機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-47

PHASE-47 「ミーア」 

戦いのない世界を実現する・・・
ミーアの歌に込められた思いは真実だった・・・
戦争のない新たな世界を創る。
議長はデスティニープランを宣言する。

アークエンジェルに運ばれたミーアの遺体。
アスランはミーアの名前しか聞いていなかったことに気付く。

ミーアのバックから出てきたディスクには、議長のラクスになってからのことが書かれていた。
議長に望まれ『ラクス』の役割をすることになったミーア。
演じるために苦闘するミーア。
ラクスを演じる本番は、思った以上に早く来た。
ユニウス7の落下。連合による開戦。
緊迫する情勢の中、ミーアは必死にラクスになろうとした。
デュランダル議長にも会い、そして、アスランにも出会った。

戦いを止めたい・・・その気持ちはミーアの本心だった。
ラクスとして語る言葉であったが、それで確実に世界は変っていった・・・
その言葉を語る気持ちは自分の意志だった。

議長は正しいのに、アスランは議長の元を去った。揺れるミーア。
それでもミーアはラクスの役を演じきった。

そして、自らの意志でラクスを庇い凶弾に倒れた・・・
「忘れないわ、ミーアさん。わたくしは決して・・・」
決意を秘めミーアを送るラクス。

議長は、終らない戦いの原因を作ってきたロゴスを倒した今、新たな戦いを宣言する。

「いつになっても克服できない我等自身の無知と欲望。
・・・争いの種、問題は全てそこにある。
だが、それも終りにする時が来ました。終りにできる時が。
全ての答は、皆が自身の中にすでもっている」

ついに議長によって宣言されるデスティニープランの実行。
全て定められた運命に管理された、戦争も起こらない新たな世界・・・

総集編じゃないけど・・完全な総集編じゃないけど。ほとんど回想と使い回しでした^^;
いままで一番意味のある総集編(違)ではあったかも(笑)

でも、デスティニープランってどうするんだろ?産まれる前なら各人の目的も役割も調整できるけど・・・
全ての人のDNAを解析して最適な役割を割り振るってことなのでしょうか・・・
究極の管理世界ってことなのでしょうか。
残り3話(?)。 シンは議長の呪縛から脱し主人公になれるんでしょうか・・・
[PR]

by seraid | 2005-09-10 19:43 | ガンダムSEED

<< ツバサ・クロニクル 第21話 BLEACH 第48話 >>