機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-36

PHASE-36 「アスラン脱走」 

望まれたのは、忠実なる戦士の役。
役割を果たせなくなったものは、駒として不用になる・・・
役を果たすことを辞めた少年は、いまこそ、己の信念と信義に忠誠を誓って走りだす!

デュランダルに召還されたシンとアスランは、新しい乗機を見せられる。
すべてにおいてインパルスより上の最強MS・デスティニー。
量子インターフェイスの改良により誰でも使えるようになったドラグーンシステムを搭載するレジェンド。
デスティニーはシンの戦闘データを参考に調整してあると聞き喜ぶシン。
感想を聞かれるアスランだが、戦争をなくすためにロゴスと戦う機体なのかと問う。
ロゴスには話しあいができないからとの答えに、アスランは、AAとは対話の機会もなく討伐命令をだしたことの真意を問う。

チャンスはあったはずと議長は答える。戦争をなくしたいと同じ思いなら、AAがザフトに来ることもできたし、タリア艦長は降伏勧告もしたと。ラクスもともに戦ってくれているとまで言う。
偽ラクス=ミーアのことを出され怒るアスラン。

議長はアスランを説得しようと語りはじめる。

「・・・なぜ世界は願ったように動かないのかと、実に腹立たしい思いだろう。だが言ってみれば、それが今のこの世界ということだ」
本来の戦士という力と役割のあったキラは、それを知らず育ったことこそ不幸。
意図もわからず戦闘に介入してくるAAは、強すぎる危険な力。それは放っておけなかった。
アスランやシンのように、力と役割を知って、それを生かせる場所にいれなかった不幸だと。
誰もが自分の能力を知り、役割を果たして役にたち、満ち足りれば戦いもなくなる。そんな世界を作りたいと・・・

議長の理想に共鳴するシン。アスランは沈黙する。
アスランの様子を不安そうにみるミーア。



ロゴスの逃げ込んだ地球連合の本部ヘブンズゲート攻略にジブラルタルに集結するザフト軍。元連合側からも参加する部隊が続々とでる。
アーサーは参加した部隊が裏切ったら・・・と発言。(これって伏線なのかな?(笑)
ヘブンズゲートを落してもロゴスを倒せるのかとタリアは疑問に思う。

ミーアの不安は的中する。議長を訪ねてきたレイが、以前アスランとキラがあっていたことを報告し、アスランには忠実な戦士の役割たりえないと言う。
アスランが自分の意に添わないと判断した議長は、すぐに追手を放つ。(って早すぎ・・・)

ミーアに議長から自分に疑いがかかっていると聞くアスラン。だが、すでに追手が来ていた。
アスランは脱走を決意。不用になれば同じように処分されるとミーアにも同行を薦める。
しかし、ミーアは例え代役でもラクスでいたいと残る・・・

逃亡のアスランが逃げ込んだ部屋は、メイリンの部屋だった。
メイリンの機転で兵をやり過ごし、にせの警報を出す。
警報で監視の緩んだ格納庫に向かうアスランとメイリン。
その前に立ちはだかるレイ。

「やっぱり逃げるんですか、また!
オレは許しませんよ、ギルを裏切るなんてこと!」
(はじめに追手を出したの議長だし^^;)

アスランも銃で応戦し、レイを退ける。
格納庫にあった青いMS・グフに乗り、アスランはメイリンとともに雷鳴轟く夜空に飛び立つ。

「アークエンジェルを探す。
沈んじゃいない。きっとキラは・・・」

アスランを追うのは、レイのレジェンド。そして、シンのデスティニー。
「油断するなよ、追うのはアスラン・ザラだ」

追うのがアスランと聞きシンは動揺する・・・
「アスラン・・・そんな・・・なんで・・・?」

以外すぎ!アスランの手引きするのがメイリンなんて(笑)予告ではメイリンぽかったけど、予想外ですね。
んー、でも、なんか今回も流されて脱走て感じですね。それでこそアスラン(笑)
[PR]

by seraid | 2005-06-25 23:18 | ガンダムSEED

<< ツバサ・クロニクル 第12話 魔法先生ネギま! 第25話 >>