールス、ベリルの出会いが描かれる1話でした。
次回からは学園が本格的舞台になるようですが、ただの学園物にはならないでしょう・・・
んー、ガンダムW+マイネリーベみたいになるのかな^^;
[PR]

by seraid | 2005-10-09 23:16 | (~2006春までのアニメ)

<< 交響詩篇エウレカセブン 第25話 BLOOD+ Episode1 >>