機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-38

PHASE-38 「新しき旗」 

信頼していたものに裏切られた。遺された少年と少女は、喪ったものに涙する。 
戦場に立ちはだかる破壊の魔神の群れ。
死と破壊の戦場の空に、怒りの翼が舞う・・・

ヘブンズベースに向かうザフト・連合艦隊。
ロゴス引渡しの返答を待つ議長は、戦いが避けられるならと言うが・・・

ジブリールは、守るのでなく、攻撃するのは自分たちだと強気。
議長を撃てば戦いは連合=ロゴスの勝ちだと。
例えロゴスを倒しても、世界を動かすものがとって替わるだけ。
世界には正義の存在も神のごとき者もいないとロゴスの老人たちは言う。

妹メイリンとアスランが脱走したのは、ロゴスのせいだと嘆くルナマリア
「ずるいのよ!アスランって・・・。みんな裏切られた・・・。
でも、負けないから!・・・だから、シンもね?」

ルナマリアの言葉にシンも感情が溢れ、彼女を抱きしめ涙する。

「大丈夫。インパルスは、絶対オレが守るから・・・」
最後に残った仲間ルナマリアは守ると誓うシン。今度こそ・・・



ジブリールは、ザフトへの返答も宣戦布告もなく先制攻撃を開始する。
連合の切り札。5機のデストロイ。
その圧倒的な破壊力の前に蒸発するザフト前衛部隊。
デストロイの1機には、最後のエクステンデッドのスティングが乗っていた。

宇宙からのザフト降下部隊。
ジブリールは、もう1つの切り札、巨大な対空掃射砲ニーベルングを使用。
無数の光と消える降下部隊。

連合に有利な戦況に、連合についてただしかったと安堵するユウナ親子。
物量で勝る連合が最後は勝つ、ヘブンズベースを失っても月基地もあると。

味方の苦戦に出撃を願うシン。議長は出撃を許可。
出撃するシンのデスティニー。レイのレジェンド。そして、インパルスで出るルナマリア。

デストロイ、かつてステラが乗せられていた機体。その姿に、人すら兵器にする連合ブルーコスモスの所業を怒りSEED能力を発動するシン。

「こんなこと・・・こんなことするヤツラ、ロゴス!
許すもんかぁー!!お前たちなんかいるからー!世界がーーっ!」

デスティニーの背に広がる光の翼。怒りの翼を羽ばたかせシンは、デストロイを斬る。
シンの活躍に反撃を開始するザフト。
ルナマリアとレイが突破口を切り開き、ザフトMS隊が次々とヘブンズベースに進撃。

シンはルナマリアたちに、ビーム攻撃の無効なデストロイにソードによる接近戦を指示する。
ルナマリアとレイの挟撃にまたデストロイが1機墜ちる。
そして、シンの巨大な太刀がスティングを刺し貫く。

ジブリールは切り札を失い、他のロゴスを見捨て一人脱出。
最後のデストロイもシンに倒され、連合は白旗を挙げる。

アスランは、オーブのキサカに救われメイリンとともにアークエンジェルに合流。
目覚めたアスランを励ますキラ。
キラとの再会に感情を押さえきれないアスラン。

連合の敗北を聞いたキラはつぶやく。
「ぼくたちは、何をやっているんだろう・・・世界は・・・・・・」


新OP&EDで最終クールの開始です。
OPの曲は・・・慣れるでしょう^^; もうあんまりOPの絵を信じるのは止めときます(笑)
とりあえず、金色の虎さんのガイア(?)、黒いMSドムのパイロットの新キャラ3人。
ステラが消え、ルナマリア×シンになっていました・・・
あ、あとキラVSシンが、シンVSレイみたいになっていましたね・・・やっぱり?
・・・OPまで使い回しの絵ばかりですか^^;

本編は、残り話数ないからあっさりヘブンズベース陥落。
オクレ兄さんの最後(;;) ここまで生きてたら最後にジブリールに復讐とかって展開考えないのかな・・・。ジブリールもいつのまにか死ぬからいいてこと?^^;
シンがアスランを信頼してたとかって描写がないので、いまさら裏切られたってのはね・・・。

次回は、いきなり宇宙です! キラ主役! 虎さんもMSに? ジュール隊も出る・・・といいなぁ
49話最終回なら残り、11話・・・
どうします?超脚本・超先生さま?(笑

・・・で、サブタイの新しき旗ってなんだったのかと?^^;
[PR]

by seraid | 2005-07-09 21:10 | ガンダムSEED

<< ツバサ・クロニクル 第14話 極上生徒会 第14話 >>