機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-37

PHASE-37 「雷鳴の闇」 

闇に光る雷鳴の空に、かつて味方であった者が相打つ。
裏切ったもの、『敵』を討った少年。
だが、勝利で得たものは喪失と苦渋・・・
傷心のいえる間もなく開始される作戦。少年の選んだ道は戦いの道・・・

メイリンを連れ、奪ったMSグフで脱走したアスラン。
追撃するレイのレジェンド、シンのデスティニー。
レイの報告に撃墜命令を出す議長。

味方だったアスランを撃つことを躊躇うシンにレイは言う。

「覚悟を決めろ、シン。オレたちで防ぐんだ」
議長の言う戦争のない世界を実現させるため、裏切ったものは許せないと。

アスランに追いついたレイは躊躇いなく攻撃する。
迷うシンはアスランに投降を呼びかける。
だが、アスランはここで殺されるわけにはいかないと言う。

「議長やレイの言うことは確かに、正しく心地よく聞こえるかもしれない。
だが、かれらの言葉は世界のすべてを殺す」



アスランとレイの会話をさえぎるレイ。議長の理想のために全ての敵を倒すと言った言葉は偽りなのかとシンにせまる。
苦悩するシンは、議長の語った言葉を思い出す。戦いのない誰もが幸福な世界。
SEED能力を発動しアスランに襲いかかるシン。

「あんたが悪いんだ!あんたが裏切るから!!」

デスティニーの圧倒的な性能にアスランのグフが敵うはずもなく。
シンの長大な太刀が、アスランの機体を刺貫く。
飛散して暗い海面に落ちていくアスランのグフ・・・

突然の騒ぎで騒然となったジブラルタル基地。
連合から合流した部隊にまぎれていたキサカが、秘密裏に小型船を出す・・・

アスラン撃墜の報を受け、これ以上の混乱を避けるため、議長は現場海域の閉鎖を命じる。
議長は、自分が復隊させFAITHにまでしたアスランの裏切りがショックだと語る・・・

コンピュータに進入したのがメイリンと判明したことから、姉のルナマリアが召還される。
妹のしたこと、アスランの脱走が信じられないルナマリア・・・

レイとともに議長と面談するシン。
情報のプロだったメイリンが、連合攻略のデータのある『ラグナロク』に進入していたこと。
アークエンジェルもいない今、アスランはロゴスとの接触を目指していたのだと議長は結論を出す。

海中ドック(オーブ?)にたどり着いたAA。
キラは宇宙のラクスとの連絡を求める。
ザフトがヘブンズベース攻略を開始すれば時間がないと。

宇宙のエターナル。ラクスもキラと同じ予想をしていた。

「ヘブンズベースが落されたら、次はおそらくオーブです。
そうなったらもう、誰も彼を止められなくなります・・・」

翌朝、ミネルバを旗艦にヘブンズベース攻略の大艦隊が出撃する。
出撃する艦隊を尻目に飛び立つ飛行艇。その中には、アスランとメイリンが乗せられていた・・・

議長は、ロードジブリールとロゴスのメンバーを引き渡すことを連合に要求する。
むろん、そんな無理な要求は通るはずもなく・・・

アスランとメイリンが、シンに撃墜された報告を聞いたミネルバ船内は沈んでいた。
シンは、自分が落したメイリンの姉ルナマリアに顔を合わすこともできず。
「ごめん」と言うだけ。

シンの背中に泣きつくルナマリア。シンも黙ってルナマリアを抱きしめた。

部屋に戻ったシンは、レイに背をむけベッドに倒れこむ。

「戦争を無くす。今度こそ、本当に・・・」
シンは、亡き妹の形見の携帯に改めて誓った・・・


アスランあっさり撃墜。あっさり救出^^; 展開が早いというか早すぎですね・・・
そして、新主役機(?)デスティニー強すぎ!
なにがって、ビームを防ぐビームの楯なんてズルイ(笑) 手のひらからビームだしてるし何でもありですね^^;

次回は、デストロイ出てましたけど、誰が乗るのでしょう?
[PR]

by seraid | 2005-07-02 20:17 | ガンダムSEED

<< ツバサ・クロニクル 第13話 魔法先生ネギま! 第26話(終) >>