機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-46

PHASE-46 「真実の歌」 

ミーア・キャンベル。議長のラクス・・・。 
『ラクス』になりたかった。それが夢だった少女。 
自分の夢を歌う。 
真実の歌姫の声は彼女に届いたのだろうか・・・ 
 
ジブリールも討たれロゴスはダイダロス基地で滅びた。
連合はレクイエムの屈折ステーションをまだ5機も残していた。議長の指示で月軌道に移される・・・
アルザッヘルにいる大西洋連邦大統領も、もはや抗戦できないと判断する議長。
戦いで犠牲になった人々のために、戦いのない平和な世界を作ろうと誓う。

連戦で疲弊したミネルバのクルー。
疲れているはずなのに、シンとレイは休息もとらず、射撃の訓練をはじめる・・・。
その姿に立ち去るルナマリア。シンがそれを追う。
ルナマリアは、メイリンがアスランと生きているらしいことでシンが悩んでいるのかと来たのだったが・・・
シンにメイリンたちを落したのは命令だったのだから気にしないでと言うルナマリア。



オーブから出たアークエンジェルは月面都市コペルニクスに到着。
そこには議長の『ラクス』を演じていたミーアもいた。
戦いの開始から議長の側でいたミーアこそが本物のラクスと言うミーアの監視役。

シンや議長について語るキラとアスラン。
議長やレイの言葉は正しく聞こえるし、正しいこともある。だからこそ、厄介なのだと。

「シンもそこから抜け出せないんだ。おそらく・・・
あいつも、夢があって、そのために頑張るやつだから・・・」
シンのことを思うアスラン。

ラクスとメイリンは、アスランとキラを護衛に街に出る。
(アスラン久々のレイバンで変装(笑) 相変わらず4人とも私服はひどい・・・)
マリューも気晴らしに出なくていいのかと口説く(?)ムウ。
その軽さに本物のムウと疑問に思うマリュー(爆)

街にでたラクスたち。ってラクス変装してないのに何故バレませんか?^^;
そこにミーアのハロが手紙を持ってくる。
助けて!ラクス様!! 思いきり罠とメイリンにも分かる罠って・・・
アスランは反対するが、全員で指定された場所に向かう。

屋外劇場で一人待つミーア。まわりに議長の手先たちが潜伏。
アスランは最後のチャンスとミーアに救いの手を出す。
が、現れたラクスに動揺するミーア。
「私がラクスで何が悪いの!」
ラクスを撃とうとするがアスランが阻む。

姿を似せても声を似せても、誰も人は他の誰かにはなれないと言うラクス。

「あなたの夢は、あなたのものですわ。
それを歌ってください。自分のために・・・。
夢は他人に使われてはいけません・・・」

議長の手先たちの狙っているのを、トリィが教える・・・どこから飛んできたの?^^;
激しい銃撃戦。射撃の名手アスランたちの前には敵ではない。
さらに、連絡していたムウが暁で迎えに来る。
ミーアもいっしょにと手をだすキラ。
だが、生き残っていた敵の一人がラクスを狙っているのに気付き飛び出すミーア。
凶弾に撃たれ回転して倒れるミーア・・・
・・ムダにカッコイイ?ポーズで素早く敵を倒すキラとアスラン。・・・そんなに早く動けなるならもっと早く撃てれば・・・(T_T)

「・・・あたしの命を・・・どうか忘れないで・・・」
ラクスに、元の姿の写真を渡すミーア。真実の姿・・・
もっと早く会いたかった。ラクスに謝り力つきるミーア・・・

アスランの流す涙が、真実のミーアの写真をぬらしていく。
ミーアの亡骸をだくラクスの目に決意の光が宿る・・・

・・・ミーアが。予想通りですが、、、
ミーアの死がラクスを議長と戦う決意をさせるフラグだったでしょうね・・・

・・・えっと、次回まさかミーア視点の総集編に見えたのですが・・・
気のせいですよね?(ーー;)

9月になったので運命の後番組「BLOOD+」の予告が・・・
コメントは本編見るまでスルーの方向で(笑)
[PR]

by seraid | 2005-09-03 21:25 | ガンダムSEED

<< ツバサ・クロニクル 第18話 SEEDのフィギュア付ペプシ >>