うた∽かた 第11話

第11話 「別離の波動」 

突然姿を消した誓唯は、沙耶の部屋で石になっていた・・・。
檜委は、これから起こることを見るなと誓唯に告げる。
やはり誓唯も、一夏と同じように「試しの子」だった。檜委は舞夏と同じ役割だった。
「試しの子に試課せられる七つの試練、七つの大罪。無垢な純粋さを失わせ、選択を迫る・・・」
そして、今度は一夏と舞夏に最後の選択の時が・・・



引越しの時が迫る一夏の家。5年間、イタリアにいくことに。
そのことを一夏の友達は知っていた。だから、夏を楽しもうとしていたのか・・・
一夏の異常に気付いていた未知瑠は、一夏に迫る。

追い詰められた一夏の心が、海神(わだつみ)のジン(精霊)を呼び出してしまう。
大波が一夏たちに迫る・・・。それを止めようとする一夏。
海に消えた一夏を助けようと、舞夏は沙耶の警告を無視して津波を止める。

いよいよ後は残るジンを呼出し、最後の選択をするだけ・・・
何の選択を迫られるのか? 沙耶や舞夏は何者なのか? 
次回最終回で明かされるんでしょうか?^^;
[PR]

by seraid | 2004-12-15 00:35 | うた∽かた

<< 焼きたて!!ジャぱん 第9話 BLEACH 第11話 >>