交響詩篇エウレカセブン 第07話

第07話 「アブソリュート・ディフィート」 

作戦は大成功、ドッキリは大失敗。
レントンの思いこみの強さは、喜劇を通りこしある種感動的?
一途な少年は、月光号に何か変化をもたらすのか?

今回もレントンに笑いの神降臨です(笑)
月光号メンバーがレントンをドッキリにかける話なのですが、最後まで気付かないレントンって^^;

1週間の営倉入りから出されたレントン。
重大任務を命じられる。危険物をある人物に届けるという。
が、その危険物はどう見てもラーメン・・・。ラーメンの出前?^^;
ハップのシリアスな口調に、喜んで任務を受けるレントン・・・ここで気付こうよ(笑)

ヘルメット+付けヒゲ+赤いジャージという都市型迷彩で街にいくレントン・・・
それを撮影するのは青いジャージのムーンドギー(笑)
レントンは指示を信じて、サウナで受取人を探す。
受取人は、背中に伝説の動物の刺青が・・・ていっぱいいるし^^; いやなサウナ(笑)
次の条件は、カツラだという・・・そんな確認したら怒られますが^^;
「受取人本人であれば絶対に怒られるようなことはありますん」とストナー
どっちだよ!(笑)

これで諦めると思われたが、レントンは作戦を続行^^;
レントンの天然ぶりにウケル月光号メンバー。
撮影のムーンドギーがレントンに見つかりてしまう。
これでバレタかと思うが、レントンは助けにきてくれたと勘違い(笑^^;



オープンカフェに場所を変え、パフェを前に座るレントンとムーンドギー。
その構図にウケる月光メンバー。ムーンドギーは、いじられ役はレントンに変ったのを嫉妬しているらしい^^;
ムーンドギーはレントンがドッキリと知ってわざとやっていると怒る。
それでも勘違い暴走のレントンに殴りかかるムーンドギー。
これを止める通りすがりの気のいい大男。その背中にホランド=伝説の生き物?の刺青。
レントンは受取人と思い、指示通り変な顔で合言葉を言う。で、大男にラーメンをかぶされる^^;

月光号に戻ったレントンはようやくドッキリだったことを理解・・・
エウレカにまで見られていたと落ちこむ。
落ちこむレントンにラーメンをさしだすエウレカ。

「レントンって、すごいね!レントンが来てから、みんな変わったよ。関わることが、すごく楽しそう。喜んでるのは、ニルヴァーシュだけじゃないんだね」

エウレカの言葉に元気いっぱいなレントン(笑)

・・・月光号がそんなことをしているころ。
塔州軍のKLF調査部隊が行方不明になる事件が発生。
釈放されたデューイは、事件現場で珊瑚のようなのに侵食されたKLFを見つける。
賢人会議に状況を報告するデューイ。
敵は情報の集まるリーダー機を狙う、これまでの指揮系統を維持する限り勝機はない。
そして、また謎の発言。
「戦いの大義を示しうる三賢人、コーラリアンは進化などしていない。
なぜなら、目覚めてもいない・・」

三賢人。コーラリアン。
レントンたちの知らないところで、事態は動きだしていた・・・
[PR]

by seraid | 2005-05-30 23:52 | 交響詩篇エウレカセブン

<< 英國戀物語エマ 第九章 ツバサ・クロニクル 第8話 >>